UA-115490970-2

2019年05月06日

5/6はこげんたちゃんの命日です。





あっ、松原潤の父親ですね。「飼い猫ならまだしも、殺したのは、ノラ猫なのにぃ」とホザイたヤツ…


そして数年後、息子の違法💣作りに巻き込まれ、爆死した。


今の日本で、珍しい死因…やはり、因果応報はある


ネコの恨みは、スゴく怖いし。ソレを証明した感じかな…。




gazou9.jpg



何年たっても、こげんたちゃんのこの写真を見るのはつらいです。


だから、犯人が憎いです。


でも、こういう犯行をしたやつの親って反応同じですね。


前に猫を用水路に投げ入れて逮捕されたやつの母親が


「全国ネットに載るほどのニュースですか?」って言ってた。


そういう親だから子もそうなるんですよ。


野良だったら命を奪っていいのか?って言う事ですよ。


感覚がおかしい。


動物だったら何してもいいのか?


今日も猫虐待案件がたくさん出ています。







ただそこにいるだけで、何もしていないのに野良猫を蹴り殺したり、この子も動けなくなっているのに蹴り続けられたそうです。


3本の足を無くしたそうです。


猫の幸せを奪う権利は人間にはありません。


こんな事をして、罰が当たりますよ。


この子が何をしたんでしょうか?






こっちの猫ちゃんも火をつけられたそうです。


こげんたちゃんの事件で二度とこういう事がないようにと


みんなで頑張ってきてるのに、人の見ていないところでまたこんな事件です。


火をつけるって用意して行っていると言う事ですよね。


簡単にそんなに火は付きませんよ。


何かオイル等を持って行かないと。確信犯ですよね。


毎日、毎日、どこかで野良猫がこいういう目に合っています。


皆さんの目が監視カメラです。


どうか不審な動きをしている奴がうろついていたら


「何しているんですか?」って一言いてください。


それで救われる子がたくさんいると思います。


猫が嫌いという人もいるでしょう。


でも、嫌いだから殺すって考えはおかしいでしょう。


前回のブログの猫に向かってとがったコンクリートの塊を投げつける奴とか


絶対に身元が割れて、拡散されますよ。


こげんたちゃんのような犠牲になる猫がもう出ませんように。


ほんとに心から祈ります。
posted by マミー at 11:08| Comment(0) | こげんたちゃん事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: