UA-115490970-2

2019年07月04日

射水市 猫盗み虐待の男を起訴|NHK 富山県のニュース






よかった。


起訴されました。


富山連続殺猫事件の新村健治 容疑者


これで起訴されなかったら、死んでいった猫たちは浮かばれません。


何の罪もないのに、純真無垢な猫たちをただ自分の欲望のために


殺したこの男が器物破損だけだったら


私たちが頑張った動物愛護法改定は何だったんだという事になりますから。


死んでしまったモコオ君にやっと報告できますね。


100匹もの町のみんなに愛されていた猫たちもいつの間にか消えていって


誰にも知られずに死んでいったのです。


こんな男のために


許せません。


助けてあげたかった。

posted by マミー at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

お隣の犬がネグレクトされているようです。





しかし、日本の法律では隣の敷地で隣の犬なので何も手出しはできないって


おかしいでしょ。


保健所や愛護センターから指導ができるらしいが


だったら、やってくださいよ。


どうしたらこんなにがりがりになっているのか


ご飯をあげてもいいですかと聞いてくださいよ。


保護してくださいよ。


適切な飼い方ができる人に頼んでくださいよ。


これって確実にネグレクトじゃないですか?


きちんとお話付けて助けてあげてください。
ラベル:お隣の犬
posted by マミー at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

ペットショップの現状を知らない人が多すぎる。





私の周りでも、動物って言えば、ペットショップって思っている人が多くて、びっくりします。


保護猫って言うと、血統書付きが良いと。


保護施設でも、雑種というと敬遠されると聞きます。


では、伺います。そういうあなたは血統書付きですか?


由緒正しい血統書付きですか?


健全なる雑種ですよね。


だから、犬猫だって雑種でもぜんぜんふつうなんですよ。


もちろん、ペットショップで売れ残っていてかわいそうだからと買う人を知っていますが


ペットショップという形態を無くさないとダメなんです。


悪質なブリーダーに休む暇なく子供を産まされて


ケガしていようが、体調が悪かろうが医者に見せてもらえずに


倒れたら遺棄されるか、そのままほったらかしか


中には救助された時にお腹に切り傷があって


たぶん難産で医学的知識の無い者がおなかを切ったのだろうという


ワンちゃんもいました。


目を覆うような惨状のブリーダーが多すぎます。





満足な餌ももらえずに、


金属の檻でずっと過ごしているので、ふわふわのベッドも知らないんです。


この子もずっと立ったまま寝ていたのでしょう。


涙が出ますね。


ちゃんとしたブリーダーさんから買うならいいのですが


ペットショップというところから買う事は止めていかないとこういう不幸な子を


減らすことはできないのです。


命の売り買いはだめです。


ハムスターが簡単に買えるからとぎゃう対する者


インコが安く買えるからと虐待する者


儲かるからと犬たちにずっと子供を産ませ続ける者たち。


この現状を変えるためにペットショップを無くさないといけません。


欧米のようにペットを飼いたければ、保護施設から。


血統書付きの子が飼いたければ、ちゃんとしたブリーダーから


飼う資格があるかどうか見てもらって、そこから買い受けるという事に


して行かないといけないです。





今のこのパピーミルの現状を多くの人に知ってもらいたいです。
posted by マミー at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

動物関係じゃないけれど、気のどくって思ったので拡散します。





この警察官、馬鹿か


「そうですか。お気を付けて」でしょ。


ふつーに考えて。


日本ってちょっと最近、間違っていませんか?


警察官だからってやっぱり人間性って言うか


その人個人個人によるのかなぁ。


警察官でも、犬猫だと捜査もしてくれないところが多いし


でも、ちゃんとやってくれるところもあって


上に立っている人が違うとこの差が出るんだろうか?


忙しいで片付けられると困る。


警察頼れなければ、誰を頼るのさ。


しっかりしてくれ。


そうそう、何処の署の警官か逆に聞いてくださいね。


今度そんな理不尽なことを言われたら。


抗議してやる。


posted by マミー at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

身勝手なモンスター(アメリカ)





今日も皆さんにお伝えしたいことはたくさんありますが


まずこのニュース。


アメリカでなくなった飼い主の遺言で健康なワンちゃんが安楽死をさせられて


飼い主と一緒に葬られたそうです。


これって人間の身勝手以外の何物でもないです。


動物だってもって生まれた寿命ってものがあるのです。


それを自分で決めるなんて、本当にこの子を愛していたのでしょうか?


ゆがんだ愛情です。


止めた人もたくさんいたそうですが、聞いてもらえなかったらしいです。


バージニア葬儀社協会の理事長であるラリー・スピアッジ氏(Larry Spiaggi)によると、バージニア州の法律では例外を除いて、いかなる動物の遺灰も亡くなった人の棺桶に入れての埋葬はできないことになっている。しかし、何年も前にこの法律が定められているにもかかわらず、エマと同様のことを求める人が他にもいるという。
これに対して同州にある「シェイディ・グローヴ動物病院」のケニー・ルーカス医師(Kenny Lucas)は、健康なペットを安楽死させることは断固拒否すると強く語った。



なんだろう。


命を何だと思っているのだろう。


犬の命は飼い主の物なのでしょうか?


ひどい飼い主もいるものです。


飼い主によって幸せにもなり、不幸にもなってしまうペットたち。


この世に平等なんてないけれど、


1匹でも多く幸せになってほしいと願います。


本当の幸せっていうものを考えてあげられる飼い主になりたいものです。
posted by マミー at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする