UA-115490970-2

2020年05月20日

虐待が後を絶ちません。





youtubeにはたくさんの世界中の動物虐待動画がアップされています。


日本なら動けても、海外だと場所すらわかりません。


海外の保護施設や保護団体が頑張って野良犬や野良猫、


それ以外の動物までも保護してくれていますが


虐待動画も後を絶ちません。


それを見て、刺激されて同じようなことをするバカもたくさんいます。


youtubeを見て、助けてあげたい犬猫はいますが


その辺は、力が及びませんね。


どうにかしたいです。その画像でお金が入るなんてことも止めさせたいです。






こいつ、ねこけんの溝上さんにもコメントしたりしている。


よく保護施設の代表者にまるで喧嘩を売るようなことをできるな。


溝上さんが、猫に何かあったらこっちも本気で動きますというようなコメントをしたら


コソコソ逃げてる。


絶対捕まるからね。


捕まえるからね。










こんな虐待も。


ありえない、中国。





人間ってこんなことしているから


ウイルスからしっぺ返しくるんだ。


黒ムツが全員、罰があたればいいのに。


そして、海外でも犬や猫を虐待している奴らにバツが与えられますように。
ラベル:YouTube
posted by マミー at 14:35| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

ノン・フィクション ハナ動物病院太田先生出ていましたね。

今回も感慨深く見ました。


9月にTwitterでハナコが死んだというニュースがフォロワーの中に出回ったのですが


私は自分の引っ越しで忙しかったのと


最近は、ハナ動物病院に通っていなかったのとで


「そうなのか」と思って、先生がさみしがっているだろうと思ったくらいだったのです。


毎日、24時間動物のことを考えている先生ってテレビでも看護師の方が言っていましたが


その頃のハナ動物病院に通って信玄を一生懸命に助けようとしていた自分のことと


太田先生とのやり取りが走馬灯のようによみがえってきました。


ハナコも診察中、ウロチョロしていて


「こんにちわ」といったものの触ったことはなかったので


一回触ってみたかったなぁと今更思います。


背骨がぽっきり折れている信玄は、太田先生が前に勤めていた


錦糸町の滝沢動物病院で手術をしてもらったのですが


術後の傷が治りが悪くて、でも薬を塗ってしまうと手術した尿道入り口もふさがってしまうので


どうしたらいいか悩んでいた時に


「錦糸町まで行くのが大変だったら、僕でよかったら見てあげるよ」といってくださった太田先生が


教えてくださった毎晩15分、38度くらいのお湯でお尻にシャワーをかけるという


湿潤療法。


騙されたつもりで毎晩やったら3日くらいで傷が綺麗にふさがって


尿道は毎日のシャワーで綺麗になって、びっくりだったので


先生に報告に行ったときのことを今でもしっかりと覚えています。


看護師さんも「どれどれ」といって見に来たのです。


それから信玄は綺麗な女の子のようなお尻になって


今でも、健康に暮らしています。


今回のテレビを見たら、先生に会いたくなりましたが


今は、テレビのお陰で電話がいっぱい鳴って問い合わせが来て大変と


それもTwitterで聞きました。


ほとぼりが冷めたころ、信玄を連れて先生のところに行きたいなと


思っています。


大晦日、何処に電話しても出てくれなかった時に


太田先生だけが電話に出てくれて、「今から連れておいで」と言ってくれたのです。


懐かしいなぁ。先生、全然変わっていない。


2019-09-12_011727.png





posted by マミー at 16:43| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ノン・フィクション ハナ動物病院太田先生

今、見終わったノン・フィクション


新高円寺駅近くのハナ動物病院太田先生でした。


うちの信玄を最初に交通事故現場から助け出して連れて行った病院が


このハナ動物病院でした。


血にまみれ、ウジも湧き、血尿独特の臭くて汚い信玄をタオルとともに雑草や小枝も一緒に持ってきて


太田先生に最初に見ていただいたのです。


汚いタオルや小枝も処分してくださり


血尿を出して、点滴をして


背中にレボリューションもしてくださり


最初に信玄に処置をしてくださった太田先生。


その後も心配して電話をくださって「どうしてるか気になって」


何回か診察にも伺って、これから信玄をどう治療していくかの


相談も乗ってくださった太田先生。


ハナコにも会ったことがあります。


信玄を見てもらっているときに


全然、野良猫なんかに動じない様子で


先生の診察の様子を見ていました。


あれから、信玄もだいぶ落ち着いて


引っ越したこともあって、先生にはご無沙汰していますが


また、ハナ動物病院に行って、精力的な太田先生に会いたくなりました。


信玄具合悪くないけれど行って見るか。(笑)


90585463_877435316012622_7641600238175649792_o.jpg

posted by マミー at 15:35| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こういう虐待、ありえない





何も罪のない子猫にこういうことをして楽しいですか?


顔を見たら天使ですよ。


天使を踏みつけられますか?


ドラッグでもやっているんでしょうか?


日本にも変な奴はたくさんいますが


こういうものを画像でアップして楽しんでいるとしか思えません。


こういう虐待をしたら、捕まるんだという事を分からせるためにも


ご賛同お願いいたします。


子猫や子犬が最初に犠牲になります。


世の中、弱肉強食なんだと言われたら何も言えませんが


弱いものを守って行くのが文明社会というものです。


ダメなことをしたら、罪になるのです。


こういうことをした子たちを罰するために


ご賛同お願いいたします。
ラベル:Change.org
posted by マミー at 10:42| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

雨の中、助けられた子猫たち







よかったね。


こんな雨の中、体温も低下して、遅かったら死んでいたね。


まして、今は自粛自粛で人が出ないから、誰にも気づかれずに


死んでしまうってこともありうる。


このJETさんって、普段ゲームとか筋トレのことしかつぶやかないんだそう。


子猫を救助してtwitterにアップされると


たくさんの人からフォローされたり、感謝のコメントが来たらしいが


それを鼻にかけるでもなく


子猫が困っているから助けたというような淡々としたスタンス。


ほんとの正義の味方ってこういう人のことを言うのでしょうね。


猫ともども、ずぶぬれになったこの写真を見ればわかるけれど


筋トレをしてくださっていたから側溝のふたを開けることもできたのでしょう。


普通の人では重くてどうにもなりません。


ご本人もずぶぬれになりながら、子猫たちを助けてくださって


ありがとうございます。


ラベル:JETさん
posted by マミー at 11:54| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする