UA-115490970-2

2020年02月09日

最近の信玄

引っ越すまえから、信玄はいつもテーブルの下にいましたが


引っ越してきてから、寒くなってきてこたつにしてから(電源は入っていません。ホットカーペットの上にこたつを置いているだけ)


ずっとそこにこもっている信玄。


ご飯もお水もその中で済ませる。


出てくるのは、私が圧迫排尿する時と、お尻浴するときに引きずり出した時だけ。


おしっこするとさっさと自分で中に入ってしまいます。


時々、お天気のいい日は、信玄を出して、抱っこして日向ぼっこしたりしますが


それも数分ですぐに中に入ってしまいます。


信玄って圧迫排尿の時に💩しますが


自分でするときもあって、その時は私を鳴いて呼んで


「片付けて〜」と言います。


この間も、こたつの中にしてしまったときには


顔だけこたつから出して、アピールしていましたが


それ以外はほんとにずっとこたつの中で悠々と寝ています。


あと、お腹減ると鳴いてアピールしますが


それ以外はほんとにこたつを覗かないと信玄の顔は見れません。


ところが最近、


こたつの部屋に不意に行くと


何かがもぞもぞ


夕べも(私は宵っ張りで風呂に入った後、夜中に一人で布団に入って海外ドラマの録画を見ているのです。)


夜中に喉に違和感があって、「そうだ。風邪薬飲むの忘れた。


でも、治りかけだから飲んでおこうか。」と思って


寝ているところから不意に真っ暗なこたつ部屋(猫部屋)に電気を付けずに入ったのです。


そしたら、何かがもぞもぞ動いてる。


小さな電気を付けて見たら、こたつから見おぼえのあるお尻を尻尾が。


慌ててこたつに入った様子。


ウニと一緒にこたつから出てきて寝ていた信玄。


部屋のどこに行ってもいいようにしてあるのに


出てこなかった信玄ですが


最近は、出てきている様子。


こたつから出てきて、ウニと布団で寝ているみたい。


なんか、せっかく寝ていたのに申し訳なかった。


でも、全然出てきて好きに寝ててもいいんだよ。


86186752_847606938995460_3006852882478661632_o.jpg
ラベル:信玄
posted by マミー at 18:23| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

近所の病院に行ってきました。

先生もきちんと検査をしてくれる


好印象の先生でした。


信玄のおしっこはやっぱり、雑菌がいっぱいで膀胱炎でした。


抗生剤を飲んで1週間後にまたおしっこ検査に行くことに。


圧迫排尿の子は、事故にあった時点で膀胱炎からは逃れられないようです。


自分でおしっこする子は病原菌もその時に押しだしているのだけれど


圧迫排尿の子は自分でそれができないんだからしょうがないんだと言われました。


もうおじいちゃんで、半身不随というだけで大変なのに


やせ細った野良でお外で暮らしていた時と


今はそんなこと心配しなくていいけれど、しょっちゅう病院に行って


薬を飲まされて生きていくのと


どっちが信玄にとって幸せなのだろうか。


時々、考えてしまいます。


67154661_701964116893077_5294019720326938624_o.jpg



信玄を助けると言ったとき、選択肢は3つと獣医さんに言われました。


安楽死か、それともこのまま元の場所に返してくるか、


一生、めんどうをみるか。


その時は、獣医さんがなんてことを言うのだろうかとおもったけれど、


野良猫をたくさん保護してきた先生だからこそ、


たくさんの野良の生きざまを見てきた先生だから


そういう言葉が出たのだと


今なら、今の私なら分かります。


その時の私は、


こんなに大事故で死にそうなのに「シャーシャー」言って


逃げようとする信玄の生命力を見て


思わず保護をしてしまったけれど


ほんとは信玄はどうだったのだろう。


このまま死んだ方がいいと思っていただろうか。


誰も助けないなんて人間って。。。ってその時の私は思ったけれど


猫にとっては、どうなのだろう。


生きることに純粋だから、生きようとするだろうが


そこに人間が手を貸していいのだろうか?


信玄をお尻浴させて、そんなことを考えてしまいます。


かかわったからには、これからの信玄が少しでも幸せを感じてくれるように


一緒に頑張って生きていこうと思います。


信玄から教えられることはたくさん。


私が信玄に救ってもらっているのかもしれないのですから。


出会ったのも運命ってことですね。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 19:45| Comment(2) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

信玄のお風呂

26112045_390658181357007_4307454776015476056_n.jpg


引っ越してから、お風呂場が脱衣所よりも低くなって


信玄がお風呂に入る時は、信玄が乗るすのこをちょっと底上げして


そこに寝てもらって、お風呂というか


お尻浴でシャワーでお湯をかけて、お風呂しているのですが


タイマーが切れるとお風呂が終わりになって


信玄をよっこらしょと持ち上げて


脱衣所のタオルの上に乗せるのですが


最近は、タイマーが切れて


私がシャワーを止めて「信玄、終わったよ〜」っていうと


信玄は私がよっこらしょと持ち上げる前に


自分でササササァ〜タオルの上に乗ってくれるのです。


なんだか信玄って、何でも分かっていて


おとなだわぁ〜と感心してしまうのです。


そこら辺の変な人間より全然大人!!


全然、わかってらっしゃる。


ねことは思えない大人ぶりなのです。


それが、お風呂が終わってこたつに潜り込むと


可愛い声で「にゃぁー」と鳴いて


ご飯を催促するのです。


そのギャップが萌えです。


だって、最初、信玄を保護した時は


「シャーシャー」しか言わなくて時々「ケッ」って言われていたから。


「にゃー」なんて可愛く鳴かれると可愛いおじいちゃんです。




ラベル:信玄お尻浴
posted by マミー at 22:42| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

先日、バイクにはねられた野良猫ちゃんですが

今はまだ病院で見てくださっているそうです。
https://twitter.com/nyanko20170810/status/1185541871046512641?s=19
うちの信玄も病院に最初連れていったとき、先生に安楽死させるのか治すのかと聞かれ、一瞬悩んだのを覚えています。
でも、背骨が折れて、こんなに怪我をしても必死で生きようとしている一個の命を消すなんて出来ませんでした。
その時「助けます。」って答えてました。
信玄も野良なので、シャーシャー言って、治療も大変でしたが、今ではこんなに慣れてくれています。
52534560_617836981972458_9002939385917734912_n.jpg
安楽死なんて簡単に言わないで欲しい。
助けようとしても助からない命もあるのです。
助かった命なら助けて欲しい。

ただ、今後の引き取り手がいるのでしょうか?
本人のまだ本調子でない体力的な事もあるので、本当は近いところに貰われていくのがいいですね。
でも、安楽死とかなら、遠方でも引き取ってくださる方にお願いしてほしい。
猫は回復力あります。本人も一生懸命に食べているみたいだから、応援します。
頑張って👊😆🎵‼️
そして、誰もいないようなら私が引き取りますよ。
posted by マミー at 00:34| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

今日は、信玄の話

52534560_617836981972458_9002939385917734912_n.jpg


うちの信玄は、2年ほど前にバイクと接触した事故により、



背骨がぽっきりと折れて、半身不随になりました。



それを私が保護したので、年齢も推定なのですが



獣医さんが16歳くらいだろうと教えてくれました。



東京の小平近辺のまだ畑が残っているような住宅街の一角で



事故にあいました。



夜だったので、見ていた人はいなかったようですが


たぶん10メートルくらいは飛ばされただろうと獣医さんが言っていた


その飛ばされたあたりの家の人がまた車にひかれないようにと


自宅敷地に追い込んでくれたそうです。


でも、私が行ったときも「シャーシャー」言っていたくらいの野良なので


追い込むので精一杯だっただろうと想像できます。


その方のお陰で信玄は生きています。


うちに来て2年。


だいぶ慣れてきて、家で伸び伸びになって寝ていますが


50322060_600120683744088_5062085670957219840_n.jpg


その姿を見ていると


たぶん、子供もいただろうし、奥さんもいただろう。


小平辺りでは信玄に似た猫がたくさんいるだろうと思われます。



急にいなくなって、そこいらの野良たちに「あいつは死んだんじゃないか」と


噂されていたことでしょう。


16年も外で生きてきて、あちこち好きなところを歩いていただろう信玄は


今、自分の意志でどこにも歩かないで一日同じ場所で寝ていて


もうお爺さんだからいいかもしれないけれど


キャリーバッグに入れて外に連れていくと


目がキラキラして外を見ているのです。


外に行きたいんじゃないかなぁ。


外を自由に歩いてみたいんじゃないかなぁといつも思います。


最近、車いすを買ってあげたらいいかなぁと思っています。


うちの中を移動する時も、私が後ろ足を持ってあげると


追いつかないほど、信玄は早いのです。


いろいろ検討しています。


ペット用車いす (室内用)Sサイズ 小型犬〜または猫用 簡単装着 老犬 後ろ足の不自由な 犬 猫 ペット 日本製 - 7GRAIN art garage
ペット用車いす (室内用)Sサイズ 小型犬〜または猫用 簡単装着 老犬 後ろ足の不自由な 犬 猫 ペット 日本製 - 7GRAIN art garage


うちの中だけでも、自由に歩けたらいいんじゃないかと、


色々見て検討してみます。
ラベル:猫用車いす
posted by マミー at 00:14| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする