UA-115490970-2

2020年03月28日

自分より小さな動物を虐待する卑怯な人間が裏の顔で潜んでいます。






なくならない動物虐待。


虐待して画像をアップする虐待もなんか根深いものを感じます。


心に何か不満のようなものがあってそれを解消できない恨みを猫たちにぶつけて


スカッとしたいというような、心の闇を感じます。







こいつも、動物愛護活動をしている人たちをさけて、


そこに猫が集まるのを利用して


猫たちを捕獲して虐待している奴です。


確か、アイコンを変えてまたtwitterに出てきています。


昔は、手作りの野良猫ハウスを壊したりしていましたが


今は、していませんね。同一犯でしょうか?






そうですよ。

このように虐待犯は自分の近くに潜んでいます。


火ないところに煙は立たないです。


早く証拠が見つかり、犠牲になる猫を助けてあげたいです。


虐待犯の証拠を見つけられそうってなると


警察が動いていることを察知すると止めて潜んでいるので


見つけられないのです。


でも、そこであきらめるとダメなので


我慢比べです。


そのためにも、野良猫を増やさないように


子供を増やさないようにしないと虐待は減らないのです。


虐待された猫が最近、増えていて


それも人懐こい子たちが寄って行くので犠牲になるのです。


先日も尻尾を捕まえられ、腰を強打された猫ちゃんは半身不随の状態で発見され


今、病院で治療中です。


人懐こい猫の方がやられてしまうのでかわいそう。


人の対する恐怖心を持ってしまっ本当にかわいそうです。


あいつらはそれを笑って喜んでいるのです。


絶対に許せないです。


posted by マミー at 10:52| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: