UA-115490970-2

2019年05月19日

YOU TUBE動画 ハムハムTV 批判殺到 ハムスターを真っ青に染める男





チャンネル概要では、虐待などの批判に対して、「動物に過剰に依存し、少し変わった飼育方法をとる飼い主を攻撃します。彼らは動物愛護を言い訳に人間への恨みを晴らしているだけなのです。感情で行動しているだけなので、論理も通じません」とコメントしている。




こんなカラーが小さなハムスターにいいわけがないです。


化学物質で汚染されて、健康でいられるわけがない。


犬でもカラー(犬用でも)で死んでしまう子がいるのに、


犬以外の生き物には使わないでくださいって明記してあるのに。


虐待かどうかは自分がやられたらどうかと考えれば自ずとわかるはずですが


この飼い主は理解できないみたいですね。


今まで、虐待で捕まった人たちと同じような臭いがしています。


小さな弱いものにしか、出来ないんです。


「ハムハムTV」ではこのほかにも、狭いビンの中にハムスターを閉じ込める動画や、


紐を付けた餌に食いついたハムスターを釣り上げるという動画なども公開しているそうです。


こんな小さな生き物を食い物にして動画を作って


観客を集めるって許せません。


「ちょっと変わった飼育方法をとる飼い主を攻撃する」って


ちょっと変わった飼い方じゃないです。


変質的虐待ですよ。


獣医さんに聞いて見ましょうか?


このハムスターが早く保護されることを願います。


でも、すぐまた同じことをするんだろうな、こういう奴って。


ハムスターって簡単に手に入るし。


虐待犯をまた簡単に動物が手に入るようにしてはだめです。


どうにか止めさせたいですが、今の日本の法律では


無理なのでしょうか?


それもこれも動物虐待に対しての懲罰が軽すぎるんですよ。


生き物の命をもっと大事にしましょう。
ラベル:ハムハムTV
posted by マミー at 00:46| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

千葉市美浜区の海沿い稲毛海浜公園で起こっている猫虐待事案





2月8日午後5時半ごろ、民間航空記念館の脇で尻から血を流している猫が発見された。

首周辺に鉛弾を2発撃ち込まれていたが、一命をとりとめて現在もボランティアに保護されている。

同園にはひとみのような地域猫が約50匹おり、ここ数年間で虐待と思われる事件が少なくとも9件発生している。

同園を管理する千葉市美浜公園緑地事務所が説明する。

「'16年3月から7月にかけて、合計5匹の猫の首や尻尾、頭のまわり、背中、足に接着剤のような粘着性物質がかけられる被害が起きています。

ドロッとした状態から、固まったものまでありましたが、ボランティアが毛を刈るなどの処置をしてくれました」

 昨年9月にはビーチセンターの東屋で猫が吐血し、苦しんでいる姿が発見された。

「すぐ現場に駆けつけましたが、ほどなく死んでしまいました。

ボランティアが動物病院で検死してもらったところ、耳のうしろに血の塊があったことがわかりました。

同11月には事務所裏の防潮堤付近で口から血を流して死んでいる猫が見つかった。

死因は不明でしたが、人に蹴られたり殴られたりした可能性もあるそうです」(同事務所)

その猫も撲殺された疑いがあるという。

「ボランティア関係者から私はそう聞いています。

園内にはゴルフのクラブを持ち込んでいる人もいる。

植栽の奥にいる猫を探すような不審な男が目撃されており、黒い猫だけを狙っているらしい」 と加藤さん。

また、この2月には園内の電話ボックスのガラスが割られる事案もあり、鉛弾を撃ち込まれた可能性もゼロではないという。

虐待多発を受けて同園は動物虐待禁止の看板を8か所に設置。

一連の事件を動物愛護法違反の疑いで調べている千葉県警千葉西署はパトロールを強化しているが、2月27日には同市花見川区の公園で猫が撃た

れたという情報もある。

園内には防犯カメラがひとつもない。

設置に踏み切るのもひとつの手だろう。市はどう対処していくのか、問い合わせた。

出典:フリーライター山嵜信明と週刊女性取材班



千葉県にはエアガンやゴルフクラブを持った虐待犯がいるんですね。


恐ろしい。


何でしょうか。


イライラして猫に当たるんでしょうか?


ただ外で生きているだけなのに、なんでそんなことをされなくてはいけないのでしょうか?


猫を狙って撃って、楽しいのでしょうか?


監視カメラを付けないと散歩もできませんね。


夜に見回りなんてしていたら恐ろしいです。


誰かがエアガンを狙っているんです。


保護施設の人が撃たれたら、撃たれなくても誰かが狙っていたら。。。


虐待は犯罪です。


警察も頑張って捕まえてほしいです。


これ以上の犠牲が出ないようにお願いします。
posted by マミー at 01:12| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

法律で禁止されているトラバサミまだ使っている。





これは法律で禁止されているにもかかわらず


よく耳にします。


野犬や野良猫がかかる可能性があるにもかかわらず


まだ使われています。


田舎の山の方に行くと野犬がかかって、前足のない犬がたくさん見つかったり


今回は野良猫がかかってしまったそうです。


人間がかかったってこれは気絶するほどの痛みでしょう。


それがこんな小さな猫なら足がもげます。


前に私が見たこのトラバサミにかかったワンちゃんは


もう骨がむき出しになって、助けた時には足切断でした。


自分の土地だから何してもいいではないんですよ。


そもそも外にいる犬や猫は人間が捨てたりした子たちなんです。


その子たちのせいではないのですよ。


勝手な人間が捨てて、しょうがなく外で暮らしているのです。


それをさらに罠で、ケガしてもいいやという考えで追い詰めて。


ほかにも自分の土地にはいらないようにできるものはありますので


トラバサミは使わないでください。


法律で禁止されています。


お願いします。


posted by マミー at 01:12| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

日本全国、毎日、どこかで猫が狙われています。三重県四日市市にて子猫虐殺事件





こんなニュースを毎日毎日書きたいのではないのですが



毎日、どこかで誰かが猫を虐待しています。



twitterで誰かがつぶやいていました。


日本に帰ってきて、twitterを始めたら


日本人って何かあると人の言ったことの上げ足を取って


チクチク言って、攻撃したりすることが多く、


日本人ってみんなイライラしているって。



今の日本人はどこか余裕がなく、きっとイライラしているのでしょう。


それを弱い小さな動物にぶつけているのです。


猫に対する虐待って社会のひずみが出ているのです。


「アンネの日記」でも戦争中に大人がイライラすると


それを子供にぶつける。


イライラがより小さなものに行くんだって書いてありました。


今の日本で小さな猫や弱い子猫を虐待するって


社会の問題だと思います。


日本人のイライラが曲がった方向に出て


小さな動物に来るのです。


モルモットを虐待する者。猫を虐待する者。


なのに、国では何も対策をしない。


警察が動いてくれるところはいいですが


虐待者をかばう警察もいるみたいで


猫はものだよって警察官に言われた人もいるそうです。


だから、法律を変えないといけません。


犬猫はものではありません。


同じ命です。


犬猫を虐待する者は人間の弱い者に来ますよ。


うっぷんを今度は人間にぶつけてきます。


だから、子猫でもきちんと捜査して犯人を捕まえないといけません。


子供への虐待と同じように


きちんと捜査をしてほしいです。


そして、犯人を捕まえてください。


子猫のためにも。
posted by マミー at 00:28| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫だけではありません。人間の都合であらゆる動物が虐待されています。






日本に引退したまたはもう走れなくなった競走馬の牧場があります。


私は競馬はやりませんが、走る姿を見て綺麗だと思うし


馬が好きです。


だから、競馬で走らせるのはいいですが


引退した後もそういう牧場でゆっくりと余生をおくらせてあげたいです。


なんですかこの画像。


虐待ですよ。


でも、引退した馬なら誰も何も言わないのでしょうか?


これは日本ではありません。アメリカのケンタッキーダービーですが


日本だって走れなくなった馬や成績のよくない馬は種馬にもなれずに


肉になる運命です。


馬はお金がかかるといいます。


でも、引退した後はゆっくりと牧場で過ごす権利はあると思うのですが


人間がいらないといえば、その子の運命はきまってしまうのです。


人間は神じゃないのに、その子の運命を決めるのです。


苦しい病気や骨折でもう歩けないと言うなら安楽死も選択の一つですが


これ以上お金をかけたくないというだけで


殺したり、この動画のように虐待するのは止めて欲しい。


こういう事実を知ったら、署名運動とかあった時には


署名してほしいです。


よろしくお願いします。
posted by マミー at 00:12| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする