UA-115490970-2

2019年03月22日

散歩中に飼い主に蹴っ飛ばされていたれいちゃん





飼い主が所有権を主張したら、返さないわけにはいかない今の日本の法律。


なぜあの飼い主は所有権を主張するのでしょうか?


ほんとに犬のことを考えているなら、そのまま紫友会にいたほうが幸せって


分かるだろうに。


犬のことは思ってないんだって言う事が分かりますね。



自分のプライドだけで



れいちゃんの気持ちを考えていない。



まぁ、考えているならまず蹴っ飛ばしたりしないでしょうけど。


紫友会さんも苦渋の選択でしょう。


返したくないでしょう。


れいちゃんだって。。。きっと


人間の子供の虐待と同じように家族に返した途端に亡くなるとか


嫌ですよ。


そういう事の無いように監視してほしいです。


なにもしない私が口は出せないです。


見守るしかなくてつらいですね。


ほんとに無力ってつらいです。
posted by マミー at 00:44| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: