UA-115490970-2

2022年04月19日

イルカ虐待死 テキサス州のクインターナビーチ

2022-04-19_17h36_46.png
ライブドアニュースより引用


そのほかにも【海外発!Breaking News】浜辺で瀕死のアザラシを群衆が取り囲む 投石や至近距離での自撮りも(英)


など、日本では考えられないような動物に対する虐待が問題になっています。


母親とはぐれてそれだけでもストレスなのに


弱ったイルカに乗って泳いだり、沖まで運ぼうとしたり。


こういう動物たちは連邦政府に保護されているそう。


そこに連絡もせずにいたずらに弄り回して


死なせてしまったのです。


youtubeなんかで人間が動物を助ける動画なんかを見ると感動しますが


最近は猟で仕留めましたと大きな鹿の首を持った得意げな猟師の写真が


物議をかもしていました。


そのほかにもおびえた赤ちゃんアザラシが人間に追いかけられたり


投石されたりして亡くなったそう。


信じられませんね。


何故保護したり、助けようとしないのでしょうか。


まぁ、人間の赤ちゃんも自分の母親に虐待されて死んでいる時代ですから


そういう事に鈍感になってしまっているのかもしれませんが、


私に言わせれば、そいつらと同じ。


地球は人間だけのものではありません。


ほかの生物も生きる権利があるのです。


人間のために温暖化で氷河がなくなってきたり、


海の中にプラスチックがたくさん生き物に害を与えてしまっているのに


それだけでもたくさんなのに


助けようとしないなんて。


罰則があるのですよ。そういう生き物を殺すと。


かといって日本の様に野良猫を虐待してもいいという事にはなりませんが。


こういうことが世界中で起こっていることを知ってほしいです。





posted by マミー at 17:57| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: