UA-115490970-2

2022年04月01日

ウクライナの情勢を見ていると

2022-04-01_19h36_31.png


いつも、3.11で津波にあった動物たちを思い出します。


たくさんのペット達が津波にのまれ、屋根の上にのって漂流した犬の話は有名ですが


津波に流されて流れ着いた犬たちの姿も今でも目に焼き付いています。


ウクライナでもたくさんのペットが飼われていたはず。


一緒に避難しているぺットを目にします。


避難できるペットはまだいいですが


犬の保護施設にいる何百もの犬たち、猫たちは避難もできず


攻撃を逃れることもできずにいるようです。


キャンペーンに賛同をお願いします!
https://chng.it/rRykSFnV


犬や猫たちが食べるものもなく水もない状態で


発電機も壊れてしまっているそう。


シェルターは何度も砲撃を受けて、そのたびに動物たちは死んでいるのです。


人間さえ大変なんだから動物なんてというのも分かります。


でも、動物も助けないと。同じ命です。


動物に助けられている人間もたくさんいるはず。


どうにかして援助の手を。


ウクライナ赤十字からは何の返信もないそうです。


もうドッグフードもキャットフードも買える店はないそうで


攻撃の中、水を汲みに行くのさえできないようです。


700匹もの動物をどうやって助けましょう。


皆さん、協力お願いいたします。


シェアをお願いします。
ラベル:動物保護施設
posted by マミー at 19:41| Comment(0) | ウクライナ情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月01日

ウクライナで猫を抱いて非難している女性

平和じゃないと猫や犬をペットとして飼うことができないんだと思い知らされます。


今、私がその女性の立場だったら果たしてこの子たちを安全に避難させられるだろうか?


運ぶのさえ困難だ。


黒猫タラなんて五体満足だから、空爆なんてあったらもちろん大きな音でびっくりして


パニックになり、壊れたところから外に出てしまうだろう。


隠れるのが得意だし(今日も工事があって部屋に閉じ込めたらどこに行ったのか探せなかった)


そしたら、もう行方不明だ。


ほかの3匹も捕まえられたとしても非難なんてできないだろうし


自分の家に閉じこもるしかないが、玄関が壊れたら安全ではない。


ロシア兵に見つかってしまうだろう。


食べ物も買い置きしておかないといけないし


ペットの物もしかり。


ウクライナにも野良犬はいるだろうし、ペットもたくさんいるだろうが


命からがら逃げているときに犬猫は連れて行けるだろうか。


そんなことを考えていると平和でないとこの子たちも幸せではなくなる。


核をほのめかしているプーチンだが、確か動物好きだったはずだ。


動物好きに悪い人はいないと言うがあ俺も怪しくなってきた。


飼っている愛犬を危険な目にあわせてもいいというのだろうか。


これからもニュースをみて、先行きを確認していきます。


プーチン、早まるな。


posted by マミー at 22:26| Comment(0) | ウクライナ情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする