UA-115490970-2

2019年03月10日

BS1スペシャル「小さな命の絵」震災で命を失ったペットたちと飼い主の物語



泣きました。


黙って見ていられませんでした。


あの震災でこんなにも多くの人が自分を責めて、


一緒に暮らしたペットたちを


助けてあげたかったと思いつめているのを今更知りました。


被害は人だけでなく、飼われていたペットたちもそうでしたね。



福島に置き去りにされた子たちも被害者ですが



津波に流された子はどうしようもないとわかっていても



辛いですね。



この絵の柔らかなタッチがとても癒やされます。


写真すら流されて、残っていないという人もいて


本当に今更ながら辛いです。


私だったら。。。どうしているだろうと思います。


被害にあった方々がこの絵で癒やされるといいなぁと心から祈ります。


東京はもうそんな影すらなく普通の生活が流れていますが


忘れてはいけません。


いえ、いえ東京の人たちも忘れてはいません。


未だに震災の話は出るし、その時に自分はどうしていたか話に上がってきます。


決して忘れられないし、忘れてはいけない。



この思いを次の災害で繰り返してはいけないので、



教訓にして同じような犠牲が増えないようにしていかないといけません。


そう心に誓います。
ラベル:3.11
posted by マミー at 15:56| Comment(0) | 災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: