UA-115490970-2

2020年02月16日

「動物の権利」を保護する法律





これって当たり前のことなんだけれど、当たり前のことが結構守られていないことが多い。


犬にも猫にも、当然ハムスターや街に出てきてしまったクマにも


生きる権利があるのです。


それを考えもせずにいとも簡単に殺してしまう日本。


考えて、工夫すればきっといい方法が見つかるはずなのに


簡単な方法しか考えない、楽な方に楽な方に動いている日本。


これは日本だけじゃなく、世界に言えることだけど


いろんな動物が絶滅している今、密漁なんてしているときじゃない。


殺処分なんてしている時代じゃないのです。


アフリカの人も、生活をして行かないといけないのは分かるけれど


お金お金ばかりの時代で、もっとなにか大切なものがあるんじゃないだろうか?


人間の生きる権利も守られていない今の時代。


動物の生きる権利をきちんと守らないから人間の権利も守られないのです。


世界各国が、イタリアのような国になるといいですね。


野良犬や野良猫を排除することばかり考えていちゃダメなのです。





日本って最近、ちょっと変ですよ。





安倍さん、もっときちんとした政治をしてください。


自分を忖度する人ばかりを守らないで、


自分の友達ばかりに利益を与えないで


きちんとした政治をしてください。


でも、安倍以外に総理にふさわしい人がいないっていうのも問題ですね。
posted by マミー at 16:09| Comment(0) | 動物愛護法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: