UA-115490970-2

2021年06月27日

ペットショップをなくしたいと思っていても





Twitterを見ても、街でお散歩しているワンちゃんを見ても


みんなペットショップで買ったであろう犬種ばかりです。


私は、動物の保護活動を細々としていますが


私の様に保護猫や保護犬という方がたは獣医さんに行っても


ほんの少しです。


最近、ペットショップに行きましたが


相変わらず、ほんとにこの子は母犬から離していい月齢なのかしらと思うほどの小さなワンちゃんが売られています。


あまり早く母親から離してしまうと、心理的にも色々問題があるのです。


でも、変ったと思えることは、時間が来ると展示を止めて子犬を休憩させることでしょうか。


それと、保護猫の譲渡会をやっていることでしょうか。


少しずつですが、改善されていることは確かですが。



最近言われている事は、保護施設では譲渡の条件が厳しくて


譲渡してもらえなくて、仕方なくあきらめてペットショップで購入したという話です。


私も保護施設に行ったら、もう譲渡されない年だと思います。


年齢制限も厳しくて、まして子猫なんて譲渡されません。


だから、よく年取ったご夫婦がペットを飼っていますが


それもペットショップで購入した子たちでしょう。


そして、病気になったりすると、ペットの面倒を見れなくて


捨てたり、施設に入らないとならなくてペットはそのままにほっておかれたりという


そういう事件が多々発生しています。






老犬や老猫の面倒を見る施設というものが不足していて


お金もかかるので、


年取った病気のペットが捨てられたりと


ペットの老齢化問題も増えてきています。





posted by マミー at 14:33| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

こういうのって1番許せない!!




私の知っている近所の人も、家を新築したらペットも新しくしたくなったらしく


いままで飼っていた犬を保健所に連れて行き、新しい犬を迎えたそう。


許せないですね。


飼っていた子に思い入れはないのでしょうか。


その子に対しての愛情や想いってないのでしょうか?


命ですよ。


物ではないです。


こういう人が多いから、日本ではペットはその人の所有物で


何をしてもいいという法律がいつまでも改正されないのです。


飼い犬を虐待していても、警察がなかなか介入できないというのもそれですよ。


家畜の飼い方も法律でメスを入れてよくしていこうと動きの中


養鶏場の鶏の飼い方も良くしないといけないという法律に改正しようとしているのに


政治家がお金をもらっていましたね。500万でしたか。


その政治家は辞めましたが、鶏はそのままの狭いゲージの中で毎日毎日


卵を産むだけに存在し、オスのヒヨコは粉砕機で殺されるのです。


最近もありますね。


飼っていたおばあさんが病院だか施設に入って


猫が3匹、まだその部屋に閉じ込められていると。


でも、勝手に人の家に入ることはできないのです。


猫はそのおばあさんの所有物で


家に入るのも犯罪です。


猫の命はどうなるんでしょうか?


猫の3匹くらい、どうなってもいいという日本人の無関心が一番怖いです。


命、3個ですよ。


重すぎます。


家も猫がいますが、去勢手術に行くのに子猫の時の猫風邪で片目がつぶれていて


残った方も涙がこぼれて、それって免疫力が弱っているそうです。


だから、手術前にどうにか体調を戻さないとと獣医の眼科医の所に行って


目薬をもらってきました。


去勢手術で何かあったらとほんとにドキドキでした。


たかが猫1匹ですが、命は人間が作り出せないから重いんです。


簡単に殺処分するのも信じられません。


物ではないのです。


いまだに、もの扱いでそれが死んだら別の買えばいいやと言う考えが怖いんです。


ペットショップもなくなれ。


殺処分機もなくなれ。


こういう日本人もいなくなれ。
ラベル:保健所
posted by マミー at 13:42| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

前回、記事にした一般社団法人レスキュードアニマルネットワークについて

2020-07-04_103432.png


2020-07-04_103453.png


みだりに誹謗中傷するものを刑事告訴する予定だそうです。


うーん


保護している動物に対する姿勢として


たとえ当たってなくても、蹴るような動作をするのはどういうものでしょうか?


見る方それぞれに判断していただきたいと思いますが


私は、保護団体としてあういう動作をするところは


動物たちがかわいそうと思ってしまいます。


たとえ、たたかなくてもそういう動作をすることで


動物たちを威圧的に脅しているようにも取れます。


そういうところには、うちの子たちはけっして預けたくないですし


そもそもこの動画を撮ったとされる元スタッフも


内部告発的に出したのではないでしょうか?


こういう動画を出されたという事は何か組織として直すべき点があるのでは。


告訴うんぬんと同時に、直すべき点を直し


堂々と批判されないよう活動をしていくことが動物愛護活動には大事と思います。


これからもたくさんの子たちを助けていただきたいからこそ、


これからの活動を見守っていきたいです。
posted by マミー at 10:46| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

都知事選です。

今の小池さんのTOKYO ZEROという政策ですが、


喜んでいたら、いざふたを開けてみたら


病気やけがしている動物の殺処分は数に入れないという事で


実際には、怪我している子や病気で捨てられた子などは東京では


見捨てられ殺処分になるのです。


病気で飼い主に捨てられ、やっと保護されたと思ったら東京にも見捨てられ


殺処分ですよ。


ありえません。2度も裏切るんですか?


東京都は金持ちです。


犬猫にお金が出せないなんてことないと思います。


工夫次第で、捻出できるのです。やるかやらないか。


今回、れいわ新選組の山本代表。


2020-06-19_091754.png



読んで見てください。https://reiwa-shinsengumi.com/policy/



誰に投票しても自由です。


れいわの山本代表に投票することを促すものではありません。


でも、投票行く前にぜひ一度読んでから行ってほしいです。


動物の生体販売禁止。


保護犬猫の譲渡促進。


動物実験の削減の強化、義務化。


ブリーダーからの直接譲渡など。


勉強していると思いませんか?


6か月未満の子がペットショップでは母親から離されて売られています。


絶対にママと一緒に暮らさないと駄目な時期に引き離すのです。


人間でも考えてみてください。


凶暴な性格になったり、引き離すべきではない時期に離してしまうからです。


こういう事もぜひ考えてみてください。

posted by マミー at 09:31| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

雨の中、助けられた子猫たち







よかったね。


こんな雨の中、体温も低下して、遅かったら死んでいたね。


まして、今は自粛自粛で人が出ないから、誰にも気づかれずに


死んでしまうってこともありうる。


このJETさんって、普段ゲームとか筋トレのことしかつぶやかないんだそう。


子猫を救助してtwitterにアップされると


たくさんの人からフォローされたり、感謝のコメントが来たらしいが


それを鼻にかけるでもなく


子猫が困っているから助けたというような淡々としたスタンス。


ほんとの正義の味方ってこういう人のことを言うのでしょうね。


猫ともども、ずぶぬれになったこの写真を見ればわかるけれど


筋トレをしてくださっていたから側溝のふたを開けることもできたのでしょう。


普通の人では重くてどうにもなりません。


ご本人もずぶぬれになりながら、子猫たちを助けてくださって


ありがとうございます。


ラベル:JETさん
posted by マミー at 11:54| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする