UA-115490970-2

2020年04月14日

今も検挙されない虐待犯





子猫を手に入れて、世話をしているふりをして


殺しています。


保護をしている人や餌やりさんを警戒して


猫の保護をしている風に装って


虐待している模様です。


アカウントも次々と変えて


尻尾をつかまれないようにしています。


よく、若い女の子を監禁して、自分の好きにして


いう事を聞かないと殺すサイコパスと似ています。


相手が何も言えない子猫と言うだけ。


サイコパスには違いありません。


こんなことをしていて、普通に社会生活をしているのは気持ち悪いです。


今も、私たちのそばで善人ぶってほくそ笑んでいるかと思うと


腹が立ちます。


猫って感情の動物というます。


その子たちにしたことは絶対に自分に返ってきます。


返ってきますように。


この捕獲機を見かけたら、それがこいつの仕掛けたものです。


ご注意ください。


猫を絶対に渡さないようにしてください。



2020-04-14_193226.png
ラベル:サイコパス
posted by マミー at 19:38| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

またまた、異常者の虐待案件


2020-04-12_130212.png


2020-04-12_130248.png




https://twitter.com/silverfox77712/status/1248406724727287810?s=20


私は知らなかったのですが、こいつは有名らしいです。


みんな、この子犬の心配をしています。


アメリカでも、よくドラッグ中毒が子犬を虐待している案件がありますが


それと同じです。


でも、ドラッグとかやっている訳ではないでしょうが。


ちょっとおかしいらしいです。


早く救出しないとこの子犬の命が危ないです。


この女、有名なら、この子犬は救出されていないのでしょうか?


昔、日本にもいましたね。


夫が他の女の所に行った腹いせに夫がかわいがっていたペットを


ベランダから投げ落としたり、焼いたり


足をへし折って、逃げられないようにして虐待した有名な女


今、コスプレの写真とか上げていますが。


裁判で、精神異常ってことになったでしょうか。


この女がどうでもいいのです。


この子犬をはやく助けてあげたいです。


posted by マミー at 13:09| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロ猫チャレンジまだやっていますよ。









あと10万ほど上限額まであるので


どうか愛猫のかわいい寝姿写真をみんなに披露してください。


それで寄付されます。


4月末までありますので、ドンドンかわいい写真を撮って


Twitterにアップしてください。


自粛の自宅時間にお願いいたします。


保護活動に寄付されます。


幸せな野良猫が増えますように。


虐待犯なんかに負けないくらい幸せな猫が増えますように


祈りを込めて「#トロ猫チャレンジ」


ハッシュタグを付けてくださいね。
posted by マミー at 12:21| Comment(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

母猫と離すからこういうことに





母のぬくもりやミルクが必要な子猫


殺処分される猫の大多数が子猫という現実


何とか生まれてきた命を助けたいと思っている人たちがたくさんいたけれど


子猫は保温と母猫のお世話、ミルクや排せつのためになめてあげたり


そういう事が必要なのです。


4匹で離され、夜はどういう状態だったのでしょうか?


詳しいことは不明ですが


譲渡されることなく、殺処分される前に命が消えてしまいました。


子猫は母猫から離したらダメなのですよ。


助けてあげたかったけれど、遠すぎる距離。


子猫は搬送するだけでも体力を消耗してしまう。


誰か、近くにミルクボランティアはいなかったのでしょうか?


助けてあげたかった。


こういう子猫はたぶん全国にたくさんいるのです。


生まれても育たないで死んで行ってしまう。


助けてあげたかった。






この子も助けてあげたかった。


でも、猫の扱いにはプロのねこけんさんが見てくださっていたのに


助けられなかった。


悲しいことです。


今、コロナで緊急事態宣言中ですが、猫の世界ではこういうことが常に起こっているのです。


それも人間のせいです。


こういうことが起こっているという事を皆さんに知って欲しいです。
posted by マミー at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

野良猫の遺体で儲けようとする人





これって、どう思いますか?


私は買おうとは思いませんが、その人のセンスの問題でしょうか?


高級ハンドバッグは、牛革、豚革、蛇の皮、ワニの皮、オーストリッチなどで作られています。


それを考えれば、殺したわけではない死んでいた野良猫の遺体で作ったと言われれば、


何も言えませんが、皆さんはどうでしょうか?


顔がついているから、ちょっと抵抗があるのでしょうか?


これって、思ったのですが


前に記事にした生きたアリの入ったネイルや鳥の頭や体をそのまま使ったアクセサリーと


同じ感じがするのは私だけでしょうか?


でも、普通に考えれば、死んだいる猫を見つけたら


埋めてあげて欲しいと思いますが


猫の革で三味線が作られると聞きますし、


動物の皮を利用すると言うのはよくあることではあるのです。


しかし、それを持ってきてバッグにするっていう感覚がちょっと


違うのでしょう。


特に、猫を飼っているので違和感があります。


これ以上、バッグにされる猫や犬が増えないといいです。


人間だと罪になるのに、犬や猫、鳥などの動物では犯罪にならないのです。


顔をつけてはく製にされても


誰も何もいいませんから。


人間中心の地球です。
ラベル:猫のバッグ
posted by マミー at 21:32| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする