UA-115490970-2

2018年03月18日

交通事故にあった猫救出&うちの猫2

全然痩せない信玄と私


餌も適量を守ってあげているつもりなのですが、


適量っていうのがダメなのかもしれません。


適量より少なく上げないといけないのかもしれない。


心を鬼にしてやらないとダメですね。甘いのです。多分。自分にも信玄にも。


ずっとその心を維持していかないといけないです。

28783372_417302955359196_2204776673482637312_n.jpg


信玄は毛のつやがなくて手触りもざらざら、毛質が良くない感じで。


たとえて言うとコンディショナーをしていない髪の毛みたいです。


うちには他に2匹猫がいるのですが、ウニという多頭飼い崩壊現場からレスキューされた子なのですが、


小さいころからきちんと餌ももらえずに過酷な環境で育ってきたせいか


そのウニも毛質がごわごわしていて、信玄と一緒です。


やっぱり、環境が大事なのでしょうか。


もう一匹のタラは子猫の時から家で飼っているので、その子はつやつやサラサラなのです。


やっぱり、小さいころの栄養でしょうか。


歯もタラはきちんと小さな前歯も揃っていますが、信玄とウニはまばら。


歳も関係しているのかもしれませんね。


信玄なんて小さな前歯が2本くらい抜けていてないです。


これは事故の時に無くなったのか。。。




今日はそのごわごわの毛にブラッシングしてあげたのですが


足が不自由なので他の猫のように後ろ足で耳を掻いたり


首のあたりをカリカリ掻いたりすることができないのでやってあげないとです。


そうすると最近は「ゴロゴロ」と喉を鳴らします。


野良はゴロゴロいう事なんてないくらい過酷な環境を生きていて、


信玄はよかったね。「ゴロゴロ」言う事が出来て、と思います。

信玄を助けることになったいきさつはこちら
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 23:51| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: