UA-115490970-2

2020年04月03日

昔から、こうらしい。有名な虐待ペットショップ#ペットカレッジタイム #島根県出雲市





島根県ですか。遠いなぁ。ペットカレッジタイム 


これって虐待以外の何物でもないです。


なのに警察は何もしないのでしょうか?


このペットショップの男、注意しに行った男の人を殴って


新聞に載っています。傷害ですね。恐ろしい男です。


ドラム缶って言うから普通の1メートルくらいの物かと思ったら


その上にもう一つ重ねた高いドラム缶です。


2020-04-03_182847.png


2020-04-03_182913.png



2020-04-03_182711.png


2020-04-03_182752.png


私でも届きません。


そんな高さに上らされたら、横になることもできません。


これってワンちゃんに何をさせたいのでしょうか?


しつけ?


ここにトレーニングに来たワンちゃんは、目を殴られ


心臓の位置がずれていたから、虐待された痕跡ありと言われたらしいです。



2020-04-03_182820.png


こんな男に動物を預けたら


可哀想です。


早く救出できるといいです。


posted by マミー at 18:59| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

悪質ブリーダーによる繁殖の残酷さを見てください。





多頭飼い崩壊のブリーダーからたくさんのペルシャ猫が保護されたのですが


みんなひどい状態で、栄養状態も悪く


ストレスで普通の状態ではない猫ちゃんもいたようで


その中でも、何匹かはすでに妊娠しており、


栄養状態のよくない母猫から生まれた子は奇形やこのポプリちゃんのような子も。


これって。。。。


虐待ですよ。


これがブリーダーのやることですか?


アメリカにもひどいパピーミルという繁殖屋がいますが


それと同じ状態ですね。


子を産む母猫自体もひどい健康状態で


その中で子猫を生まされ続けて、ひどい状態で身体を壊しています。


このポプリちゃんは、何のために生まれてきたのでしょうか?


かわいそうという言葉では生ぬるい。


天使です。


でも、現実ではポプリちゃん


何も見ることも食べることも、ママのミルクを飲むこともできないのです。


こういう子が他にも生まれて死んでいるそうです。


頭蓋骨の形成不全で脳が見えて、目や鼻も確認できないそうです。


出血し続けて、ただただうごめいて


動かなくなって死んでいく。


何のために生まれてきたのか。


何の楽しみも味わえずに。


今度生れてくるときは沢山かわいがってもらって


幸せになってほしいと願っています。
posted by マミー at 17:10| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

なんでこんなこと





最近、散歩中の犬をけしかけて、猫を襲ったり


道路で丸まって寝ている猫を車で減速することなくひいていくやつ


なんでそんなことできるんだろう。





私もこの場にいたら、絶対に止めに入って


私が噛まれたら、警察を呼んで、大げさに騒げるし、訴えるし


ほんとに訴訟もできるけど、野良猫だと警察も動かないのでしょうか?


飼い主も止めないってどういうこと?


母猫の気持ちを想像できないのでしょうか?


信じられない。


お産したばかりの猫でしょう。


卑怯ですよ。


もっと大きいやつにかかって行けよ。


どう考えても、抵抗できない自分より小さな奴にかかっていく犬を止めない飼い主。


私だったら、犬を蹴っているかもしれない。


こういう写真を見てしまうとほんとに


泣けてきます。


子猫を残して死んでいった母猫の気持ちがわからない奴なんて


犬を買う資格ないですよ。


こんな奴ばっかりで、悲しいです。



ラベル:外猫・飼い猫
posted by マミー at 10:06| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

自分より小さな動物を虐待する卑怯な人間が裏の顔で潜んでいます。






なくならない動物虐待。


虐待して画像をアップする虐待もなんか根深いものを感じます。


心に何か不満のようなものがあってそれを解消できない恨みを猫たちにぶつけて


スカッとしたいというような、心の闇を感じます。







こいつも、動物愛護活動をしている人たちをさけて、


そこに猫が集まるのを利用して


猫たちを捕獲して虐待している奴です。


確か、アイコンを変えてまたtwitterに出てきています。


昔は、手作りの野良猫ハウスを壊したりしていましたが


今は、していませんね。同一犯でしょうか?






そうですよ。

このように虐待犯は自分の近くに潜んでいます。


火ないところに煙は立たないです。


早く証拠が見つかり、犠牲になる猫を助けてあげたいです。


虐待犯の証拠を見つけられそうってなると


警察が動いていることを察知すると止めて潜んでいるので


見つけられないのです。


でも、そこであきらめるとダメなので


我慢比べです。


そのためにも、野良猫を増やさないように


子供を増やさないようにしないと虐待は減らないのです。


虐待された猫が最近、増えていて


それも人懐こい子たちが寄って行くので犠牲になるのです。


先日も尻尾を捕まえられ、腰を強打された猫ちゃんは半身不随の状態で発見され


今、病院で治療中です。


人懐こい猫の方がやられてしまうのでかわいそう。


人の対する恐怖心を持ってしまっ本当にかわいそうです。


あいつらはそれを笑って喜んでいるのです。


絶対に許せないです。


posted by マミー at 10:52| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

この動画を見た時に、心が痛い。



動物虐待ももちろん反対ですが


この動物たちの心を裏切る行為。


同じ人間として許せません。


なぜ?という思いです。


この子もきっと心では忘れないと思いますよ。この女の顔を。


前に、飼い主に散歩中に蹴られてたれいちゃんと言うワンちゃん


SNSで拡散されて、ニュースにもなったのですが


保護団体に保護されて、その後幸せに暮らしていました。


今は、亡くなってしまったのですが。


その間も飼い主が所有権がどうとかで、れいちゃんを返せとか色々あったのですが


一時、飼い主に返還されたことがあったのです。


その時、れいちゃんは保護団体の方を追いかけて


その人を家じゅう探して、


元の飼い主の方は一切見ないでいたそうです。


犬にも分かります。


自分を愛してくれる人を。


自分を大事にしてくれる人を分かりますから


この子もきっと今一緒に居る人を、愛してくれる人をきっと


大好きだと思います。


幸せになってね。


こんな残酷な画像、二度と同じようなことがありませんように。


ラベル:YouTube
posted by マミー at 13:42| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする