UA-115490970-2

2020年07月23日

その子猫が

夜に💩をしたのですが



それが下痢できちんとした形になっていないのです。



それでまた病院です。



109925322_963235960765890_4503508462879560020_o (1).jpg



そしたらこの子猫、コクシジウム症だったのです。



コクシジウム症は、コクシジウムという原虫が小腸の細胞に寄生し、増殖することによって起こる病気です。コクシジウムに感染したネコちゃんの糞便中にはオーシストという卵のようなものが排出されますが、ネコちゃんがこのオーシストを口から摂取することで感染します。



大人のネコちゃんは感染しても無症状なことが多いのですが、子猫ちゃんは水様性の下痢が主な症状となります。他のウイルス感染症と重複感染があったり、免疫力の低下により症状が重くなると、血便や脱水、貧血、栄養失調、体重低下などの症状を起こします。

https://www.anicom-sompo.co.jp/doubutsu_pedia/node/1071から引用



それから大変です。


ほかの猫にもうつるので、接触させないようにしないと。



この子が使ったものはもう廃棄だそう。



💩をすると速やかに片づけて、トイレはスチームで熱湯消毒。



ケイジも常に綺麗にして、子猫をどけて



タオルや接触した布は熱湯に付けてから洗濯。



キャリーバッグはスチーム消毒。



子猫をお風呂に入れたいのですが


それはちょっと落ち着いてからにすることにします。



とりあえずは、コクシジウムを消滅させないと。



完全に取り除くのは難しいらしい。



体調を崩さないようにうまく共存していかないと駄目なようです。



毎日、スチームクリーナーを引っ張り出してきて



あちこちにかけまくっています。



私の洋服もお風呂の後に熱湯につけてから



汚れ落ち最強の洗剤で洗濯です。


来週、💩を持って再度動物病院です。



何と言われるか、薬が効いていますように。


posted by マミー at 11:27| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫を保護しました。

翌日は日曜日でしたが、私が行っている動物病院は日曜日もやっているので


朝いちばんに連れて行きました。


蚤がおなかを歩き回っていいるし


目が目やにでぐちゃぐちゃ


痩せていて、今の時点で600グラム、生後1か月という事でした。


歯も生えかけているし


爪もしっかりとがっています。



蚤取りの薬をやってもらい、抗生物質と目薬をもらって帰りました。



ケイジを出して、ケイジの中に入れるトイレと爪とぎ



いろいろ準備をして、ベッドも出して中に入れると



疲れていたのか寝てしまいました。


115983877_963209060768580_7508209533418684543_n.jpg


ポロポロ蚤が落ちてきます。



ご飯もガツガツ食べています。



東京は雨続きで寒かったので



まずは保温に務めたのですが



食欲もあって元気でまずはよかったです。


posted by マミー at 11:10| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子猫が来ました。

家には3匹の猫がいます。


だからやたらには、子猫を保護したりはしないのです。


110055992_963209110768575_5488749412698466261_n (1).jpg


前から、この辺りには野良猫が多いのは感じていました。



猫の耳もさくら耳にはカットされていなくて、保護活動がされていないのかなぁと感じていました。



この子猫も見かけたことがあって、小さい子猫がいるなぁと思っていたのですが



何匹かの猫といつも一緒にいるので



母猫と一緒なら一緒にいた方がいいので保護したりはしないのですが



仕事帰りの土曜日、7時半過ぎ



小学生の家族がこの子猫を囲んで途方に暮れていて



猫を飼ったこともなく、猫を病院に連れていかないと



でも、もう病院は閉まっているし。。。と悩んでいたところに私が通りかかったのです。



子猫を見たら、右眼は眼球がなく、かろうじてある左目も猫風邪で目やにでぐちゃぐちゃ



鼻が詰まって呼吸するたびに苦しそうだったのです。



それを見たら、道路に飛び出している子猫を必死で抑えている小学生を見たら



保護しないわけにはいかない。



という事で家に連れて帰ったのです。



お腹がすいているようでしたので



サッと簡単にお風呂に入れてドライヤーで乾かしました。


東京は雨続きで寒い日が多かったので


ベッドにホッカイロを入れて保温して


家にあった猫ご飯(シニア用ばかり)の中で流動食があったので


それをあげて、チュールも食いつくように食べていました。
posted by マミー at 10:44| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

信玄の病状

昨日の検査結果によって、入院か否か決まるところでしたが


肝臓の数値がふり切れていて最高値1000を表示していたものが


なんと昨日の検査結果で272になっていて、


それでも高いのですが、入院は避けられました。


安心したのか帰ってきたら、ウエットフードも食べて


よかったよかった。


この人は、病院に入ると全然ご飯を食べなくなって


9月に引っ越した時に、ペットホテルに預けたら


食べるように成るまで2〜3ヶ月かかったのです。


やっと、普通の食生活になったところ今回の病気で


今回、絶食になったらたぶんこの人死んじゃうと思って


それは避けたかったから、よかったです。


でも、チュールばっかり食べるようになって


体重がまた5.8キロになって太ってきたぞ。


体重管理は難しい。


90431602_878694095886744_4844430807298736128_o.jpg


首から血を取られて不機嫌なおこ信ちゃん


帰るときはさっさとキャリーに入ります。(笑)
ラベル:肝臓
posted by マミー at 11:12| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

今日も病院の信玄

ご飯もモリモリ食べて、(主にチュールかけて)元気になってきたみたいで


体重も増えてきました。


明日の検査結果で考えましょうと先生。


薬も飲んで効いてきたら、入院しなくてもいいかもしれない。


信玄、がんばれ!!


こたつの中で爪を研ぐ音が聞こえてきて、元気そう。


ほんとはロイヤルカナンのカリカリを食べてくれると安心なんだけど。


おしっこの方も心配だし。


まぁ、今は食べること優先でしょうがないですが


チュールばっかり食べるのも心配。


入院になって絶食になるのも心配。


毎日、元気でご飯を食べ、いたずらをして駆け回っているのが一番しあわせなんだ、


それが一番いいんだという事を思い知ります。


このコロナウイルスでも、なんでもない日常がいかに幸せかという事が


身に沁みますね。


信玄、元気になれ!!


90451544_877851595970994_5522443260997402624_o.jpg
ラベル:肝臓
posted by マミー at 13:53| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする