UA-115490970-2

2020年02月27日

こういう気持ちが人間の本来の気持ちだと思う 平塚八幡宮のアヒル





自分で飼っていいなくても、ケガしているのを見たら


助けてあげたいって思うのが普通だと思うのです。


野良猫だって、自分ちの敷地を通るからと毒餌を置いたり


鳩が邪魔だと毒餌を与えて、たくさんの小鳥が死んで


犯人が逮捕された事件ありましたね。


野良猫を捕獲して保健所に連れていったり


野犬を捕まえて、殺処分ありえないです。


犬や猫は人間を助けてくれたりするのに。


人間は動物を傷つけて見て見ないふりをするのはいつごろからでしょうか?


それとも、それはもしかして昔からで


最近のSNSで目にする機会が増えたのでしょうか?


それとも、人間によるのでしょうか?


飼い犬を保健所に連れて行って新しい犬を飼った家族を実際に知っています。


ありえないです。


誰も反対をしないと言うのが、どこか間違っています。


youtubeを見ても、心が痛くなるような画像もたくさん。


どうしたらそう言う気持ちになるのか。
posted by マミー at 18:27| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: