UA-115490970-2

2019年06月27日

ペットショップの現状を知らない人が多すぎる。





私の周りでも、動物って言えば、ペットショップって思っている人が多くて、びっくりします。


保護猫って言うと、血統書付きが良いと。


保護施設でも、雑種というと敬遠されると聞きます。


では、伺います。そういうあなたは血統書付きですか?


由緒正しい血統書付きですか?


健全なる雑種ですよね。


だから、犬猫だって雑種でもぜんぜんふつうなんですよ。


もちろん、ペットショップで売れ残っていてかわいそうだからと買う人を知っていますが


ペットショップという形態を無くさないとダメなんです。


悪質なブリーダーに休む暇なく子供を産まされて


ケガしていようが、体調が悪かろうが医者に見せてもらえずに


倒れたら遺棄されるか、そのままほったらかしか


中には救助された時にお腹に切り傷があって


たぶん難産で医学的知識の無い者がおなかを切ったのだろうという


ワンちゃんもいました。


目を覆うような惨状のブリーダーが多すぎます。





満足な餌ももらえずに、


金属の檻でずっと過ごしているので、ふわふわのベッドも知らないんです。


この子もずっと立ったまま寝ていたのでしょう。


涙が出ますね。


ちゃんとしたブリーダーさんから買うならいいのですが


ペットショップというところから買う事は止めていかないとこういう不幸な子を


減らすことはできないのです。


命の売り買いはだめです。


ハムスターが簡単に買えるからとぎゃう対する者


インコが安く買えるからと虐待する者


儲かるからと犬たちにずっと子供を産ませ続ける者たち。


この現状を変えるためにペットショップを無くさないといけません。


欧米のようにペットを飼いたければ、保護施設から。


血統書付きの子が飼いたければ、ちゃんとしたブリーダーから


飼う資格があるかどうか見てもらって、そこから買い受けるという事に


して行かないといけないです。





今のこのパピーミルの現状を多くの人に知ってもらいたいです。
posted by マミー at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: