UA-115490970-2

2019年06月05日

野良っ子 写真





うちの保護猫信玄は交通事故で半身不随です。


ほんとの野良で最初は「シャーシャー」


触れませんでした。


それは過酷なお外で生き抜くためです。


いい人に出会える猫は本当にラッキーで


蹴り殺されたり、毒餌を撒かれたり、飲み水に何か入れられたり


餌をくれるふりをして、こげんたちゃんみたく虐待される子がいたり


捕獲されて、業者に処分されたり


捕獲されて、どこか遠くの山に捨てられたり


海の近くに生まれた猫はお爺さんにビニール袋に入れられて


海に投げ捨てられた子もいました。


ほんとに外は危険だらけ。


そんな中で16歳まで生きてきた信玄は人間を寄せ付けなかったから


生きてこれたと思います。


でも、最後には一番怖い交通事故でした。


背骨がぽっきりと折れて、何十メートルか飛ばされたでしょうと


先生が言ってましたが、頭にもけがをして


誰にも助けてもらえず自力で3日間耐えて


私と出会ったのです。


いくら人間に注意していても、交通事故には勝てないです。



今は後ろ足が動かず、這って歩いています。


ほんとに外は危険がいっぱい。


だから、野良には優しくしてほしいです。


優しくするふりをして、なぐったり、耳に洗濯ばさみを挟んでみたり


そういうやつがいましたが、全員通報されています。


好きじゃないなら、近づかないで


自分のストレス発散のために虐待とかやめて欲しいです。


それは犯罪です。


アニマルポリスを絶対に作ります。


そして、里親さんのいないワンちゃんや猫ちゃんを守っていきます。


野良にも生きる権利があります。
posted by マミー at 12:00| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: