UA-115490970-2

2020年09月26日

最近、TWITTERを見たくない日が続いています。




この熊は死にました。何も手当もないままに。


まぁ、姿が見えるだけで打ち殺す国ですからね。


なんか、心にとげが刺さります。


日本ってこれでいいのか?



家で交通事故で保護した猫も死ぬまでほっておかれるところでした。



「まだ、生きてますか?」死んだら連絡してほしいと。





子猫を終生可愛がるのでと言って受け取って


虐待するためです。


今、TWITTERってこんな奴らが多いです。


ジモティーも危険がいっぱい。


可愛がってもらえると渡して、殺されます。


気を付けてほしいです。





轢かれたところをだれも保護することもなく車道に置いておかれ


こんなところを見て、誰も心が痛まないのか?


せめて轢かれないように移動くらいしてください。



猫を見かけるとスピードを落とすことなく突っ込んでいく奴もいますから


何も言えませんが、これであなたの明日は気持ちよく迎えられますか?






動物の遺棄、虐待は犯罪ですよ。


昔と違うんですよ。


分かっているのかこの爺。


誰かこの爺さんを知っているかたよろしくお願いいたします。


この池に捨てられた猫は情報によると自力で泳いで陸に上がったそうです。


かわいそうに。死んでしまえと捨てられたのです。


こんな爺さんきっと成仏できないよ。





何かが違うんですよ。


何かを間違っている今の日本人。


自分の心にもう一度問いかけてほしい。


いまのこの日本で大丈夫でしょうか?


今の心で大丈夫ですか?


ラベル:動物虐待
posted by マミー at 11:19| Comment(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

保護した子猫謙信ですが

この子は猫砂というものが初めで珍しいらしく



新しい砂に変えてトイレを綺麗にしてあげるとそこに喜んでね転がってそこで寝るのです。



だから、昔からあったマカロン型のベッドを入れてあげたらそこで寝ることを覚えたのですが



そこにおしっこや💩をしてしまう事もあり何回も洗って消毒してを繰り返していたら



とうとうファスナーが壊れてしまい、中のクッションの中綿?を食いちぎって出してしまうので



危ないので捨てることにしました。



で、ネットでいいベッドはないかと探していたらまぁこれでいいかというものがあって



昨日届きました。



でも、封筒を見ると中国製ですね。


ちょっとがっかり。


日本製がよかったなぁ。(笑)


119059741_999859490436870_1564843236367076762_n (1).jpg



ベッドと認識しないのか全然乗ってくれません。



試しに寝るという事もしてくれず



相変わらずにトイレで寝ています。


118803767_999859453770207_1854382649043686340_n.jpg


いつになったら認識してくれるかな。



あと1か月は隔離でこのケイジで過ごさないとダメなんだよ。
posted by マミー at 10:02| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

海外でも犬猫に対する虐待が増えている


密室で行われるから私たちが気が付かないことが多いけれど


ドラッグとかやっている精神状態のよくない奴らがペットを飼っていると


いい状態で生活できるわけもなく


とんでもない虐待が行われていることがある。


何か生活の不満や鬱積をこういう小さな生き物にぶつけている。


貧しい国々でも、日本ではありえないようなことが行われていたり


また、YouTubeに動画を載せてお金を稼ごうとしている奴らも


自ら虐待されたかのような状態を作っておいて


「虐待現場です」みたいなものも多い。


車にひかれそうな子猫がいて、危ないと思ったら私なら助けるが


分かっているのにそのまま車にひかれるのを見ていて


動画に挙げるという末必の故意というやつですね。


悪意の何物でもないです。


心が痛くなる。


人間ってどこまでも悪意を持てるのだという事が悲しくなります。



https://youtu.be/xezpd7SP1fs
posted by マミー at 22:36| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護した子猫ですが

118888467_999157197173766_4969990115451345644_n.jpg


118769297_999157173840435_2985559434914872704_n.jpg


順調に大きくなって保護した時は手のひらに乗るくらいの小さな命が


今は倍の体重になって1回目のワクチンも無事に終わって


やんちゃ坊主になりました。


まだ、先住猫たちとご対面はしていないのですが


何かいつもと違うぞと感じたタラ(黒猫)は、階段の途中まで見に降りて子猫がいるのを確認して


そのまま戻ってきました。


半身不随の信玄は、毎晩お尻浴するので子猫の横を抱っこされて素通りするのですが


これまた、見事にスルーです。


ただ唯一、子猫の声に反応するのが目の見えない女の子のウニです。


ウニはもともと、保護施設では面倒見のいい猫という事でしたので


子猫が2度目のワクチンが無事に済んで、2階に来たら


相手をしてくれる唯一の猫でしょう。


謙信(子猫の名前ですが)のやんちゃに大人猫はただただうるさいと思うだけでしょう。


若くて元気のある猫に私もついていけません。


なので、今はケイジに入っていて、ご飯やトイレのお掃除の時に開放されるだけで


私がいないときは、ケイジに入れられておとなしくしています。


二階に来ても多分いたずら盛りで大変でしょう。


しばらくケイジのお世話になることでしょう。


ただ、手足や首のハゲが薬を付けてもなかなか治らなくて


ほんとに真菌なのでしょうか?


ほかの病気だったら2階に行く前に治さないと。


ほかの猫たちにうつる病気だと困りますから。


なんせ健康な猫は黒猫のタラだけですから。


今は、体調も落ち着いている猫たちに病気を持ち込まれるのは困る。


という事で隔離のうちに治さないと。



118780346_999157233840429_1417670392859263407_n.jpg
posted by マミー at 11:16| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする