UA-115490970-2

2019年05月07日

先日の猫虐待案件とご紹介したのですが、実はやらせだったようです。





顔を売りたくてやっているようです。


虐待と言われた画像もはっきりと映ってはおらず


猫もそこにいましたが、動けないのか動かないのかわからないくらいの


ボケた画像で


私も見ましたが、実際にはコンクリート片は投げているところは映っていないので


真相は分かりません。


この人の近辺を調べてみたら、色々出てきましたよ。



大原誠治という名前で愛称 しんやっちょと呼ばれています。



評判よくないですね。


こいつを潰すといい放っている人が数名載っています。


真相はどうなのか分かりませんが


猫が無事ならいいので


大きな石を投げつけたりすることを誰かがマネしないといいなと


思っています。


動物を傷つけることはしないで欲しいです。
ラベル:しんやっちょ
posted by マミー at 15:44| Comment(0) | 動物虐待画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物虐待する人間は反省しない





動物の遺棄やネグレクトは犯罪です。


警察に言っても相手にされないという話をよく耳にします。


東京の警視庁はきちんと対応してくれますよ。


猫なんて物ですよと完全にモノ扱いしてそう言う警察もいるそうです。


地方の警察に多いです。


山口県、沖縄県、千葉県。


虐待が多い県です。


もちろん、きちんと捜査してくれている警察もありますが


はなから相手にしてくれなところも


話も聞かないところもあります。


でも、この写真見ると分かるように警察の仕事です。


きちんと話を聞かないで、きちんと捜査をしてくれないところは、


これを警察に見せてください。


飼い主のいない野良犬や野良猫もこれに当てはまりますと


明記されています。


1件でも多くの虐待案件をなくすには、警察の抑止力が必要です。


あと、小さな力でもみんなで力を合わせれば


大きな山も動きます。


皆さん一人一人の力が必要です。


変な人がいたら「何をしているのか」と聞いて


通報してください。


みんなの目が監視カメラになります。


先日の虐待された黒猫も見ていた親子が止めてくれたそうです。


虐待犯はそれでも止めなかったので、黒猫は瀕死の状態になってしまいました。


でも、その親子がいなかったら、たぶん殺されていたでしょう。


一般市民の普通の行いが犠牲となる犬猫を減らします。


危ないので、決して手は出さないで警察に通報してください。


お願いします。



posted by マミー at 01:10| Comment(0) | 虐待犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

5/6はこげんたちゃんの命日です。





あっ、松原潤の父親ですね。「飼い猫ならまだしも、殺したのは、ノラ猫なのにぃ」とホザイたヤツ…


そして数年後、息子の違法💣作りに巻き込まれ、爆死した。


今の日本で、珍しい死因…やはり、因果応報はある


ネコの恨みは、スゴく怖いし。ソレを証明した感じかな…。




gazou9.jpg



何年たっても、こげんたちゃんのこの写真を見るのはつらいです。


だから、犯人が憎いです。


でも、こういう犯行をしたやつの親って反応同じですね。


前に猫を用水路に投げ入れて逮捕されたやつの母親が


「全国ネットに載るほどのニュースですか?」って言ってた。


そういう親だから子もそうなるんですよ。


野良だったら命を奪っていいのか?って言う事ですよ。


感覚がおかしい。


動物だったら何してもいいのか?


今日も猫虐待案件がたくさん出ています。







ただそこにいるだけで、何もしていないのに野良猫を蹴り殺したり、この子も動けなくなっているのに蹴り続けられたそうです。


3本の足を無くしたそうです。


猫の幸せを奪う権利は人間にはありません。


こんな事をして、罰が当たりますよ。


この子が何をしたんでしょうか?






こっちの猫ちゃんも火をつけられたそうです。


こげんたちゃんの事件で二度とこういう事がないようにと


みんなで頑張ってきてるのに、人の見ていないところでまたこんな事件です。


火をつけるって用意して行っていると言う事ですよね。


簡単にそんなに火は付きませんよ。


何かオイル等を持って行かないと。確信犯ですよね。


毎日、毎日、どこかで野良猫がこいういう目に合っています。


皆さんの目が監視カメラです。


どうか不審な動きをしている奴がうろついていたら


「何しているんですか?」って一言いてください。


それで救われる子がたくさんいると思います。


猫が嫌いという人もいるでしょう。


でも、嫌いだから殺すって考えはおかしいでしょう。


前回のブログの猫に向かってとがったコンクリートの塊を投げつける奴とか


絶対に身元が割れて、拡散されますよ。


こげんたちゃんのような犠牲になる猫がもう出ませんように。


ほんとに心から祈ります。
posted by マミー at 11:08| Comment(0) | こげんたちゃん事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

またまた、猫虐待案件です。








地域猫に対して大きな石を、それもとがっていて


こんなものがあたったら、ケガだけじゃすまないだろうというような


コンクリートの塊を地域猫にぶつけています。


人間でも危ないのに、小さな猫だったら死にます。


それを嬉しそうに投げる奴、渡す奴、許せないですね。


きっと、身元がばれて拡散されてさらされて、


今までの虐待犯たちと同じように後悔することになりますよ。


猫だからって許されないですよ。


小さなものにもきちんと命としてのプライドと埃があるのです。


こそこそ隠れて


それを奪う事は許されないことです。
posted by マミー at 00:50| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉敷市で犬が毒殺事件






最近の日本はなんで簡単に殺そうとするのでしょうか?


何か問題があるとすぐ殺そうとする。


邪魔だというだけで殺す方向に持って行きます。


街に出てきたクマにしても


この子のように何もしていないのに、ただ一生懸命に生きているだけなのに


なぜ一言、保護施設に相談がないのでしょうか?


なぜ、人に聞かないのでしょうか?


それは命を大切に思っていないから。


犬や猫の命を命とも思っていないからです。


こんなことを続けていると、日本の人間は人間の命も粗末にして


大事にしないで老人もきっと昔のように姥捨て山に捨てられるでしょう。


親の年金を当てにして、親が死んでもそのままにして


年金をもらい続ける子供のように人間の命もお金に換算されるだけで


重さを持たない。


だから、簡単に子猫を段ボールやビニール袋に入れて捨てたり


捕獲して遠い山に捨てたり


犬も簡単に保健所に処分してくださいと持って行けるのです。


この子が何をしたのですか?


ただ、一生懸命に生きていただけですよ。


なぜそんなに簡単に命を奪えるのですか?


悲しいです。
ラベル:岡山県倉敷市
posted by マミー at 00:36| Comment(0) | 犬毒殺事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする