UA-115490970-2

2020年03月04日

心に刻まれて消えない大矢に惨殺された猫ちゃんたちの事

私は毎日、信玄をお尻浴するためにお風呂に入れています。


その時、38度くらいのお湯がいいと獣医さんに言われましたが、


寒い冬は40度くらいのやや暖かめのお湯に入れています。


最後に仕上げのお湯をかけて終わりにするのですが


そのお湯も熱くないか、信玄が気持ちいい温度になっているか


気を配って入れているのですが、そのたびにあの熱い煮えたぎったお湯に


首吊り状態で入れられた黒猫ちゃんの事、


テレビでさっきバーナーで火をつけるシーンをやっていましたが


バーナー見るとそれで焼かれた猫たちのこと、


綺麗だった毛皮が熱湯によって無残な焼け落ちた姿になってしまった猫ちゃんたちを


思い出します。


あの残酷な仕打ちをしている画像を見てしまってから、


心から消えたことがありません。


お腹がすいて餌を欲しくて捕獲機に入ってしまったために


拷問を受けた罪のない猫ちゃんたち。


同じことを大矢にやるのではなく


大矢が大事に思っている人たちに


大矢が守りたいと思っている人たちに同じことをしてやったら


どんなにか心が晴れるだろうかと時々一瞬、思うことがあります。


でも、それをしたら大矢と同じ種類の人間になってしまう。


誰かが、言ってました。


もし、自分が余命が短いと言われたら


自分が猫たちの敵を取って、大矢を苦しめてから道連れに死にたいと。


こんなにもたくさんの人から恨まれて


念を送られて、人の恨みを受けると


幸せには暮らせないでしょう。


今も、飼っている猫を虐待しようと思っているかもしれない黒ムツと言われる人たち。


小さな動物の命を殺めてはいけないと昔の人が言っていた意味って


きっとあるはずなんです。


大矢は、井上さんを名誉棄損で訴えたりしているけれど


幸せには暮らしていないのでしょうね。


裁判をするたびに大矢のしたことが世間にますます知られるだけですから。


家族も。。。写真が拡散されて


私のスマホにも、入っています。



私たちの念もきっと送られて


猫たちの怨念も入っているでしょう。
ラベル:大矢誠
posted by マミー at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

こんな時だからこそ助け合わないと。





猫は他の子猫でも育てると言います。


あるワンちゃんも散歩の時に捨てられた子猫を探してきて世話をするという話をテレビで紹介しているのを見たことがあります。


もちろん、何匹も生まれた子供を育てられないとみて


特に弱い子供を捨てる母猫もいます。


でも、それは自然淘汰ですね。


その捨てられた子を育てようとする犬や猫。


それこそが助け合いです。


あるドラッグストアの店員さんが言ってました。


このコロナウイルスの件で、マスクが不足しているのを


凄い形相で「いつ入るのよ。少しくらい取っておいてくれたっていいじゃない。」と


詰め寄る人がたくさんいて、怖いって。


人と話すのが怖いとおびえていました。


コロナウイルスは、病気だけじゃなく人間を変えてしまう。


私はまるで海外ドラマの「ウォーキングデッド」を思い出しました。


あれも次々と人間がゾンビになって行くというドラマです。


ゾンビも怖いですが、自分が助かるために人を殺す。


人を陥れる、そういう風に人間が変わっていくのです。


今、それと似ています。


トイレットペーパーやティッシュペーパーを買いあさって


店に殺到する姿。


ちょっとオーバーですが、似ていませんか?


そうなりたくないです。


私はドラッグストアに行くのは止めました。


こういう時期、みんなで乗り切って助け合いましょう。


twitterで、あるフォロワーさんが「インフルで咳がひどくているけど


マスクがもう5枚しかない。手に入らない。」とつぶやいたら


なんとたくさんのフォロワーさんがマスクを送ってくれたそうです。


そうして、乗り切っていきましょう。


人間も動物に負けないように、助け合いましょう。
posted by マミー at 19:49| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

「飼い主が新型コロナに感染したら犬猫との接触避けて 獣医師会が注意喚起」とのことです。

犬や猫が感染したり、媒介したりすることはないと指摘。

ただ、ウイルスが突然変異を起こす可能性が否定できないため、飼い主が感染したら接触を避け、マスクを着用するよう勧めている。

 東京都獣医師会も同様の注意文をHPに掲載。飼い主が感染して入院する場合、

ペットを自宅に残して知人などに世話を依頼する方法は依頼先が感染する恐れがあるため勧められないとし、

ペットを外部に預けるよう求めている。

 また、ペットが感染者と濃厚接触した後に体調が悪くなり、かかりつけの動物病院に連れて行く際は、

必ず事前に電話するよう注意している。

世界小動物獣医師会(WSAVA)がHPで公表した見解によると、

これまで犬や猫が感染することが知られるのは「アルファコロナウイルス」であり、

犬は軽い下痢、猫は伝染性腹膜炎を起こす。人の新型は種類が違う「ベータコロナウイルス」で、犬や猫が感染する証拠はない。

しかし、事態は急速に進展しており、最新情報に注意が必要という。 



中国では、犬猫がコロナウイルスを運んでくるというデマによって


高層ビルから投げ捨てられるという事が多数発生したのが新しいところですが


今回、北海道獣医師会に続き、東京都獣医師会も注意喚起をしています。


もし、飼い主が感染したらマスクをつけてペットに接するようにとの見解を発表しています。


犬や猫にうつることはないとしていますが、


いつウイルスが変異するとも分からないという事ですね。


相手がつかめないので、一応注意をしたほうがいいですね。


私たちが感染してしまったら、


ペットの面倒も見れなくなってしまいます。


かからないように気を付けるとともに、


体力が落ちている猫や犬は気を付けるに越したことはないようです。


手洗い、うがい、マスクも手に入りませんが


手作りもできますので、きれいなハンカチでもいいですね。


手でいちいち押さえるより、マスクに作り変えてしまうのもお勧めです。


全国、学校休校になってしまいましたが


これで、自分では保菌者と分からない元気な人が他の人にうつすリスクも少なくなるでしょう。


ここでウイルスを封じ込めることができるといいですね。


ペットたちも3.11の時と同じような被害に合わないように


みんなで力を合わせて乗り越えましょう。
posted by マミー at 12:02| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

こういう気持ちが人間の本来の気持ちだと思う 平塚八幡宮のアヒル





自分で飼っていいなくても、ケガしているのを見たら


助けてあげたいって思うのが普通だと思うのです。


野良猫だって、自分ちの敷地を通るからと毒餌を置いたり


鳩が邪魔だと毒餌を与えて、たくさんの小鳥が死んで


犯人が逮捕された事件ありましたね。


野良猫を捕獲して保健所に連れていったり


野犬を捕まえて、殺処分ありえないです。


犬や猫は人間を助けてくれたりするのに。


人間は動物を傷つけて見て見ないふりをするのはいつごろからでしょうか?


それとも、それはもしかして昔からで


最近のSNSで目にする機会が増えたのでしょうか?


それとも、人間によるのでしょうか?


飼い犬を保健所に連れて行って新しい犬を飼った家族を実際に知っています。


ありえないです。


誰も反対をしないと言うのが、どこか間違っています。


youtubeを見ても、心が痛くなるような画像もたくさん。


どうしたらそう言う気持ちになるのか。
posted by マミー at 18:27| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

犬の気持ちになれよ!!







子犬をわざと崖の下の海に投げつけただけでは足りず、これを堂々とSNSに自慢した無分別な少年が警察に捕まりました。


英紙のザ・サンはこの2日(現地時間)、イギリスコーンウォール郡南部ペルモスで、一人の少年が崖から子犬をさっと投げる映像を撮ってSNSに載せるケースがあったと報道したんです。

映像に接した現地のネットユーザーは、「動物虐待をしても良心の呵責を感じないようだ。」「悪口が自然と出てくる」「子犬がかわいそうだ」などの反応を見せ、憤りを感じました。

一部のネットユーザーは、映像に登場する少年をファルマス警察に通報した。



こういう事件は日本に限らずに世界共通みたいですね。


動物の気持ちがわからない。


いじめられた子がどう言う気持ちか分からないと言うのと同じですね。


やられたらどう思うかというのが欠如しているのです。


よく人にやられて嫌なことは人にもするなと教わりましたが


今の子たちはそういうことがわからないのでしょうか?


でも、動物虐待で警察に通報してくれる人たちがいるので


よかったです。


もっと、動物虐待は警察に通報という事がもっと広まってくれるといいですね。


ワンちゃんが自力で泳いでよかったです。


もうこんな怖い経験しなくていいように、


いい飼い主と出会えることを願います。


飼い主によって犬や猫の幸せって決まりますから。


いい飼い主さんに出会えますように。
posted by マミー at 20:44| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする