UA-115490970-2

2021年03月25日

地球についていろいろ考える

最初は、犬猫が人間にどんなひどい扱いをされているかみんなに知ってほしくて


ブログを始めました。


でも、自分自身いろいろ勉強していくと


犬猫だけでなく、世界のあらゆる動物が人間の欲によってひどい扱いをされていることに


気が付いたのです。


twitterを見るのがつらくなり、最近ではあまり覗けなくなりました。


変な人も多いです。笑


テレビでも、おいしいものやさんの特集とか


そんなものばかり。


私は食に興味がありません。


結果的にヴィーガンに近い食生活になっていますが


それは、自分の体がそれを求めているだけで、目標としていたわけではありません。


乳牛がどんな扱いをされているか。


生まれてきた子牛が、母牛から乳をもらえずに


生まれてすぐにまとめて捨てられて死んでいく画像


生まれて母牛の乳が飲めないように口輪のようなものをされている画像(どちらも海外ですが)


日本の和牛も、お肉はおいしいです。


おいしいですが、大事に育てていますと見せられても


いずれ殺されて、食べられるのを考えると


牛の目なんて見れません。


ダウンの羽毛の取り方を見ても残酷極まりない。


だから、本当はダウンなんて着たくない。


UNIQLOさん、ダウンを安く売らないで。


その陰で苦しんでいる鳥がたくさんいると。


ウールもそうです。


羊の毛を刈る画像もひどいものです。


虐待ですね。


1頭1頭、静かに刈るならいいのですが


肉まで切っても、蹴ったり踏んだり


ひどいときは蹴り殺す画像まで。(これも海外)


だから、セーターは着ないし


いろんな場面で、そういう画像を思い出してしまうのです。


世界中、そういう事が起こっていて


猫なんて毎日数えきれないほど、犬も数えきれないほどの虐待を受けて


死んでいるのです。


知られることもなく。


それはすべて人間の勝手。人間の欲のためです。


道路を歩くと、捨てられたマスク、食べた後のごみが捨てられています。


それを見るとすべて飛んで行ってきっと川を流れ、海に入って


海の生物たちがこれによって死んでいくのだろうと


思ってしまうのです。


植物に至っては、人間の勝手に切られても


捨てられても声も出さずに死んでいく。


でも、彼らはきっと苦しまないで逝くのでしょう。


それだけが救いです。


でも、私は絶対に苦しんでいないとは思えない。


水族館のイルカショウ、好きですが


その子たちの幸せもかかわっている人間にかかっているのです。


殺されていく動物にそれを助けようとする人間があまりに少なすぎて


悲しくなりますが


そういう少ない人の小さな力できっとこれから


改善されていくことを願って


私も小さな力ですが、クラウドファンディングを助けたり


少額ですが、寄付したりしています。


犬猫を飼うにはお金がかかります。


それは医療費が莫大だからです。


怪我している動物を助けたいと思っても


病院代を考えると躊躇してしまう自分がいて。


それでも、目の前の小さな命も私で助けられるなら


助けていきたい。


人間のあらゆる欲のために地球上の動物が苦しんでいます。


少しの力でも、やっていくしかない。


そう思うこの頃です。
posted by マミー at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする