UA-115490970-2

2020年08月22日

チュールのいなばペットフードですが

118123871_985957145160438_8158661186218260827_o.jpg



いつも猫たちにチュールのチューブとりささみを買うのですが


間違って、先日チューブまぐろを買ってきてしまったのです。


それをいつものように2〜3日猫部屋に置いておいて


いざ猫たちに与えようと思ったらパンパンに風船の様に膨れてしまっていて


開けたら、まるで爆発するように吹き出て


それもクリーム状ではなくもっと水っぽいもので


猫にあげてもなんか食いつきが悪く


チュールをかけたカリカリを残したのです。


まぐろだから残したのかなくらいにしか思っていなくて


次の日、そのチューブまぐろを手に取ったらまるで水のような音が。


ちゃぽちゃぽって。


それでやっとおかしいぞと気が付きました。


猫部屋はいつもクーラーが付いていてけっして暑くはならないのです。


でも、よく読んだらチューブは開封後要冷蔵だった。


今まで、冷蔵庫になんて入れたことなくて


それがいけないのかとかいろいろ考えたのですが


でも同じようにおいてあるチューブとりささみとかはいつも通りの状態で


普通なのでいなばに電話しました。


そしたら、すぐにクロネコヤマトが取りに来て


さっさと調べて結果の電話をくださって


その翌日には、代替品とお詫びとしてチュールが送られて来ました。


対応が早い。


そして、電話対応もきちんとしていて


好感度です。


ただのチューブまぐろ1本なのに。


感心です。


猫たちの大好きなチュール。


これからも買います。
posted by マミー at 22:20| Comment(0) | ペットフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: