UA-115490970-2

2019年05月08日

黒猫は不吉?そんなことありません。幸せを運んでくるのです。





うちの黒猫は鍵しっぽです。


鍵しっぽの黒猫は幸せを運んでくると言われています。


前にも黒猫を飼っていましたが、三女が同じような黒猫を拾ってきて


家に入れていましたが、家族はそれをしばらく気が付きませんでした。


だって、黒猫が歩いていても、ただ黒猫って思うだけで


まさかうちに2匹いるかどうかなんてだれも認識しないから。


でも、さすがに気がつきました。


そのあと、いた場所に返しに行かせましたが。


黒猫は、かわいいですよ。ちょっと神経質で怖がりですが。


しゃべる猫で有名なしおちゃんもモフモフの黒猫です。


かわいいですよね。


真っ黒いから、鳴いたりした時、口が開くと可愛いですし


目を開けているとき、かわいいです。


普段が真っ黒い塊だから、行動をしたときに目立つのです。


黒い猫は写真撮るのが難しいのは確かです。


ほんとに気を使って撮らないと真っ黒いただの塊に映ってしまうから。


39441154_518881628534661_310658489212993536_n.jpg


上の動画は黒猫の可愛さが際立っています。


黒猫は不吉と言って、保護団体でも里親が見つからないと言われていますが


可愛いので、幸せを運んでくるので、里親になってください。


お願いします。


岩合光昭さんも黒猫を撮っていますが、京都の竹林の写真なんか


黒猫だからこそだと思います。



2019-05-08_114450.png
出典:https://www.olympus.co.jp/features/iwago/cat/japan4/?page=features_iwago
ラベル:黒猫
posted by マミー at 11:46| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

先日の連れ去られたちゃこちゃん、見つかったそうです。








何のために連れ去ったのでしょうか?


でも、元気で見つかってよかったです。


最近は、色々ニュースとかでもやっているので


怖くなって返したのでしょうか?


戻ってきたいきさつがまだよくわからないのですが


拡散していたので、誰かから情報が来たのでしょうか?


でも、最悪のことも想像してしまうので


よかったです。


お外の保護猫ちゃんは危険がいっぱいですね。


知らない人に連れていかれても、警察は動いてくれないみたいですから


自衛しないとなりませんね。


保護猫と言えども、安心できない今の時代。


怖いですね。


監視カメラが必要です。
posted by マミー at 22:02| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

行方不明のはとちゃんでしょうか?






三重県鈴鹿市の保護されている場所から拉致されたハチ割れ猫のはとちゃん


みんなが必死に探していますが


犯人の男が住んでいる場所辺りで今日、見つけましたというtwitterがアップされていますが


もう誰か確認&捕獲に向かっているのでしょうか?


はとちゃんならいいですね。


はとちゃんでしょうか?


2019-04-02_094302.png


ほんとに見つかって元の場所に帰れるといいですね。


お近くの方、保護されていた方に連絡してくださいね。


そして、確認してもらってください。


はとちゃんが元気だといいです。


それを祈っています。
ラベル:三重県鈴鹿市
posted by マミー at 15:41| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

山口県下関市 猫虐待 緊急預かりさん募集です





またまた、猫虐待です。


写真を見ましたが、よく生きていてくれたというくらいの傷です。


刃物で切り付けられたであろうという傷ですが、


そんな刃物をもって歩いている人間がいるという事です。


触ったらやけどするような劇薬をもっている人間が


山口県下関市にウロチョロしているという事ですよ。


山口県って確か犬を捨てる人がたくさんいて野良犬もたくさんいるところでしたね。


犬たちも車でひき殺されたりしています。周南市でしたね。


そんな人ばかりではないのは分かっています。


でも、こんなに虐待事件が続くと山口県と聞くと


イメージがついてしまいます。


一般市民の方は多分知らないのでしょう。


そんなことが起こっていることを。


どうか警察の方々、そういう危ない人をパトロールして


取り締まってください。職質してください。


まだ、そこらへんには保護されていない野良猫がいるそうです。


これ以上の被害が出ないように


私有地に入れないと危ないです。


山口県のどなたか広い小屋とか物置でもいいので


野良猫に開放してもらえないでしょうか?


それか猫を保護してもいいよという方


よろしくお願いいたします。


野良猫の保護にお力を貸してください。




ラベル:山口県下関市
posted by マミー at 11:53| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

先日、殺処分率ワーストの香川県にメールを送りました。


ボラさんが引き出す予定だった子犬を迎えに行ったら、全頭殺処分になっていたという件についてです。


引き出す予定だったにもかかわらずに、罪のない子犬が全部殺処分されていたことはとてもショックでした。


前にも、里親さんがきまって、成犬を保健所から引き出す予定で行ったところ、


手違いで殺処分になっていたという痛ましい事があって


今回も同じことがなされたのか、香川県生活衛生課に問い合わせたのです。


そしたら、以下のようなお返事いただきました。



香川県生活衛生課です。メールを拝見しました。
お問い合わせいただきましたことについては、収容中の子犬においてパルボウイルス感染症が発生し、本感染症は感染力が強く、子犬においては致死率が高いことから、パルボウイルス感染症の拡大を抑止することが第一と考え、同一ケージ及び同室でそのケージを使って飼養された子犬について、殺処分することを判断したものです。
しかしながら、こうした対応は犬の殺処分数、殺処分率が全国ワーストである本県の現状からすると、決して好ましい対応ではなかったと考えています。今後は、今回のような場合であっても、感染を防ぎながら少しでも殺処分を減らすように工夫できないかなど、他県での取り組みも参考にして対応を具体的に検討し、この事案を踏まえ、感染症発生時の対応について、改めて整理したいと考えています。
また、殺処分を行った犬の中には譲渡予定であった犬も含まれており、譲渡に向けてご準備いただきました譲渡ボランティアの方には大変申し訳なく思っています。
今年3月に開所するさぬき動物愛護センターにおいては、獣医師による健康管理や不妊去勢手術を実施し、動物看護師や訓練士の資格等などを有するケアスタッフによる基本的なしつけを行ったうえ上で、譲渡ボランティアなどの方々と協力・連携して譲渡を推進していくこととしています。
今後とも、人と動物との調和のとれた共生社会の実現に向け、動物愛護の推進に積極的に取り組んでまいります。



ほんとに、罪のない命を無駄死にさせることなく、


少しでも里親さんに引き取ってもらう努力をしてほしいです。


今回は死亡率の高いパルボウイルスだったということで


これからはきちんとしたケアスタッフで管理してほしいと心から思います。
posted by マミー at 00:35| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする