UA-115490970-2

2019年07月28日

日本もこうならないとダメです。





イスタンブール市内の野良犬・野良猫は多くの場合、餌を十分にもらっている。だがIBBの獣医師ウムト・デミル(Umut Demir)さんは、イスタンブールの欧州側にある「ベオグラード(Belgrad)の森」と呼ばれる地域を巡回しながら、市を囲むこの森林地帯には「野良犬が独力で餌を得られる場所がない」と話す。
 そのため、ここには毎日約1トンのペットフードを積んだバンがやって来る。クラクションの音が聞こえると、野良犬たちはバンに向かって走り出す。
 スルタンガーズィー(Sultangazi)地区の医療センターで獣医師の代表を務めるトゥーチェ・デミルレック(Tugce Demirlek)さんは、たっぷり餌を与えて世話をすれば、野良犬も野良猫も気性が穏やかになり、攻撃的な行動を取らなくなると話した。




2019-07-28_181608.png


「計画的に手術を行っているが、捕まえられない犬たちが繁殖を続けている」とデミルレックさんは説明した。
 イスタンブールでは毎年、野良犬の子が生まれている。ここ最近でも、生後わずか40日ほどの子犬が道端でクンクン鳴いているのが見つかった。診察を終えてマイクロチップを装着された子犬は、飼い主を募集するために早速「動物診療バス」に写真が掲示された。(取材していた日の午後は)気に掛ける人は大勢いたが、引き取り手はまだ見つかっていない。




こういう犬たちがすべて幸せになることを祈っています。


日本ではまだあちこちで動物たちの虐待が私たちの知らないところで、行われており


それを笑って楽しんでいる精神の病んだ人たちがたくさんいることを恥ずかしく思っています。


この世に生まれてきた子たちが幸せになってほしい。


そう努力をしているのも人間、傷つけるのも人間です。
posted by マミー at 18:20| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

猫が。。。。。就寝中に猫が。。。






就寝時無呼吸症候群ではないかと疑った男の人が



撮った画像がこちら



怖いものがうつっています。(笑)



猫って顔に乗るのが好きな猫がいますね。



赤ちゃんなんて特に注意です。



でも、これは笑ってしまいました。



なぜにこういう体制で寝るのでしょうか?








ラベル:飼い猫
posted by マミー at 17:22| Comment(0) | 就寝時無呼吸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金と時間があったらこういう人になりたいなぁ。





見てください、ワンちゃんが尻尾を振って



待っているのですね。



命を救うのにはお金がかかります。



時間も取られます。



うちは3匹の猫で手いっぱい。



毎日、毎日、twitterで救ってあげたい子たちがたくさん。



殺処分されてしまう子たちがたくさん助けてくださいと言っていても



距離が遠くだったり、金銭的な問題や



助けてあげられる場所もない。


助けてあげたのはやまやまです。



ほんとに保健所にいる子はみんな連れてきてって言ってあげたい。


でも、現実。


働いていて時間も束縛されるし


助けに行ってあげられない。



保健所に迎えに来てくれる人と募っていますが


行けないこの現実。


助けたいです。



この画像の人のようにワンちゃんを幸せにしてあげたい。


猫ちゃんたちも助けてあげたい。


どうしたらいいか一生懸命考えてもいい考えは浮かんで来ず


でも、諦めません。


いつかきっと一つの命から助けていきます。
ラベル:タイ
posted by マミー at 16:54| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引っ越しで命を置き去りにする飼い主が多すぎる





引っ越すって犬や猫ももちろん家族なら


ペットも住める部屋にするのが普通ですが


今はその普通の当たり前の事をする人が少なくてびっくりしますね。


そんな簡単に命を捨てていって、明日からこの子のいない生活が普通にできるというのですか?


この子がいない生活が普通ですか?


簡単に捨てれるってそういう人が多いから


飼っているペットに子供が生まれたら親子で捨てたり


子猫や子犬も簡単に捨てることができるのですね?


捨てることは殺すことと同じですよ。


目の見えない子猫がどうやって生きれるのでしょうか?


年取った犬を保健所に連れて行くのも


病気になった子を保健所に連れて行くのも


そんなことができるのでしょうか?


自分の親も簡単に捨てれますか?


同じ家族ですよ。


最期まで看取りましょう。


それが当たり前ですよ。


犬や猫は捨てられたとは思わず


ずっと待ち続けていたり、


ずっと飼い主を信じ続けているのです。


そんな可愛そうなことはしないで欲しいです。
posted by マミー at 16:33| Comment(0) | 動物の遺棄は犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

最近の信玄

67154661_701964116893077_5294019720326938624_o.jpg



最近、手からおやつを食べてくれるようになってきたリ



ここは安全で自分に害を与える人はいないと認知してくれたみたいで



段々お腹を出して寝るようになってきました。



保護して2年と2ヶ月。



最初は毎日戦いで、「シャーシャー」いう信玄を捕まえて


圧迫排尿しないとならないし


私もまだへたくそで、膀胱炎にしてしまったこともあるし


去年は詰まってしまっておしっこが出なくなって


緊急手術になってしまったし


今年は何とか元気で過ごせています。


先生が言うには17歳。


おじいちゃんですが、人間の話すことがわかっているみたいで


猫仙人かと思う事もありますが


この調子で長生きしてほしいです。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 18:16| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする