UA-115490970-2

2020年03月13日

今更ですが「ねこじゃすり」買いました。

89468367_870291360060351_1552120345194921984_n.jpg


最初は「え〜。ほんとなの?」と言う気持ちと


ちょっと値段が高いので買い渋っていたのです。


前に猫は歯ブラシで身体をこすると母猫の舌と同じような感覚があって


黙ってやらせる、おとなしくなるというのを聞いたことがあって


ねこじゃすりの原理も納得はしていたのです。


今、なかなか手に入らないという事でしたが


今回、手に入りました。4000円弱。


89600917_870302286725925_3364591982851653632_o.jpg


首辺りをやると気持ちよさそうにのびーってなっています。


表面がざらざらしています。


まさに猫の舌です。


でも、一緒に毛まで取れるので


ブラッシングやってからの方がいいかもです。


これからは時々やってあげようっと。
posted by マミー at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は、うにのワクチンの日

ハガキが届きました。


「そろそろ、ウニちゃんのワクチンの日ですよ」という動物病院からのお知らせ。


うには、多頭飼い崩壊の現場からレスキューされた目の見えない猫です。


最初は、全然見えないと言われていたのです。


目に瞬膜がかぶっていてガラス体のところがないので、白いものは苦手ですが


大体の物は見えていて、走り回っています。


高いところや自分で危ないと分かっているところには近づかないので


ケガとかはしたことのない賢い子です。


83444396_832640480492106_9016179228198043648_o.jpg


家に来たころは、3キロなくて片手で軽々持ち上げられましたが


今日の体重測定は、3.15キロ。


順調に増えています。


ワクチンもおとなしくさせて、いい子でした。


でも、車で片道小一時間かかるので


ちょっと疲れてしまったようで家に帰ってきてから💩をして


ぐっすりと寝てしまいました。


家に帰ってきて、安心して寝てくれて


本当にここが自分の家って思ってくれているんだなぁと思うと


うにを迎えて4年ぐらいでしょうか。


感慨深かったです。


89531813_870291396727014_5954344214505455616_n.jpg


ラベル:ワクチン接種
posted by マミー at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

静岡県議、恥ずかしいと思わないのかね





自分の会社のマスクを転売して一稼ぎした静岡県議。


静岡県民のことなんてちっとも考えていない。


こんな時こそって寄付してくれるこんな会社もあるのに


県議をしてても、転売して儲けることしか思いつかなかったのだろうか。


だとしたら、たいした議員じゃないな。


それなのに会社は辞めても、県議は辞めませんって、


どの面下げていってるんだろう。


面の皮が厚いってこういう事なんだね。


2020-03-12_105334.png


会社勤めより県議の方が給料安定してるもんねぇ。


こういう世の中で政治家もこんなんだから、


世の中の動物虐待も児童虐待もなくなるわけないか。


民間の人がボランティアで頑張っていても


こういうやつらが私腹を肥やすんですよ。
posted by マミー at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

心に刻まれて消えない大矢に惨殺された猫ちゃんたちの事

私は毎日、信玄をお尻浴するためにお風呂に入れています。


その時、38度くらいのお湯がいいと獣医さんに言われましたが、


寒い冬は40度くらいのやや暖かめのお湯に入れています。


最後に仕上げのお湯をかけて終わりにするのですが


そのお湯も熱くないか、信玄が気持ちいい温度になっているか


気を配って入れているのですが、そのたびにあの熱い煮えたぎったお湯に


首吊り状態で入れられた黒猫ちゃんの事、


テレビでさっきバーナーで火をつけるシーンをやっていましたが


バーナー見るとそれで焼かれた猫たちのこと、


綺麗だった毛皮が熱湯によって無残な焼け落ちた姿になってしまった猫ちゃんたちを


思い出します。


あの残酷な仕打ちをしている画像を見てしまってから、


心から消えたことがありません。


お腹がすいて餌を欲しくて捕獲機に入ってしまったために


拷問を受けた罪のない猫ちゃんたち。


同じことを大矢にやるのではなく


大矢が大事に思っている人たちに


大矢が守りたいと思っている人たちに同じことをしてやったら


どんなにか心が晴れるだろうかと時々一瞬、思うことがあります。


でも、それをしたら大矢と同じ種類の人間になってしまう。


誰かが、言ってました。


もし、自分が余命が短いと言われたら


自分が猫たちの敵を取って、大矢を苦しめてから道連れに死にたいと。


こんなにもたくさんの人から恨まれて


念を送られて、人の恨みを受けると


幸せには暮らせないでしょう。


今も、飼っている猫を虐待しようと思っているかもしれない黒ムツと言われる人たち。


小さな動物の命を殺めてはいけないと昔の人が言っていた意味って


きっとあるはずなんです。


大矢は、井上さんを名誉棄損で訴えたりしているけれど


幸せには暮らしていないのでしょうね。


裁判をするたびに大矢のしたことが世間にますます知られるだけですから。


家族も。。。写真が拡散されて


私のスマホにも、入っています。



私たちの念もきっと送られて


猫たちの怨念も入っているでしょう。
ラベル:大矢誠
posted by マミー at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

猫の心って





もし、人間だったら、、、、


自分たちに日ごろからつらくあったっていた人が倒れていたら



全ての人がその人を助けるとは言えないと思うのです。



ここぞとばかりに今まで恨みって感じにだれも見て居なければ



見てみないふり、知らないふりをしたり。



助けるようなことしないで去っていくこともあると思う。



猫ってよその子でも母猫がいなくなってお腹がすいている子猫がいたら


自分が母親代わりになってわが子のように育てることが多いです。



人間って猫を見習わないといけない事たくさんあります。



北風と太陽という話がありますが、身に沁みます。



海外でも、黒人の兄を銃殺された弟が



その犯人の女性警察官を裁判で「ハグしてもいいですか?


兄はそれを望んでいると思う。」と言って


犯人をハグしたのです。


黒人のお兄さんは日ごろから困った人を助けたりとボランティアをしていたりという



人格者だったそう。


犯人の女性警察官は泣いていて。


自分の銃撃の正当性ばかりを主張していた犯人ですが


きっと、心から反省をしたことでしょう。


猫もそういう心を、穢れのない心を持っていますね。



猫飼いとして見習わないといけないと思いました。
ラベル:病人救助
posted by マミー at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする