UA-115490970-2

2019年08月23日





「トリマーはローラの歯や爪には全く手を付けていませんでした。その代わり、眉毛を刈り取ってしまったのを隠そうと蛍光色の黄緑で眉を描いたのです。耳も蛍光色のピンクで染められ、まるでピエロですよ。そればかりではありません。ローラはお腹を不必要に刈られ、肌が赤くなっていました。その後、感染症の治療のため獣医の診察を受けなければならなかったほどです。」



うちは猫なので、トリミングとか言ったことがありませんが


ワンちゃんにとっては健康維持のためにも大事なことですね。


けれど、よく耳にするのはトリミングの台から落とされ


むかえに行ったら、足が動かなくなった


前のように歩けなくなったとか。


きちんとトリートメント剤を落としていなくて赤くただれてしまったとか


今回のように飼い主さんの希望通りにされていなかったり


しつけのトレーニングで逃げてしまった行方不明になってしまったとか。


よく聞きます。


よく信頼したところじゃないと怖いですね。


この記事も引っ越してきたから口コミを見ていったらしいですが


こんな顔にされたら私も怒りますね。


先日行った動物病院で可愛くつけまつげのようにカットされていて


「かわいいですね。つけまつげみたい」と言ったら


トリマーさんの好みです、って言われて


そうなのかと思ったのです。


美容院みたいなものなので飼い主が注文をするのかと思ったら


結構、トリマーさんにお任せという方が多いみたいですね。


気を付けましょう。
posted by マミー at 00:58| Comment(0) | トリマーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: