UA-115490970-2

2019年07月24日

殺すための保護 香川県保健所の事実 顔も表示されず期限はすぐ来て殺処分





生かすための保健所ではありませんね。


ひと昔の要らなくなった犬や猫を処分するための保健所そのものです。



生かす努力を何もしていない。


香川県で生まれた犬や猫は不幸という事になりますね。



こんなこと今の時代にあっていいのでしょうか?


せめて、犬や猫の紹介をして下さい。


譲渡する期限をくださいよ。



福岡県も首輪の付いている猫を捕獲してドンドン殺処分しようと


していますが同じですね。


この事実を知ってください。


そして、闇に葬られている子たちを救いたいです。


簡単に殺すな!!

ラベル:愛媛県福岡県
posted by マミー at 00:45| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

子猫の保護 北海道苫小牧市 













保護してあげたい気持ちはあるが北海道や東京からは遠いところばかり


こんな小さな赤ちゃんは輸送に堪えません。


どうかお近くの方、いませんか?


赤ちゃんは手間がかかるために警察でも面倒見切れなくて


保健所では、職員さんが定時で帰ってしまうと面倒見てもらえないため


殺処分になってしまうのです。


お母さんが一緒ならいいのですが、誰も保護してくれないと


いくらお母さんが一生懸命に面倒見ても親子とも殺処分です。


せっかく助けてもらった命、生かしてあげたい。


以前、東北のある街で可愛い子猫が線路の上で発見されました。


心優しい方が助けてくれたのはいいのですが


保健所に行ったその子はやっぱり職員さんが帰ってしまうと独りぼっち


寒いところに置き去りにされ、


2時間おきのミルクももちろんもらえず、朝になったら身体も冷えて


死んでしまいます。


私が引き取りたいと申し入れたら


保護したいという方がいるならと職員さんが自宅に連れて行って


面倒見てくださいました。



お陰でその子は一命を取り留めました。


でも、私が東京ですと言ったら近くの人じゃないと渡せないと。


そしたら、近くの方で引き取ってもいいと言ってくださった方がいて


その子猫は飼ってもらえることになったのです。


私は飼えませんでしたが、引き取りたいと言ったことで


その子の命は繋がったと


それだけでうれしかったのです。


生きていれば幸せをつかめるチャンスはあります。


死んでしまったら最後です。


どうか未来のある命、子猫の命を救ってくださる方いませんか?


罪のない命、つなげたいです。



どうかよろしくお願いします。


ラベル:子猫の保護
posted by マミー at 12:16| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

この子達はもう、この世に居ません。





人間を信じて待ち続けた子たちが灰になりました。



この子たちは幸せだったでしょうか?


一瞬でも幸せを感じた時があったでしょうか?


こんな死に方させたくありませんでした。


みんな可愛い可愛いと頭をなでられて


愛されて死んでいって欲しかった。


保護して終生暮らせる施設が欲しいです。


殺処分なんてもののないように施設に入って


里親さんを見つけて、見つからなくてもずっとそこで暮らせる施設。


そういう動物に優しい日本であってほしいです。



トルコのように国全体で犬や猫を大事にする国になってほしいです。


阿部さんじゃ無理かな。


私利私欲のためにしか働かない政治家ばかり。


高級車なんてリースする金があったら、千葉県で起こっている猫の虐待事件を何とかしろって


思います。


犬や猫の命なんて頭に入っていないのです。


同じ重さの命ですよ〜


ラベル:ガス室
posted by マミー at 12:16| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連れ去り事件のカオルちゃんが無事飼い主さんのもとへ





今日、報道されていました。


連れ去られて、その後公園で見つかったそうです。


ほんのちょっとのつもりでも、繋ぎ待たせはだめです。


こういうことがいくらでも起こります。


人間の子どもだったらやらないでしょう。


ワンちゃんも家族ですと飼い主さんが言ってましたが


家族なら、ほんのちょっとでも外でつないで待たせることはしてはいけないです。


いたずらする人はいくらでもいますよ。


それで、行方不明になるワンちゃんはたくさんいるらしいですから。


ワンちゃんは夜は室内飼い。


お買い物でも繋ぎ待たせはしない。


これを守りましょう。



今回は見つかってよかったですが


アメリカでは、誘拐されたワンちゃんが闘犬の噛ませ犬にされて


見つかった時には全身傷だらけだったという事もありました。


気を付けましょう。
ラベル:連れ去り事件
posted by マミー at 12:08| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

ベトナムで犬泥棒が捕まえられ怒った人々にボコボコに・・・






前に台湾でしたか


同じようにボコボコにされていた犯人がいました。


中国本土では、Yulin祭りで犬を食したりしますが


台湾は違いますね。


愛犬家が多いです。


ここベトナムは北の田舎の方でまだ犬を食す文化が残っているそうです。


そのためによその犬を盗むやつがいて


自分の愛犬がいないから探していたら、肉にされていたというyoutubeの画像を見たことがあります。


女の子がその肉の塊の愛犬のそばで泣いている奴です。


見ていられません。


可愛がっていた探していた犬が肉の塊になって傍らで。。。



これはその同類の犯人でしょう。



でも、もう愛犬は帰ってきません。


日本でも、犬が猫がいなくなりましたという投稿を毎日たくさん見かけます。


愛犬愛猫の安全のために逃がさないようにしましょう。


今日も1件、猫が車にひかれていましたが、誰か飼い主さんいませんかという


投稿も見ました。


こういうことにならないようにうちの中で猫は飼いましょう。


犬も今は室内飼いが安全ですね。


動物たちの安全を守るのも飼い主の務めです。


ペットとお家で幸せに暮らしていくために


ペットを守りましょう。
ラベル:ペットの安全
posted by マミー at 10:23| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする