UA-115490970-2

2022年05月09日

猫小屋を作ろうと

ここに越してきてまだ3年くらいで


このあたりの野良猫のTNR活動がどれくらいなのかも全然わからず


しかし、猫虐待の有名人〇矢がここら辺でも出没するという噂もあるので


気にしながらいままで野良猫を見てきましたが


一部ではさくら猫がいて、面倒を見てくれている人がいそうなのですが


全然違う方角では、猫に餌は上げるけれど去勢手術をするとか


そういうTNR活動はされていない感じが見られ、


そこで私は片目のつぶれた鼻もグズグズで息もできないくらいの子猫を保護したのです。


120334539_1018171775272308_5732341451640868153_n.jpg


そういう事もあって、自分の家の敷地内の物置小屋に野良猫の猫小屋を作ろうと。


そのためには、家に居ついてもらわないとだめなのですが。


時々、猫餌を置いてみました。


猫が食べに来てくれている様子なのですが


猫が来るとうちの犬が夜中だろうとワンワン吠えるので


近所迷惑になるし、私も寝不足になったりして


一時期断念しました。


でも、また餌を置いてみたのです。


すると、無くなってる。


で、また置いてみました。


ある日、休みでたまたま1階にいたのですが


誰かが来て、ご飯を食べている様子。


見てみたいなぁと雨戸越しにそばによってみると


「待てよ」


チュ〜チュ〜と鳴いているように聞こえる。


また、乱暴に餌をまいたので、入れ物から落ちて敷石の間に入ってしまったカリカリもあって


次の日に見たら、その狭い間に入り込んだ猫の前足では絶対に取れないであろうカリカリまで


綺麗に無くなっている。


これは猫じゃないぞという事でやめました。


ここら一帯は、ハクビシンもいるし、ほかの野生の動物がいても不思議ではない。


また、一からやり直しです。


気長にやることにします。


ここらの野良猫は一応誰かからご飯をもらっているような様子なので


ゆっくりと考えながら


寒くなる前に猫小屋は作ればいいし


ちょっと様子を見ることにします。


それに、餌を食べに来ている犯人も確認したいし。


でも、監視カメラを置くほどの予算はないので。


考えます。
ラベル:野良猫小屋
posted by マミー at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月31日

猫を逃がしたことはありません。

000197_li.jpg



よく猫が逃げましたとか言っている投稿を見かけますが


そういう人って見ていて危ないなこれって思うところがたくさん。


そんなの簡単に猫は逃げるよって言いたいところがたくさん。


これから暑くなってきますが、網戸だけにして窓を開けていたり


宅配とか来ると簡単にドアを開けて対応をしていたり。


うちは窓を開けても、網戸が外れた時のことを考えて猫の顔が通れないくらいしか


開けません。



ドアも何重にもして、閉めてから次のドアを開け


閉めてから次のドアというように家族全員がしています。


常に猫の数を数えてどこにいるか存在を確認しています。


一度、1匹部屋に閉じ込めて寝てしまったことがあって


それからは常に確認。


犬も自転車につないだまま買い物していたり


コンビニの入り口でつないでおいたり。


おいおい、盗まれるぞと思います。


そういう小さな心構えが犬猫の逃亡や盗まれることを予防します。


犬猫が逃げてもまぁいいやと思っているのでしょうか?


家中で飼われている犬猫は外に行くと生きていけません。


逃げてしまったら誰かに飼ってもらえないと


生きていけません。


交通事故、虐待、餓死


線路で死んでいる真っ白いふわふわの動物を見たことがあります。


あれもペットだったに違いないと思います。


犬猫の命にかかわるので


どうか逃がさないで。


逃がさない努力をしてください。


うちは首から携帯番号を書いたカプセルをぶら下げています。


地震等災害で隙間から逃げる可能性もあるからです。


できることはたくさん。


ペットのためにお願いします。
posted by マミー at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月25日

猫や犬のにおい

猫や犬って1匹1匹、独特の体臭があって


うちに来たばかりの時は、その匂いが鼻についているのですが


段々慣れてくるとその匂いが気にならなくなってくるのです。


その時がうちの子になった証と私は思っているのですが、


実は💩も1匹1匹違う匂いなのです。


だから、💩したときは誰がしたのかすぐにわかります。


それって最近分かったことです。


それまでは「猫の💩は臭い」とか大まかにしか思っていなくて。


でも、猫ってカリカリの嗜好が犬よりも好みにうるさく


犬よりもに匂いに敏感な猫のカリカリはいい香りがするそうで犬も惹かれるらしいです。


だから、猫の💩って犬には魅力的な香りがするらしい。


猫の💩を食べてしまう犬もいるらしいので注意が必要みたいです。


特にうちの様に犬も猫も飼っているところでは


トイレは別々にしないとですね。


うちは1階が犬、2階が猫部屋と別れているのでいいですが


時々、行き来をするので犬が猫のカリカリを食べてしまったり


見ていないとです。


そういう事が分かってくると面白いなぁと感じます。


ラベル:犬猫の〓
posted by マミー at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月17日

ペットシッターの資格を取りましたが。。。。


2020-06-05_100254.png




しかし、実際に勉強をしてみると現実はそんなに甘くないと分かります。


資格は取れました。


ドッグトレーナーの所に行って子犬の時の教育とか街に抱っこして出かけて(まだ免疫がなかったり予防接種がまだ終わっていないため


下におろせないから)いろんなものや物音に接して怖くないよと教えていく犬の幼稚園のようなものの勉強をしたり


成犬のお散歩のさせ方、大型犬の場合の散歩やほかの犬にあった時や💩の時のリードの持ち方など勉強に実際にやってみたり。


私の最初の思いは、私の様に犬猫がいるために旅行や遠距離の外出に出られない人や


外出するのにペットのごはんの用意とかしないで出かけている人を時々見受けるので


そういう人のペットのためにご飯の用意とかに行ったり


犬の散歩をさせたりするのを理想に頭に描いていたのですが。


よく考えてみるとよそのワンちゃん猫ちゃんなのですから


うちの犬猫と接するのとは違うのです。


吠えて近寄れない犬にご飯をあげないと行けなかったり、隠れて出てこない猫の確認をしないといけないのですから


そんな簡単なことではないのです。


それに危ない飼い方をしている飼い主さんがいたりしても


ペットシッターというものはそれに口出しはできないのです。


実践でタワーマンションの猫ちゃんの所に行きましたが


窓がちょっと開いていて猫が外に出れるようになっていたり


それって危ないことです。


でも、そんなことを意見するためのシッターではないので


アドバイスはしても強制はできないので口出し厳禁なのです。


動物愛護をうたっている私は黙っていられない。


あと、法律の勉強したり。


預かっている犬猫をケガさせたり、ほかの犬にけがをさせたりしたときの責任の有無。


え〜結構、理不尽!!ってなったり。


だから、よく考えてシッターの登録はしませんでした。


個人でもシッターはできるのですが、やっぱりその管理団体に入った方がバックアップが違うので仕事がやりやすいのは確かですが。


毎月の所属代金がバカ高い。(私にとって)


その資格を取ると動物取扱責任者というものが取れるので


あと半年から1年くらいそういう施設でボランティア活動をすれば取れるので


それをとって自分の理想の活動をしたいなと思っています。


ボランティア活動といっても今はどこでも受け入れてくれるわけではないです。


変な人も多いので、できない団体も多い。


でも、夢のために頑張らないと。


posted by マミー at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

また中国です。

今回、発見されたからいいのですが


発見されない分は多分想像以上で、犠牲になった子は数知れないでしょう。





私がスマホでゲームをやっていると広告が入ってきます。


動くミニチュアロボットというような宣伝文句で


出てくる画像は、小さな手のひらに乗るくらいの小さな子猫や子犬です。


きっと、小さな子のみの遺伝子操作か何かであろうと思われる不愉快な宣伝で


何も考えないその時のことしか考えないバカな子がきっとプレゼントしたり


自分で買ったりするんだろうと


悲しい思いになります。


売れた子はいいけれど、そのあと予想外に大きく育ったり


また、売れ残ったりした子は大事にしても立っているのだろうかと


その子を産んだ親はどういう扱いをされているだろうと





犬や猫を食べる中国ですよ。


人の飼い犬を盗んで食べる中国が大事に動物を扱うとは思えない。


そういう時に出てきたこのニュースです。


ほんとにどこまでも命というものを大事に扱っていない例です。


氷山の一角ではありませんように。
posted by マミー at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする