UA-115490970-2

2021年09月24日

ドッグトレーニングに行ってきました。

実際に、行って、やってみて


それから、ワンちゃんのお散歩させている人の手元とか見てみると


きちんとしたリードの持ち方をしている人がいない。


交差点や車が来た時に、きちんとアイコンタクトでお座りさせて


やり過ごす飼い主さんがいない。


まぁ、自分の犬で別に問題行動を起こさない子であれば


ルールなんて必要ないのでしょう。


飼い主とワンちゃんと仲良く幸せに暮らせたら、そんな幸せなことはないのですから


それでいいのです。


私は今、ペットシッターの勉強をしているので


他人様のワンちゃんを散歩させるという前提で


絶対に安全に逃がさないようにお返ししないといけないというルールの上で


お散歩しているので


ドッグトレーナーにビシビシ怒られながらなので


今までのお散歩の仕方に違和感を感じてしまうのです。


dog-1861839__340.jpg


問題行動の原因はすべて飼い主にあるというのを痛切に感じます。


私がうまく動かないとワンちゃんはそこでは止まるものだと理解する。


すると毎回止まるようになってしまうと教わると


ああそうかと身体が緊張してこわばってしまう。


お散歩って楽しくリラックスしてルンルンするものと思っていましたが


全身緊張で腕は痛くなるし


ワンちゃんがいま緊張している、ストレスを感じていると思ったら


やり過ごし、ストレスを回避していやらないといい飼い主とは言えない。


公園に行って、子供がギャーギャー泣いている。


私がストレスに感じるという事は、神経質なワンちゃんなら同じように


ストレスに感じるのです、


どこでもおしっこできるわけではないし、ここではダメだよと


そういうしつけもしないといけない。


そういう勉強をしてきました。


115983877_963209060768580_7508209533418684543_n.jpg


家の謙信は、まだ1か月の小ささで保護しました。


それは、猫風邪で死にそうだったから。


本来ならその年頃はまだ母猫や兄弟と一緒に育った方がいいのです。


なのに、目もつぶれ鼻水でグズグズ息もできない状態で


蚤だらけで寒い日に保護したのです。


翌日、病院に連れて行ったら多分エイズ、まだ6か月たたないと何とも言えませんがといわれ


おまけにコクシジウム症と言われ、隔離しないといけなくなって


母猫とも離した上に


うちにいるほかの猫とも離さないとならない状況で1か月たち


コクシジウムは克服しましたが


ほかの猫との絡みもないので猫社会のルールもわからず


エイズのためにほかの猫に近づいてほしくなく


しつけしてくれる猫もおらず


社会性が育たない猫になってしまったのです。


ワンちゃんもそう。


今は法律で8週齢にならないとペットショップでは売れないことになっているはずです。


その時期は親兄弟と一緒にいて


社会性を学ばないといけないからです。


小さくてかわいいけれど


あまり小さな子を求めないでください。


人間だってそうでしょう。


小さいうちは親や兄弟の中で愛情を受けて育てるのがいいのです。


ワンちゃんのことを勉強していると


もっと前にキチンの分かっていたら助けられて命がもっとあったのではないか


との思いに至ります。


もっと勉強してきます。


そして、助けられる命があったらこれからでも助けたい。


幸せななワンちゃんや猫ちゃんを増やしましょう。


これからも。




posted by マミー at 20:26| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: