UA-115490970-2

2019年10月29日

僕が肉をやめた理由。





最近、テレビでおいしいものを紹介し、たくさん食べている番組を見る機会が多いですが


いつも、違和感を感じています。


肉料理、みんなかぶりついてますね。


私は野菜を食べていると調子がいいのですが、


肉も全然食べないというわけではなく


時々、食べたくなる時もあります。


でも、肉を食べているとある場面が浮かんできて


美味しそうにテレビでステーキを食べているとある場面が浮かんできて


食欲がなくなります。


その場面と言うのが、たぶんアメリカだと思うのですが


豚や牛がひどい扱いを受けて


これからと殺されるのだからと水も飲めず


ほんとにひどい扱いで見ていられないyoutubeの画像です。


洋服でも、羊の柔らかいカーフスキン


あれって1歳にならない子供の羊の革です。


羊の毛を刈る場面でも、殴る蹴るとひどい毛刈りの画像を見て


ショックとしか言いようがなく


カーフスキン、あとこの柔らかい肉は1歳ならない子牛の肉ですとか聞くと


その子たちが殺される場面が浮かんできて。


確実に肉を食べる機会は減ってきました。






セブンイレブンで、ヴィーガン弁当が販売開始とのこと。


そんなニュースを聞くとぜひ食べたいと思ってしまうのです。


これ以上、肉を食べるために殺生は止めて欲しい。


そう思うこの頃です。


ヴィーガンになれば、この罪悪感はきっとなくなるでしょう。
ラベル:ヴィーガン
posted by マミー at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: