UA-115490970-2

2019年08月01日

あの猫虐待魔大矢誠が。。。。猫の為に体を張って守ってる井上氏を名誉毀損で訴える

2019-08-01_164110.png












猫の生きる権利を簡単に



それも今だかつて見たことのない残虐な方法で奪っておいて



名誉棄損?



そういう事を言うのはきちんとした人生を生きてきた人だけが出来ることで



実際にやったことを拡声器で訴えただけで何で井上さんが名誉棄損?。



これは猫を可愛がっているもの全員を敵に回したことになりますよ。



私たちが大矢に対して、やりたくてもできないことを井上さんがやってくれただけで



私だって、実際に街で大矢に出会ったら、



バーナーで火をつけてしまうかもしれない。



耳に熱湯を入れてしまうかもしれない。



そんな自分を抑えられるか分からないほど



心のなかには沸々と大矢に対しての感情が消えることなく



くすぶっているのです。



こんなに人のことを憎めるんだって改めて思ったこの事件。



猫や動物を殺生したものは先祖末代まで呪われると言うのは



こういう事なんですね。



人に憎まれ、恨まれることをしたものはこの先



心休まることはないでしょう。



猫の神様が見ていますよ。
posted by マミー at 17:05| Comment(0) | 大矢誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

娘を性的暴行の父に無罪判決 識者からも疑問の声





記事を読む限り、「飼裁判長は過去に何度も無罪判決を出すことで、界隈では知られた存在だった。」そうです。


この怒りは大矢の裁判の時の怒りに似ています。


13匹以上の猫にひどい虐待をして、これでもかと言うくらい


死なないように酷い虐待を続けた大矢誠。


納得いかない判決でした。


この裁判の判決を聞いたときに、その大矢事件を思い出しました。


納得いかない。


この女の子はこの世に正義はないのかと思ったことでしょう。


猫たちもそうです。


苦しんでいるのを、あざ笑って喜んでみて、興奮していたやつら。


考えるだけではらわた煮えくりかえります。


一生懸命に生きていた命にそんなことをして、自分だけ幸せに暮らせるわけはありません。


絶対に幸せに何かなれません。


天網恢恢疎にして漏らさずですから。


私がやらなくても、罰は自然に与えられるでしょう。


そういうものです。


命をあざ笑ったり、小さな命でもそういう事をしたら


一寸の虫にも五分の魂ですから。



この鬼畜の父親の犠牲になった女の子の将来を案じます。


忘れられるわけないですが、父親のことなんてすっかり頭から消し去って


幸せになってほしいです。

posted by マミー at 23:49| Comment(0) | 大矢誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

8/24は大矢誠の誕生日だったらしい


皆さん、大矢誠って知っていますか?


猫好きの間では知らない者はいないくらい、超有名人です。


超要注意人物です。


そんなそんな大矢が誕生日だったらしい。


罪のない野良猫を捕まえて、害獣といってひどい虐待をして、それも死なないように工夫して


それをリアル動画で流して、同じような仲間と苦しむ猫たちを見て笑って、喜んで鑑賞していたのです。


あまりのひどさに警察に通報され、逮捕されました。


逮捕されたとき、薄笑いを浮かべ、今思い出してもあの顔は気分が悪くなるほどです。







事件が発覚してから、会社も首になり、何を思ったか整形をして、名前も変えて。。。


でも、どこに行っても猫を守りたい人たちから監視され、動向が注目されているやつです。






私たちは忘れませんよ、何度整形して逃げようとあなたの顔。


自分より小さな弱い動物にひどいことをして喜んでいるやつらは許せません。







もし自分が飼っているかわいいペットが逃げてしまって、


こんな奴らに捕まったら。。。と考えてください。


自分には関係ないと思わないで、無関心が一番の罪です。


一生懸命生きている野良でもこんな事していいわけがないです。


一人でも多くの方が杉本彩さんの動物虐待厳罰化請願署名にご賛同くださいますように、


よろしくお願いいたします。
posted by マミー at 00:57| Comment(0) | 大矢誠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする