UA-115490970-2

2019年09月10日

今回の台風で





ねこけんさんは、運営がうまくいているようで


見ていて、安心。任せられます。


今回の台風で千葉の被害が甚大で


私も姉が千葉の市原に住んでいるので、いまだに停電。


ソーラーパネルから火が出ているという事態になっています。


コンビニもお店も締まっているらしく、何か持って行ってやろうかと思ってみても


道路もあちこち閉鎖されているらしく


千葉の道に詳しくない私はちょっとしり込み。


まして電車も動いていないので行けずに。


カップラーメンでも送ってやりたいのですが。。。


ねこけんさんはそんなことも物ともせずに


さっさと救助に行って、猫たちを助けたらしい。


この行動力を私も見習いたい。猫たちの命がかかっているのですから


ねこけん代表溝上さんにしたら当たり前なのでしょう。


ねこけんさん、いつもありがとうございます。


ねこけんさんから譲り受けたウニちゃんは元気でやっておりますよ。



46837553_571162239973266_7440240596402307072_n.jpg
posted by マミー at 11:12| Comment(0) | ねこけん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

ねこけんさんの活躍 ブログから





顔が半分亡くなっても、一生懸命生きようとしている姿に何も感じない人いないでしょう。


応援していますよ。


でも、やっぱり痛かったり具合が悪かったりするんだね。


食欲がなくなったり、つらい思いをして


眼球から水を注射器で抜いて、少しは楽になったのでしょうか?


痛いのによく我慢して頑張ってるね。


あと、亡くなってしまった蛆がわいた子ですが


うちの信玄もそうでした。


私が助けに行ったときには、身体にはまだ小さくてやせ細った蛆が歩いていて


ひどい悪臭を放って、やぶ蚊がブンブン信玄の身体に容赦なくたかって


信玄の耳は蚊に刺されて、ごつごつの状態で


半身不随で這いずって逃げまわっていました。


近所の人が猫を助けてくださいと保健所に連絡したら


生きていたら引き取れないと。


死んだら連絡くださいと言われたそうです。


アメリカのように倒れている動物はまず助けましょうよ。


なんですか。死んだら知らせろって。


それを聞いた私はその人がSOSを出してくれて


信玄の存在を知って助けることができたのです。


もちろん、信玄の体力や持っている運とか


ありますが、信玄は生きました。



「シャーシャー」言いながら、治療を受けて


治してくれた先生の顔を見て、迎えに行った私の顔を見上げて


スカイツリーを見ながら自宅に帰ったあの光景は今でも忘れられません。


私もねこけんさんと同じように生きる命なら生かせてあげたい。


どんなに助けたくても死んでいく子もいるのですから。


治療費はかかったけれど、今でも目の前に倒れた猫がいたら


私はお金を持っていなくても獣医さんの所に連れていくと思います。





ラベル:保護猫
posted by マミー at 00:45| Comment(0) | ねこけん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする