UA-115490970-2

2020年02月04日

猫は交通事故に遭うことが多い





この子は、運がよかったらしく


牛専門の獣医さんに診てもらうことができたようで


保護してもらっている状態ですが


見た感じ、ケイジの中を落ち着きなく動いているので


痛いのでしょうか?


今見たら、だいぶ落ち着いてきているらしいですが


自分で飲んだり食べたりできないので点滴を受けないと衰弱してしまいます。


獣医さんのいないところらしいので


治療してもらうには、獣医さんのいるところまでいかないとダメらしく


出来る限りのことをしたいと保護主さんは言ってくれています。


猫も虐待する人に出会ってしまうか、保護してくれる優しい人間に出会うかは


紙一重で、ほんとにみんながほんとに弱っている動物を保護してくれる人ばかりだといいのですが。


家の信玄を保護した時のことを思い出してしまいました。


元気になってくれるといいなぁ。
ラベル:猫の交通事故
posted by マミー at 19:23| Comment(0) | 外猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

幸せを感じる動画です。





いつもいつも嫌な事件の記事ばかりかいていますが、


動物好きとしては時々うれしくなるような動画もあって


いいなぁと思う事もあるので


今日はそういう動画のご紹介。


「自転車で世界を回っている男性が1匹の子猫と出会います。



その子猫はどこ迄もその男性の後をついてきて、



独りぼっちにしたら生きていけないだろうというようなところだったので



男性は一緒に旅をすることにしました。


その猫によって旅は違うものとなったのです。


二人はベストフレンドになりました。」


人間と動物ってこういう関係であって欲しいのです。


ケガしていたら病院に連れていくのが自然だし、


お腹が減っていたら、持っているご飯を分け合うのが自然だし


こういうことを自然にできているのが暖かい気持ちにさせてくれる


動画です。


これを見て、ほっこりしてください。シェアします。
ラベル:世界旅行
posted by マミー at 00:43| Comment(0) | 外猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

こういうのは切ない








朝いちばんに保護しますって言っているのにも関わらず


山の中に捨てられた猫。


お腹がすいていただけなのに、何処に捨てられたのかもわからない状況で


助けにも行けません。


ペットフード関連の会社の倉庫らしいですが


ちょっとの優しさがあれば、こんなすれ違いはなかったでしょう。


野良猫って言うのは野性の猫ではありません。


誰かが捨てて外で生きていかないとならなくなった猫のことです。


去勢手術をしていれば、子猫が増えることもないのに


それをせずに生まれたら捨てるという安易な方法を選ぶ人間の身勝手さが


野良猫なのです。



特に子猫なんて人間の保護下でないとカラスに狙われたり


大きい犬にかまれて死んでしまう子もいます。



こんな寒い時に山に捨てられて、生きていけるでしょうか?


ちょっと優しい目で見てくれれば、こんなすれ違い


切ないです。


遺棄は犯罪なのです。


捨ててはいけないと決められているのです。


それで保護に向けて動いているのに、悲しいです。

ラベル:動物の遺棄
posted by マミー at 23:50| Comment(0) | 外猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

寒い毎日

49840140_593979467691543_5538355762641764352_n.jpg



ホットカーペットの上に毛布にすっぽりくるまって寝ている猫たち。


こんな寒い日は、外猫はどうしているんだろう。


どんなところで暖を取っているんだろうと思います。


だから、車を運転する時もエンジンルームが気になって


猫が入り込んでいないか、鳴き声が聞こえないか


心配です。


トランクやエンジンルームをバンバン叩くくらいでは


猫は出てこないときもあります。


子猫なんて、寒くて入り込んでも


力がなくて、道路で落ちてしまい交通事故という事もたくさんあります。


よく、何処から来たのという子猫が道路にポタっといるときがありますが


それは車の内部から落とされた猫です。


車を運転する人は、エンジンをかける前にバンバン叩いて


猫をだしてから運転お願いします。


ぬくぬく寝ている子を見るにつけ、お外で過酷な生活をしている猫たちのことを


思います。


先日もtwitterで、事故で半身不随の子が誰も里親名乗り出なくて


まだ募集しているのですが、引き取ってあげたいのですが


気持ちはあるのですが、金銭的にその子に充分な治療をさせてあげられるだけのものが


無いことがネックで、名乗り出れません。


信玄と同じように状況で、ただ山口県と遠いので


悩ましいところです。


どうか外猫に暖かい目で暖かい愛情を注いでください。
posted by マミー at 12:12| Comment(0) | 外猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする