UA-115490970-2

2019年12月13日

千葉市内や千葉県内でも多発する動物虐待問題





ほんとに早く解決をしてほしいです。


犯人も早く捕まってほしい。


もう犠牲になる猫が捕獲されませんようにと祈るしかなくて


無力感です。


でも、大矢みたく絶対に捕まります。


絶対、悪事が続くことはないのです。


2019-05-08_114450.png


生まれたばかりの小さな子猫を母猫の前で殺した北川のことも


忘れたことはありません。


あんな無力な可愛い存在を握りつぶすように簡単に殺せる人間の本質が


恐ろしい。


そんな奴が世界中にたくさんいて、犠牲になる猫もたくさんいることが


辛くて、悲しいです。


それをわざわざアップするやつらを絶対に捕まえないといけません。


そんなことが許されてはいけないのです。


猫を虐待していたおばあさんの家が火事になったと今日、twitterに上がってました。


申し訳ないが、ざまーみろの因果応報です。


やったことは自分に戻ってくるのです。


天網恢恢疎にして漏らさずですよ。


私たちは見ていなくても、どこかできっと


犯人に戻ってきますよ。


大矢だってそうでしょう。


会社を首になって、仕事も失って


整形しても、人に追いかけられ、後ろ指刺され


警察に保護を求めている今の姿。


猫たちはけっして許さないと思いますよ。


猫たちは純粋だからそんなことないかもしれないけれど


私たちは絶対に許さないですから。


千葉の虐待魔も寂しい生活を一人でしているんですよ。


早く捕まって欲しい。


警察も本気になってほしいです。
ラベル:千葉県
posted by マミー at 20:28| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

近所の病院に行ってきました。

先生もきちんと検査をしてくれる


好印象の先生でした。


信玄のおしっこはやっぱり、雑菌がいっぱいで膀胱炎でした。


抗生剤を飲んで1週間後にまたおしっこ検査に行くことに。


圧迫排尿の子は、事故にあった時点で膀胱炎からは逃れられないようです。


自分でおしっこする子は病原菌もその時に押しだしているのだけれど


圧迫排尿の子は自分でそれができないんだからしょうがないんだと言われました。


もうおじいちゃんで、半身不随というだけで大変なのに


やせ細った野良でお外で暮らしていた時と


今はそんなこと心配しなくていいけれど、しょっちゅう病院に行って


薬を飲まされて生きていくのと


どっちが信玄にとって幸せなのだろうか。


時々、考えてしまいます。


67154661_701964116893077_5294019720326938624_o.jpg



信玄を助けると言ったとき、選択肢は3つと獣医さんに言われました。


安楽死か、それともこのまま元の場所に返してくるか、


一生、めんどうをみるか。


その時は、獣医さんがなんてことを言うのだろうかとおもったけれど、


野良猫をたくさん保護してきた先生だからこそ、


たくさんの野良の生きざまを見てきた先生だから


そういう言葉が出たのだと


今なら、今の私なら分かります。


その時の私は、


こんなに大事故で死にそうなのに「シャーシャー」言って


逃げようとする信玄の生命力を見て


思わず保護をしてしまったけれど


ほんとは信玄はどうだったのだろう。


このまま死んだ方がいいと思っていただろうか。


誰も助けないなんて人間って。。。ってその時の私は思ったけれど


猫にとっては、どうなのだろう。


生きることに純粋だから、生きようとするだろうが


そこに人間が手を貸していいのだろうか?


信玄をお尻浴させて、そんなことを考えてしまいます。


かかわったからには、これからの信玄が少しでも幸せを感じてくれるように


一緒に頑張って生きていこうと思います。


信玄から教えられることはたくさん。


私が信玄に救ってもらっているのかもしれないのですから。


出会ったのも運命ってことですね。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 19:45| Comment(2) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

獣医さん選び

うちは2ヶ月ほど前に引っ越してきました。


前に通っていた獣医さんに行くには小一時間かかるので、


往復にかかる1.5時間は猫たちにはちょっと負担が大きいので


近くに新たな獣医さんを探そうと思っています。


手術の上手な獣医さん、休日でも救急で見てくれる獣医さん。


それぞれの猫たちと相性の合う獣医さん。


ペットホテルのある獣医さん。


ネットで調べてみたら、その病院によって特徴がいろいろです。


まず、通って見ないと相性などは分からないので


行って見るしかありませんが。


夜間でも見てくれる病院も探さないと。


今までは、5件ほどの獣医さんに通って


それぞれいいところがあって、鍼灸をしてくれる病院、


近所の病院、ちょっと遠いけど相性のいい病院(ここに行くと信玄は治る)


手術の腕のいい野良猫にも理解のある病院。


夜間でも指示をしてくれる病院。


ウニの目を見てもらう猫の眼科専門病院。


イイ感じのコンビネーションで通っていたのですが


また一から、近所の獣医さんと関係を築かないといけなくなりました。


皆さんは、どんな感じに獣医さんに行っているのでしょうか?


近所の獣医さんの看板も敏感に探して、その駐車場もたくさんの患者さんが来ているか


観察しています。


今度行って見ましょう。
ラベル:獣医さん
posted by マミー at 22:04| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

米国🇺🇸ペンシルバニア州の悪魔





動画を見たとき、見るに耐えなくて私は最後まで見ていません。


横たわった無抵抗の鹿の頭を笑いながら、蹴り続け


死なせたらしいです。


私は蹴っているところで見ることができず、そこまでしか見ていなかったのですが


今日、このニュースを見て


この二人の若者は


出身校から家族からプライバシーがネットにすべてさらされ


二人のうちのひとりの父親は警察関係という事までさらされ


ネット上のリンチです。


鹿を、傷ついた鹿を見て助ける人間も居れば


こういうことをして自分の首を締めるバカもいて


この若者達の顔を見てください。


これって思いやりの心のある人間の顔ではありません。


悪魔の顔です。


人間の心に潜む悪魔の顔です。


傷ついた動物を見てこういうことをする人間って


猫を捕獲して虐待する人間と同じ匂いがします。


同じ人間として悲しいですね。


でも、そう思った人が全世界にたくさんいたと言う事はとてもうれしいです。


日本でも、動物の命を粗末に扱う人間に対しては実刑を課してほしいです。


きっと、日本もそうなります。


そうならないとダメです。


同じ命ですから。


ペットショップから買うのではなく


保護施設から譲り受けることが当たり前になってほしい。


生まれた子猫や子犬を捨てたり


山に捨てたり、そういう事が無くなり、


動物の命をみんな平等に扱い、


そういう事を考えてくれる人が増えることを願っています。


posted by マミー at 21:39| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

信玄が最近、風呂を早く切り上げる

交通事故で背骨がぽっきり折れて


半身不随になって、圧迫をしないとおしっこが出ない膀胱麻痺


最初、病院で入れてもらった尿道カテーテルは、家に帰ってすぐにカテーテルが抜けてしまい


私がやったことないのに覚悟を決めて、必死で圧迫排尿を始めてから早2年半


そのあとも膀胱炎、血尿、さらに尿道が詰まってしまい緊急に尿道形成手術をして


今日にいたっていますが


その時以来、お尻の傷の回復のために毎晩シャワーのお湯で15分間


お尻浴してから寝ていた信玄。


ずっとそれが続いていましたが


最近、シャワーをしていると自分で切り上げて


タオルの上に行ってしまう信玄。


環境が変わって、慣れないお風呂が嫌なのか


お風呂が寒くて嫌なのか


それとも、もうお風呂はいいよという事でしょうか?


でも、圧迫排尿しているので、お尻を洗わないと


ただれてしまう。

71261385_745541089202046_7178901083505295360_n.jpg

信玄のお尻は綺麗だとほめてくれた動物病院の先生。


なのに信玄は嫌なのかなぁ


気持ちよくないのでしょうか?


嫌なら、もうお風呂は止めてもいいけれど


ただれないようにシャワーではなくためたお湯に入るように


したらいいのか。


最近、引っ越してきたここら辺近くの獣医さんを開発しないといけないなぁと思い始めているのと


お風呂もそろそろ考えて違う方法にするのも検討しよう。


生活も変わったのだから


他のことも変えていくのもいい。


信玄も信玄の好きなようにしていくこともいいと思う。


違う事に挑戦してみようか。


信玄。
ラベル:お尻浴
posted by マミー at 23:29| Comment(0) | 圧迫排尿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする