UA-115490970-2

2020年01月15日

最近のうちのウニ

NPO法人ねこけんさんの今日のブログ「4年の月日が流れる…練馬50頭多頭飼育崩壊の猫たち」


2020-01-14_234618.png


うちのウニは、ココの多頭飼育崩壊現場からレスキューされた子です。


身体が小さくて片手で持ち上げられるくらいの小さな猫で


子猫の時の猫風邪が原因と思われ両目が見えなくて


でも、実際は生活に困らないくらいで


賢い子です。


子猫には優しくて、猫団子が好きでよくマーライ君とかと仲良しの猫たちとくっついて寝ていました。


家に来た当初は小さな声で「シャーシャー」言いながらゴロゴロ喉を鳴らしている子で


うちに先住猫タラがいたとはいえ寂しかったと思います。


たくさんの猫がいたねこけんさんの所から家に来て


うちのタラは、一人でいるのが好きな猫でけっしてウニに対して優しくはなかったですから。


そんなウニがすっかりうちの生活にも慣れて、


ご飯もしっかり食べて、💩もしっかり出して、お昼寝してと


時にはタラを負かしているウニ。


生活しているうちに体重も今では3キロを超えて、ちょっとお肉が付いてきました。


私が仕事が休みだとストーカーのようにくっついてきて


私のそばでお昼寝をしているウニ。


すっかり慣れてくれて、病気もしないでうれしく思います。


このまま、ずっと元気でいて欲しい。


ねこけんさんに助けていただいた命をずっと大事に生きていこうね。


賢いウニ、賢かったから、そして周りのいいネコちゃんたちに囲まれて


生きられたんだから、運がよかったんだね。


82593124_829541554135332_5114915375015788544_o.jpg
posted by マミー at 00:14| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: