UA-115490970-2

2020年06月09日

自粛になった時にこういうことを恐れていました。




いのちを何だと思っているのでしょうか?


日本では、命をペットショップで売っているのです。


今でも、動物病院に行くと、ほとんどがペットショップで手に入れたであろう


ワンちゃん、猫ちゃんがほとんどの種類です。


私のように保護猫です、保護犬ですと言う人は少ないです。


テレビ番組の「ノンフィクション」でやっていた獣医さんの所に行くとさすがに


保護活動をしている方々が多いので、そこで見かける犬猫は保護された子が多いですが


街の普通の獣医さんに行くと


ペットショップで買っただろうと言う子が多く見られます。


保護犬保護猫というもの自体を知らないのだろうと思われます。


動物病院では、野良は連れてくるなと見てくれない獣医さんもいるくらいです。


だから、自粛になった時に


ペットのレンタルをやっているお店の特集をやっていましたが


流行っていると、お客様が増えたという事でした。


中には可愛すぎて、返すことができないでそのままうちの子になるという家庭もあったくらいですが


こういう買ってみたものの、家族で旅行に行くのに保健所に連れてくる


海に行くためにペットホテルではなく、保健所に連れてくるという


信じられない家族も出てくるのです。


誰か反対をする家族はいなかったのでしょうか?


それをテレビの前で堂々と話しているバカ家族。


新しい犬を飼ったから、先住犬を保健所に連れて行ったという話は


昔から聞いたことがありましたが


そういう家族ってほんとにまだいるんだなぁと悲しくなりますね。


ペットがいたって、旅行には行けるんです。


きちんとした手段を選べば。


それを保健所につれて行くって、それって存在を消してくださいと言っているのと同じです。


昔の子猫が生まれたから、山に捨てる、河に流すと同じ感覚です。


遺棄と同じです。


今は、それは犯罪になるんです。


保健所もこういう件は、受け取らないでほしいですね。


もう、こういうやつはペットを飼えないようにしてほしいです。


でも、ペットショップは身元を調べなくても売ってくれますから。


金儲けのために。


蛇の生餌のためにという目的でも、ペットショップは売ってくれます。


虐待のためでも、モルモットやインコをいくらでも売ってくれます。


何匹も虐待で殺している奴にも金を出せばいくらでも売るこの


ペットショップの存在が問題の第一なような気がしてしまいます。


ペットショップがなくなるといいと祈っていても


私の周りでいまだにペットショップで命を買っている人がたくさんいます。


この悪循環をどうにか止めたいです。


その問題がこういう家族を生み出してているのです。
posted by マミー at 10:49| Comment(0) | 動物の遺棄は犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

犬の命は預かった人間にかかっているのです。








何故この方はボランティアなんてしたのでしょうか?


なぜ状態の悪い子をわざわざ預かるようなことを続けていたのでしょうか?


周りのみんなが、自分をちやほやしてくれるのが快感だったのでしょうか?


大金を預けて、動物たちを託したのに


お金だけを持って逃げたという方がこの方でしょうか?


心の病気でしょうか。


そんな人間の業の犠牲になったのがまた弱い犬たちです。


ミイラになった状態のままの子もいたそうです。


辛うじて助かった子はなんとか生き延びて欲しいです。


このワンちゃんの目を見てください。


2020-06-05_100254.png

https://ameblo.jp/sisterfumi/entry-12601862501.htmlから引用させていただきました。


悲しい目をしています。


犬って人を責めたりはしないのです。


ほんとに人間として申し訳ない。


今、一生懸命に動いてくださっている方々がいるそうで。


ありがとうございます。







前には、関東圏でも同じようなことがありました。


周りのみんなが信頼していた人がほんとは何もしていなくて


多頭飼い崩壊状態だったそうで、


行ったときは、物資もそのまま手つかずの状態で


フードとかペットシートとか段ボールのままで放置してあったそうで


それら物資は、猫たちには一切使われないまま朽ちていたのです。


今回のこの方は全然動物たちの面倒は見ないで、逃げ回っていたようですね。


最近、こういうことがよく起こっています。




里親詐欺?


ボランティア詐欺?


最近、ほんとにこういう手が多いです。


皆さん、気を付けましょう。


かけがえのない命が犠牲にならないように。


大事な子を預けていた方はいないでしょうか?


クライドファンディングでも、実際は病気の猫なんていなくて


他人から勝手に借りてきた病気の猫の画像を張って


猫の難病治療の募金を募る手口もありますよ。


実際、ありました。


この画像、前に見たことあるって言う方が見つけてくださって


全然関係ない方のみ転用画像だって分かって


この募金おかしいから気を付けてってなりました。




信頼している方を疑えと言うのではないです。


実際に保護しているところを確認しましょう。


実際に、やっているところを自分の目で確認してみましょう。




子猫を里親希望の方に渡したら、連絡つかなくなって


逃げられたと言っている方もいましたし、


その時に見せてきた免許証も偽造だったらしいです。


そこまで行くと、犯罪の域ですよ。


そこまでして子猫や犬たちをどうしようと言うのでしょう。


人間の闇の怖いものを感じます。


そういう事にならないように


気を付けましょう。

posted by マミー at 10:34| Comment(0) | 猫違法捕獲遺棄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか最近って野良猫も命の危険がそこら中に




早朝鳴いてゴハンを求めに来るので、最近引っ越して来た隣の学生から殺すと宣言されました。
ここ数日目撃しただけでも、ペットボトルや物を投げられたり、ほうきを振り回されて叩かれたり、水をかけられたりしています。
隣の学生には電気代を代わりに支払う事を約束し、夜は空調をつけてもらうよう対策した途端、猫が外に立っているだけで窓から物を投げつけられたり、朝から怒鳴られたり、対応に限界を感じ募集する事にしました。
うちではキャパが足りず、預かり様も同時に募集させて頂きます。



人間として心が狭いというか


猫が鳴くくらいでなんでそんなにイライラするのでしょう。


私にしたら信じられません。


赤ちゃんが泣いて、猫や犬がいて、鳥がいてっていうのが当たり前の生活と思っているので


野良猫が鳴き、犬が吠え、赤ちゃんが泣いてって言うのが普通の生活だと思うのですが


猫が早朝に鳴くってそれだけで怒る心の小さな男って


何でしょう。インクレディブルです。


動物から癒されたことがないのでしょうか?


最近の世の中ってギスギスしていて怖いですね。
posted by マミー at 00:20| Comment(0) | 野良猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

ずっと愛護のように見せかけて猫を捕獲して虐待して殺していた男

見つかりそうになりやばくなるとアカウントをコロコロ変えていた猫虐待魔


アカウントを消していますね。


でも、もう尻尾捕まれてますよ。










撮る写真も猫たちは全然幸せそうじゃないし


猫飼いには、猫の幸せそうな顔は分かります。


つかみ方も乱暴で、猫を可愛いと思っている人は絶対にやらない。


幸せな猫はあんな顔していないし、黒猫に至っては


何か毒餌を与えたか?体調が悪い子猫だったのか


かわいそうに、明らか具合悪そうで私なら病院に連れていくレベルですよ。


それをキモイとか、お前の方がキモイわ。






いよいよ尻尾出しました。










猫の保護や虐待監視をかねてから熱心にやられていら方々に


尻尾を捕まれ、問い詰められたのでしょう。


自ら警察に出頭。


それも反省ではなく、脅迫監禁で愛護の方々を訴えた?


その方がたは、かねてから警察にも挨拶をして活動をされていた方々で


どっちが分がやばいか分かりそうなものなのに


今までの猫たちの無念を晴らすときです。


さぁ、これからです。



ラベル:#電気ねこ
posted by マミー at 12:02| Comment(0) | 動物虐待画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬も猫も外は怖いですね。












酔っぱらっていた男が吠えられたからという理由で


よその犬を蹴って、捕まりました。


それも動画を見ていただければわかるように1回2回じゃなくて


執拗に追い回して蹴っています。


この防犯カメラがなかったらいったいどうなっていたことでしょう。


このワンちゃんの心の傷は誰にも気づかれないでいたことでしょう。


飼い主が警察に通報したらしいですが


近所の男でした。


かわいそうに。


おとなの男の人が怖くなったことでしょう。


でも、こんな奴ばっかりじゃないからね。


海外で保護されるワンちゃんも男の人に近寄らないとか


男を見ると怖がると言う子が多いですが


それってきっと同じような経験があることでしょう。


前には、街角で猫に火のついたたばこを投げつけ


猫に当たったので、猫が止まったら男がその猫に向かって行って


その様子は、防犯カメラに一部始終写っていて


非難されたとたんに平謝りでした。


弱いものを言わない犬や猫だとそうやって偉そうに嫌がらせをする奴って


社会ではきっと認められずに虐げられている男で


犬や猫をいじめることで憂さ晴らしをしているのでしょうね。


これも私の勝手な想像ですが。


このワンちゃんの心が癒されて早くこんな男のことを忘れてくれることを祈ります。


あ、でもまたもしこういう男に出会ったら、


吠えないでほおっておきましょうね。
posted by マミー at 11:33| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする