UA-115490970-2

2019年08月02日

多摩川の河川敷にすむ猫たち





多摩川の河川敷には、ホームレスに人も多く住んでいます。


その人たちは、犬猫には優しく


きちんと飼っています。


ほんとにお外猫って言うのは、寿命が短く


何もしていないのに、心無い人に蹴られたり


たばこの火を付けられたり


虐待されたり、連れ去られて行方不明になったり


ほんとにかわいそうです。


そういう事って人が見ているところではやらないで


人がいなくなってからやるので


知らないうちにケガしていたり


暑かったり寒かったり、雨に当たったりで風邪を引いたりする子が多いのです。


特に子猫なんて命の危機にさらされます。


それなのに、簡単にみんな河川敷に捨てていくのです。


ひどい人は川に子猫を投げ入れていく人もいます。


遺棄は犯罪です。


昔はよかったかもしれないけれど、今は犬猫の遺棄は犯罪です。


そういう猫たちを助けてくれる保護活動をしているカメラマンです。


頭が下がります。


みんながすべての犬や猫や動物たちに優しく接してくれると嬉しいですね。
posted by マミー at 23:32| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: