UA-115490970-2

2019年11月13日

悪魔のような動物虐待犯にたった一人、正面から立ち向かう被告井上貴弘氏の名誉毀損の裁判









何十もの猫を今まで私が見たこともないような残虐な方法を猫にことごとくやって


それをアップして、苦しんでいる猫を笑って見ていたやつらと


そいつらにあおられてバカみたくどんどん残虐さを増長させた悪魔が


自分の名誉棄損で


猫を愛し、猫のためにその悪魔から猫を守るために行動した男を訴えたという裁判です。


裁判所に電話等入っているそうですが


そういうやつらは匿名でしか行動できないし


表では猫愛護のように装って偽って生活しているような奴らです。


井上さんには、堂々と戦って欲しいです。


その悪魔が実際に行ったことを周りの人に周知させ


猫を外に出さないように気を付けるように行動することが


名誉棄損に当たるのか、大変興味のある裁判です。


大矢のやったこと、いまだに動画で見れるそうです。


それを一目でも見た人は大矢のことを許せるのだろうか。


いまだに一緒に暮らしている妻も大矢と一緒で猫を捕まえるのを協力していたという。


そんな家族がそばで暮らしていたら、私は心穏やかに生活できません。


また、犠牲になっている猫がいないか、大矢がどんな行動をしているのか


絶対に気になります。


それをやった井上さんが訴えられるという事は


いま生きている猫を守ろうとしている私たちが訴えられているのと変わりありません。


性犯罪を犯した犯人はアメリカではどこに住んでいるか


調べられるそうで、日本もそうならないといけないと思うのです。


動物虐待犯だって同じような罪をまた犯さないようにペットを近づけないように


気を付けるのは当然なこと。


でも、法律というものは時によって理不尽で納得いかないことも多いです。


それならこれからも戦っていかないといけないし


この裁判の結果を見届けたいです。
ラベル:大矢誠事件
posted by マミー at 11:49| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: