UA-115490970-2

2020年01月18日

家のウニちゃんの具合が悪いです。


今日、東京は雪が降りました。


ここのところ、ずっと暖かかった東京。


過ごしやすい暖冬でしたが、昨日今日あたりから雨や雪が降って寒い日になりました。


すると、途端にウニちゃんが具合が悪くなりました。


子供の頃の猫風邪で目が不自由で身体もそのせいで小さくて弱くて


寒さにめっぽう弱いのです。


寒くなるとゲーゲーと吐いてしまう。


今朝も3回ももどしました。


食べていないから胃に何も入っていないのですがちょっとですが


泡のような胃液のようなものを3回、吐きました。


そのあと、グッタリとして動かない。


ちょっと水を飲みましたが、いつもの元気はありません。


心配しながら、洋服をもう1枚重ねて、小さいホッカイロも背中に追加。


エアコンももう一つの部屋もつけっぱにして仕事に行きました。


いつも、私の後をストーカーのようについて回ってゴロゴロ言って、


お尻ぺんぺんせがむのに


仕事から帰ってきても、おとなしい。


でも、毛布を2枚でくるんでいたらやっと動いて


カリカリを食べて、水も飲みました。


尻尾もピンと上がってきて


今は静かに暖かいところで寝ています。


今日はエアコンを24時間対応にしよう。


ホットカーペットもずっとつけて


その様子で明日病院に行くかどうか決めましょう。


いつもはうるさいくらいにゴロゴロ言ってついてくるのに


それがないとなんか寂しくてつまらない。


どうか元気になってね、ウニ。


83444396_832640480492106_9016179228198043648_o.jpg



ラベル:ウニ
posted by マミー at 23:28| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

最近のうちのウニ

NPO法人ねこけんさんの今日のブログ「4年の月日が流れる…練馬50頭多頭飼育崩壊の猫たち」


2020-01-14_234618.png


うちのウニは、ココの多頭飼育崩壊現場からレスキューされた子です。


身体が小さくて片手で持ち上げられるくらいの小さな猫で


子猫の時の猫風邪が原因と思われ両目が見えなくて


でも、実際は生活に困らないくらいで


賢い子です。


子猫には優しくて、猫団子が好きでよくマーライ君とかと仲良しの猫たちとくっついて寝ていました。


家に来た当初は小さな声で「シャーシャー」言いながらゴロゴロ喉を鳴らしている子で


うちに先住猫タラがいたとはいえ寂しかったと思います。


たくさんの猫がいたねこけんさんの所から家に来て


うちのタラは、一人でいるのが好きな猫でけっしてウニに対して優しくはなかったですから。


そんなウニがすっかりうちの生活にも慣れて、


ご飯もしっかり食べて、💩もしっかり出して、お昼寝してと


時にはタラを負かしているウニ。


生活しているうちに体重も今では3キロを超えて、ちょっとお肉が付いてきました。


私が仕事が休みだとストーカーのようにくっついてきて


私のそばでお昼寝をしているウニ。


すっかり慣れてくれて、病気もしないでうれしく思います。


このまま、ずっと元気でいて欲しい。


ねこけんさんに助けていただいた命をずっと大事に生きていこうね。


賢いウニ、賢かったから、そして周りのいいネコちゃんたちに囲まれて


生きられたんだから、運がよかったんだね。


82593124_829541554135332_5114915375015788544_o.jpg
posted by マミー at 00:14| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

猫を利用して金儲けか






野良猫の環境は過酷です。
しかし野良猫のほうがよほどましということもあるのです。
たったひとつのかけがえのない命
たとえ野良猫でも男に弄ばれるために産まれてきたのでは
ありません。
1匹の飼養能力もない者がいつまでも保護だといっているのは
滑稽です。



この件を知らずに騙される人が出ないよう
どうか拡散にご協力をお願いします。



猫を適切な環境で育てていないにも関わらず


飼い方がずさんで病気になっても医者に見せずに


ひどい状態でいます。


去勢手術もしないので次々と子供を産ませ、


猫って子育てをしていると発情しないので


他のオス猫が子猫を殺してしまうのです。


お腹がすいているとそのまま共食いもします。


子猫がいなくなると雌猫はまた発情するので


また子猫を生んでのくりかえしで


こんな泡を吹いた親猫が出てくるのです。


栄養も十分でないし、環境もひどいし


病院にも連れていかないのに、このひどい状態の写真で寄付を募っているそうです。


そのお金で病院に連れて行ってる様子はないそうで


猫でお金儲けを企んでいる男です。


猫たちの写真で同情をさそってお金を募っているそうです。


お気を付けください。


この猫たちを助けたいです。


わざわざ病気にさせて、写真を撮ってお金を集めているなんて詐欺です。


この多頭飼い崩壊の猫たちを救いたいです。
ラベル:寄付金詐欺
posted by マミー at 00:51| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

あにまる365という団体 多頭飼い崩壊です。


 




最近、こういう保護団体が多いです。


猫でお金を稼げると思うのでしょうか?


実際、この子の病院代寄付お願いしますと言われてお金を送ったら


そいつはパチスロしていたという話がtwitterでもありました。


ここに寄付している方はいませんか?


もう崩壊して、ひどい状態です。


猫たちが死んで、そこに生きている猫ちゃんがいるそうです、


何処にある団体で誰がこの画像を取っているのかも不明です。


これからレスキューに入れるといいのですが。


残った猫の救出が急がれます。
posted by マミー at 12:39| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

またも多頭飼育崩壊現場 犬60匹放棄、飼い主は行方不明 







親族の方がきちんとやってくださったからいいけれど


心無い人だったら、完全に放置だったことでしょう。


優しい人でたぶん犬を飼ってかわいがっていたのでしょうけれど


これは崩壊現場です。


犬を置いていなくなっちゃうなんて。


私だって、助けてくださいってつぶやきを見たりすると


助けたいって心の底から思います。


けれど、今飼っている3匹でもうキャパオーバーです。


これ以上飼ったら、経済的にも場所的にも崩壊してしまうのが


目に見えているので、保護施設にタオルを送ったりしかできないのが


現状です。


結局、犠牲になるのは犬たちで。


せめて、去勢手術しましょう。


できないなら、飼わないという選択も大事です。


他にも、色々多頭飼い崩壊しているニュースが耳に入ってきます。


社会問題になってきましたね。


人間の問題が最後は犬や猫という弱いものにいくのです。


他人ごとではありません。


私だって病気で入院したりという事になったりしたら


なりかねませんから。


まずは自分です。気を付けましょう。


一応、うちは3匹去勢手術終わっています。
ラベル:宮崎県都城市
posted by マミー at 12:04| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする