UA-115490970-2

2020年08月09日

保護した子猫ですが

私は外猫でもお母さんと一緒にいる子猫は保護しません。


いつも、何匹かの猫がいつも集まっている車の止まっていないよその方の駐車場。


そこで謙信を見かけていたので知っていたのですが


そばに謙信そっくりの猫もいるので多分家族、兄弟で一緒にいるんだろうと思っていたし


時々、猫缶が転がっていることもあるので


誰かがお世話しているんだと思っていたから


見ているだけでまさか保護することになるなんて思っていませんでした。



117303296_975468836209269_4217087886933501713_n.jpg



昨日の涼しい夜にまたその場所に集まっていた猫たち。



その真ん中に謙信そっくりの毛色の美人猫さんがいるので多分謙信のママなんだろうと。



最初の日こそ、ママを呼んで一晩中鳴いていたけれど


今は元気で遊んでいます。


目も猫の目の専門の獣医さんに連れていこうと思っているし


片目だけでも残してあげたいので


いつかは、そのママに報告したいと思っていますよ。


117227999_975468889542597_2211954076852542883_n.jpg



117052744_975468932875926_2927402359521353180_n (1).jpg



よく食べるし、遊ぶし、体も大きくなってもう1キロいっているのではないでしょうか。


はやく先住猫たちに合わせてあげたい。


一緒に猫団子で寝られますように。


posted by マミー at 09:04| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

子猫の片目も

110175813_963209010768585_6257382987574300492_n.jpg



110055992_963209110768575_5488749412698466261_n (1).jpg




最初は目やにでぐちゅぐちゅしていたのですが


目薬をさしたらすぐにきれいになって



今日あたりは、ちょっと眼球のないところがくぼんできてしまっています。



もう一つの残った目も真ん中も空気が入っているようにぷくっと膨らんでいます。



せめて、もう一つの目は出来る事なら残してあげたい。



いまは、見えているようです。



ご飯も最初はスープ状のものを与えていたのですが



野良だったからか



多分大人と同じような餌を食べていたようで



ほぐしてあるものなら、もうミルクなんて見向きもしないでガツガツ食べています。



今日、Amazonから早速子猫用のフードが届いて



それをあげたらモツモツ食べています。



やっぱり、まだ赤ちゃんだもの、ムースがいいよね。



109790367_963250710764415_2072074377549960120_n.jpg


110315089_963250740764412_3558045061033481553_n.jpg


これも買ってみました。


ふやかして食べさせたいと思いますが、これでよかったでしょうか?



私がそばに行くと何かされると思うのか、隠れます。(笑)


2階の猫たちも階下から猫の鳴き声が聞こえるし


私の様子からも階下に行くと言わずに


狭い2階で我慢してくれています。


もう少しだよ。


2階には面倒見のいいウニがいるし


一緒にくっついてねられるよ。



もう少しだよ、頑張ろうね、謙信。
posted by マミー at 11:54| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その子猫が

夜に💩をしたのですが



それが下痢できちんとした形になっていないのです。



それでまた病院です。



109925322_963235960765890_4503508462879560020_o (1).jpg



そしたらこの子猫、コクシジウム症だったのです。



コクシジウム症は、コクシジウムという原虫が小腸の細胞に寄生し、増殖することによって起こる病気です。コクシジウムに感染したネコちゃんの糞便中にはオーシストという卵のようなものが排出されますが、ネコちゃんがこのオーシストを口から摂取することで感染します。



大人のネコちゃんは感染しても無症状なことが多いのですが、子猫ちゃんは水様性の下痢が主な症状となります。他のウイルス感染症と重複感染があったり、免疫力の低下により症状が重くなると、血便や脱水、貧血、栄養失調、体重低下などの症状を起こします。

https://www.anicom-sompo.co.jp/doubutsu_pedia/node/1071から引用



それから大変です。


ほかの猫にもうつるので、接触させないようにしないと。



この子が使ったものはもう廃棄だそう。



💩をすると速やかに片づけて、トイレはスチームで熱湯消毒。



ケイジも常に綺麗にして、子猫をどけて



タオルや接触した布は熱湯に付けてから洗濯。



キャリーバッグはスチーム消毒。



子猫をお風呂に入れたいのですが


それはちょっと落ち着いてからにすることにします。



とりあえずは、コクシジウムを消滅させないと。



完全に取り除くのは難しいらしい。



体調を崩さないようにうまく共存していかないと駄目なようです。



毎日、スチームクリーナーを引っ張り出してきて



あちこちにかけまくっています。



私の洋服もお風呂の後に熱湯につけてから



汚れ落ち最強の洗剤で洗濯です。


来週、💩を持って再度動物病院です。



何と言われるか、薬が効いていますように。


posted by マミー at 11:27| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫を保護しました。

翌日は日曜日でしたが、私が行っている動物病院は日曜日もやっているので


朝いちばんに連れて行きました。


蚤がおなかを歩き回っていいるし


目が目やにでぐちゃぐちゃ


痩せていて、今の時点で600グラム、生後1か月という事でした。


歯も生えかけているし


爪もしっかりとがっています。



蚤取りの薬をやってもらい、抗生物質と目薬をもらって帰りました。



ケイジを出して、ケイジの中に入れるトイレと爪とぎ



いろいろ準備をして、ベッドも出して中に入れると



疲れていたのか寝てしまいました。


115983877_963209060768580_7508209533418684543_n.jpg


ポロポロ蚤が落ちてきます。



ご飯もガツガツ食べています。



東京は雨続きで寒かったので



まずは保温に務めたのですが



食欲もあって元気でまずはよかったです。


posted by マミー at 11:10| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子猫が来ました。

家には3匹の猫がいます。


だからやたらには、子猫を保護したりはしないのです。


110055992_963209110768575_5488749412698466261_n (1).jpg


前から、この辺りには野良猫が多いのは感じていました。



猫の耳もさくら耳にはカットされていなくて、保護活動がされていないのかなぁと感じていました。



この子猫も見かけたことがあって、小さい子猫がいるなぁと思っていたのですが



何匹かの猫といつも一緒にいるので



母猫と一緒なら一緒にいた方がいいので保護したりはしないのですが



仕事帰りの土曜日、7時半過ぎ



小学生の家族がこの子猫を囲んで途方に暮れていて



猫を飼ったこともなく、猫を病院に連れていかないと



でも、もう病院は閉まっているし。。。と悩んでいたところに私が通りかかったのです。



子猫を見たら、右眼は眼球がなく、かろうじてある左目も猫風邪で目やにでぐちゃぐちゃ



鼻が詰まって呼吸するたびに苦しそうだったのです。



それを見たら、道路に飛び出している子猫を必死で抑えている小学生を見たら



保護しないわけにはいかない。



という事で家に連れて帰ったのです。



お腹がすいているようでしたので



サッと簡単にお風呂に入れてドライヤーで乾かしました。


東京は雨続きで寒い日が多かったので


ベッドにホッカイロを入れて保温して


家にあった猫ご飯(シニア用ばかり)の中で流動食があったので


それをあげて、チュールも食いつくように食べていました。
posted by マミー at 10:44| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする