UA-115490970-2

2020年04月06日

野良猫の遺体で儲けようとする人





これって、どう思いますか?


私は買おうとは思いませんが、その人のセンスの問題でしょうか?


高級ハンドバッグは、牛革、豚革、蛇の皮、ワニの皮、オーストリッチなどで作られています。


それを考えれば、殺したわけではない死んでいた野良猫の遺体で作ったと言われれば、


何も言えませんが、皆さんはどうでしょうか?


顔がついているから、ちょっと抵抗があるのでしょうか?


これって、思ったのですが


前に記事にした生きたアリの入ったネイルや鳥の頭や体をそのまま使ったアクセサリーと


同じ感じがするのは私だけでしょうか?


でも、普通に考えれば、死んだいる猫を見つけたら


埋めてあげて欲しいと思いますが


猫の革で三味線が作られると聞きますし、


動物の皮を利用すると言うのはよくあることではあるのです。


しかし、それを持ってきてバッグにするっていう感覚がちょっと


違うのでしょう。


特に、猫を飼っているので違和感があります。


これ以上、バッグにされる猫や犬が増えないといいです。


人間だと罪になるのに、犬や猫、鳥などの動物では犯罪にならないのです。


顔をつけてはく製にされても


誰も何もいいませんから。


人間中心の地球です。
ラベル:猫のバッグ
posted by マミー at 21:32| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: