UA-115490970-2

2019年08月26日

「生き物苦手板の閉鎖を求めます」にご協力を





皆さんは見たことがありますか?


私は見れないです。


虐待をして、それを笑って喜んで


情報を分け合っているのです。


最近では、問題になっているのを知っているので


それに触れないようにうまいように(想像のことです)とか(夢で見ました)とか


そんな詳しく猫を虐待しているところを想像で書けますか?


そんな詳しく猫の様子を書けますか?


毎日、毎日、どうしたら猫を捕獲できるか工夫しているのが


なんで想像の出来事とか言えるのでしょうか?


明らかにおかしいですよ。


そんなチャンネルは、閉鎖すべきです。


たぶん、そういう人は普段は自分はそんなことしていませんと言う顔をして


社会生活をしているのですよ。


恐ろしくないですか?


頭の中では、猫を捕獲できたかな?て思っていて


学校に行ったり、仕事したりして


虐待のことを考えている。


そんな人があなたの周りにもいるかもしれないのです。


生き物苦手板を見ている人の多さにびっくりしますよ。


閉鎖すべきです。


それを見てマネする奴がいるんですから。


ご協力お願いいたします。





ラベル:サイコパス
posted by マミー at 22:42| Comment(0) | 動物虐待画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の中に置き去りのワンちゃん 羽田空港









アメリカだったら、そく車のガラスをぶち破ってレスキューしていますよね。


日本って何でも持ち主に確認してってなって


後手後手です。


犬や猫の生きる権利が認められてない。


もっと、動物愛護法を変えていかないといけません。


アメリカあたりではドンドン動物を保護する方向に行っているのに


虐待した犯人は、罪が重くなっていっているのに、日本は、まだまだ後進国です。


虐待をするチャンネルも閉鎖されずにそのままで


犬猫は闇に葬られて、保健所で殺処分されている現実で


飼い主が保健所に持ち込みとか


そんなこと許されていいわけがないです。


最期まで責任もって飼うのが当たり前で


なんで保健所はそういう飼い主から預かるのでしょうか?


日本は問題が山積みです。













posted by マミー at 22:12| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

ハムスター締め殺し男の件





このハムスター締め殺し男はペットに爬虫類を飼っているようで


その餌にとハムスターをしめています。


その動画をアップしています。


そして、冷凍保存をしているのです。


でも、それをわざわざ動画でアップする必要がありますか?


他の爬虫類を飼っている人との情報共有でしょうか?


ハムスターをトイレに流す画像をアップしている奴には


それは鶏の生まれてすぐオスのヒヨコが捨てられるのと同じだと言っているコメントを見ました。


それって同じでしょうか?


殺すという動作は同じでも、面白がって楽しんでやっているのとでは全然違うと思います。


そいつは以前に子猫もトイレに流していたそうです。


それって子供を誘拐して殺す奴と似ている匂いがするのはどうなんでしょう。


無抵抗の弱い者に対する暴力です。


それを楽しんでいる。


それに、野良猫の子猫ならいいのでしょうか?


近所の飼い猫を捕まえて殺した奴の裁判で


弁護士が「たった1ぴきの猫」といったそうですが


それってどうなんでしょう。


隣人の子供を殺して他にも子供がいるのに何でそんなに悲しむのかといった犯人がいましたが、それと一緒ではないでしょうか?


飼い猫は、もう家族なのです。


いろいろな考えがあるのでしょうが


ハムスターをしめるところもSNS発信する必要がありますか?


ハムスターを飼っている人にとっては、それは虐待画像なのです。


そこらへんが難しいところです。


爬虫類を飼っている人にとっては、ハムスターはただの餌で


爬虫類が家族なのですから。


posted by マミー at 21:43| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助けてあげたいです。





毎日、Twitterで可愛いワンちゃんや猫ちゃんが命の期限を付けられています。


何とかして助けてあげたいです。


どうにかしてあげたいです。


でも、迎えに行けない。


こんなにたくさんの命を預かる自信がない。


近くにいらっしゃいませんか?


どなたか迎えに行ける方


お近くの方。


いつも山口県とか香川県とか長崎県とか


遠すぎて助けてあげられない。


いつもいつも辛いですね。


助けてあげたい。


ボランティアさんにばかり頼っている行政がおかしいですよ。


どうにかしてあげたいです。


宝くじでもあたれば、保護施設を作って


みんなを助けたいです。


誰かペットショップに行かないで


ほごねこ、保護犬を飼ってみてください。



posted by マミー at 01:09| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





「トリマーはローラの歯や爪には全く手を付けていませんでした。その代わり、眉毛を刈り取ってしまったのを隠そうと蛍光色の黄緑で眉を描いたのです。耳も蛍光色のピンクで染められ、まるでピエロですよ。そればかりではありません。ローラはお腹を不必要に刈られ、肌が赤くなっていました。その後、感染症の治療のため獣医の診察を受けなければならなかったほどです。」



うちは猫なので、トリミングとか言ったことがありませんが


ワンちゃんにとっては健康維持のためにも大事なことですね。


けれど、よく耳にするのはトリミングの台から落とされ


むかえに行ったら、足が動かなくなった


前のように歩けなくなったとか。


きちんとトリートメント剤を落としていなくて赤くただれてしまったとか


今回のように飼い主さんの希望通りにされていなかったり


しつけのトレーニングで逃げてしまった行方不明になってしまったとか。


よく聞きます。


よく信頼したところじゃないと怖いですね。


この記事も引っ越してきたから口コミを見ていったらしいですが


こんな顔にされたら私も怒りますね。


先日行った動物病院で可愛くつけまつげのようにカットされていて


「かわいいですね。つけまつげみたい」と言ったら


トリマーさんの好みです、って言われて


そうなのかと思ったのです。


美容院みたいなものなので飼い主が注文をするのかと思ったら


結構、トリマーさんにお任せという方が多いみたいですね。


気を付けましょう。
posted by マミー at 00:58| Comment(0) | トリマーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする