UA-115490970-2

2020年01月24日

虐待の恐れのある猫ちゃん





猫や犬を保護しているところではみんなもう一杯。


もう入れないほど狭いところにたくさんの猫が保護されています。


それに動物を飼うという事はお金がかかるのです。


それも保護した動物となるとまず病院に連れていかないとなりません。


家も猫が3匹いるのでそれはよく分かります。


病気になったらもっとかかります。


だから私も3匹が限度かなぁと思っているのです。


でも、目の前にこんな子がいたら絶対に保護してしまいます。


病院に連れて行ってしまう。


助けないではいられないです。


それも、この沖縄は猫の虐待が多いところです。


この方は、今までもたくさんの猫を保護してくださっている方です。


奥様と一緒に保護活動をしてくださっています。


どうか沖縄でこんな虐待が終わりますように。


沖縄で虐待される猫や犬が出ませんように。


前にも子猫が尻尾にオイルか何かで火を付けられ


尻尾が大変なことになっていたところを


沖縄の現地の女の子が助けてくれて、病院に連れて行ってくれて


里親も見つけてくれて今もかわいがってもらっていると思います。


もし、誰も里親が見つからなければ引き取りますって言ってしまってから


子猫でそれも負傷した子猫が東京まで来るのに


身体に負担になるだろうなぁって思っていたところ


現地で里親さんが見つかって


それも彼女のお友達という事で胸をなでおろしたことがあるのです。


沖縄でもこんないい人もいるし、虐待するやつもいるし


これ以上、虐待がふえませんように。


祈るばかりです。





ラベル:沖縄県
posted by マミー at 16:30| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: