UA-115490970-2

2019年12月19日

酷い動物実験





これが自分だったらという想像力があれば


こんなことできるわけがない。


こんなことしてまで実験結果が大事でしょうか?


あっちでもこっちでも


動物を虐待している日本。


環境によくないと言われているビニール、プラスチックをいまだに使い放題。


世界では環境問題で取り上げられて、プラスチック製品を使わないようになっているのに


阿部さん、さっさと対策を取ってやれや!!


遅れているアジア圏の


その中でも日本は先進国と言われているのにもかかわらず


やっていることは後進国ですよ。


サクラを見る会とか自分の欲望だけ考えてないで


日本全体のことをもっと考えて欲しいです。


小さな動物の命を顧みない


動物ならいいやと言う思いが今の日本に表れています。






小さな猫を利用してお金を募って


結局、たくさんの猫は死んでしまったのです。


これも結構前から問題になっていた事件ですが


やっと逮捕されました。


栃木県警足利署は11月28日、足利市の無職、北口雄一容疑者(58)を、動物愛護法違反の疑いで現行犯逮捕した。
「室内は暑く、閉め切られ、猫たちはのびていました。衰弱し、猫エイズや白血病などに感染し、死にかけている子や死骸もありました。保護された猫の中には、尾っぽも目も動かさないほどに感情を失った猫がいたほどです」



野良で生きるのも、虐待に合ってしまったり、


交通事故にあったり、連れ去りにあってこういう事になったり


野良猫も生きるのはとても大変です。


だから、助けてあげたいのですが


避妊手術を受けさせないで子猫を生ませている人がまだいるのです。


それで生ませて子猫を捨てたり、


可愛そうなのら猫が生まれるのです。


助けてあげたいけれど


地方都市の方がそういうことが多くて


広くて数が多くて、すべては助けられないのです。


1匹でも多くの猫が幸せに暮らしてほしいです。


動物実験も止めてください。


そんな実験して、そんなうさぎをほっておいて


自分は家に帰ってゆっくり寝るなんてこと


人としてやってはいけないことです。
ラベル:動物実験
posted by マミー at 19:40| Comment(0) | 虐待犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

あちこちで猫の虐待が絶えません。





保護猫をあたかもかわいがっているように見せかけて、飼っている猫を虐待して死なせた奴です。


写真の子は保護されて今は危険のないところで可愛がってもらっています。


鼻の所はやけどらしいです。


獣医さんが言うには、ライターか何かで焼かないとこんなにピンポイントで


やけどはできないという事です。


こんな奴に猫を飼ってほしくない。


まるで自分のストレスを発散させるために猫を飼ったような男です。


保護猫詐欺ですね。






他にも日本全国、虐待を受けている子がたくさんいます。


それを守ろうとしている人たちがいます。


虐待されてしまった子たちは病院に通ったりして


治療をしますが、お金がかかります。


こうして寄付を募っているところもあります。


小さな猫に自分のストレスを発散させるやつ。


こうして猫たちを保護して募金を募る人たち。


どっちも同じ人間のやることです。


猫を虐待していたやつの孫が交通事故だったかで死んだそう。


本人に行くんじゃなく、違うやつの所に因果が行くんだ。


因果応報。


そういう風に出来ているのです。






独身の男はだめらしいです。


どうかやっと保護されて幸せになれると思った猫たちが


またまた虐待されるなんてことの無いように


里親詐欺にあって、死んでしまったり、捨てられたなんてことの無いように


してほしいです。
ラベル:里親詐欺
posted by マミー at 23:49| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

信玄の膀胱炎

今日も信玄の病院に行ってきました。


抗生剤でだいぶ、尿の中の菌は少なくなってきたけれど


あんまり、抗生剤ばっかり飲んでいると菌に耐性が出来てしまいよくないので


サプリにしたらどうでしょうかと先生からの提案。


前の獣医さんではそんなこと言われたことなかったし


ロイヤルカナンの食事療法食のカリカリのことも言われたことなくて


信玄に便秘のウニのロイヤルカナンの消化器サポート(可溶性繊維)ドライって言うのを食べさせても


何も言われなかったのに


今度の先生は、ロイヤルカナンのカリカリのことも詳しくて


「それは便秘の子のカリカリで、下痢をしやすい信玄にはダメだよ」って。


それで消化器サポートでも可溶性繊維じゃなくて、普通の胃腸の弱い子用の


カリカリを紹介してくれて、


それにしたら抗生剤を飲んでいても、信玄のお腹がゆるくなることはなく


順調に治ってきて


今度紹介されたサプリは「ウロアクト」


2019-12-15_194821.png


尿路結石を予防するクランベリーパウダーの入った物。


結構なお値段ですが、飲み続けているといいかもしれないという事で購入しました。


前から、獣医さんと猫との相性があるのは分かっていたけれど


近いからと言って、合わないところに連れて行っていた私が申し訳なかったと


今更ながら反省しています。


信玄に申し訳なかった。


それに、何回も通院しなさいと引っ張らないで


カリカリも押し売り感なく、


余計なことはしない感じの先生で


信玄にはよかったと思いました。


いろんな先生に行って見るもんだ。


信玄、長生きしようね。


26856.jpg
ラベル:くう動物病院
posted by マミー at 19:54| Comment(0) | 膀胱炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

千葉市内や千葉県内でも多発する動物虐待問題





ほんとに早く解決をしてほしいです。


犯人も早く捕まってほしい。


もう犠牲になる猫が捕獲されませんようにと祈るしかなくて


無力感です。


でも、大矢みたく絶対に捕まります。


絶対、悪事が続くことはないのです。


2019-05-08_114450.png


生まれたばかりの小さな子猫を母猫の前で殺した北川のことも


忘れたことはありません。


あんな無力な可愛い存在を握りつぶすように簡単に殺せる人間の本質が


恐ろしい。


そんな奴が世界中にたくさんいて、犠牲になる猫もたくさんいることが


辛くて、悲しいです。


それをわざわざアップするやつらを絶対に捕まえないといけません。


そんなことが許されてはいけないのです。


猫を虐待していたおばあさんの家が火事になったと今日、twitterに上がってました。


申し訳ないが、ざまーみろの因果応報です。


やったことは自分に戻ってくるのです。


天網恢恢疎にして漏らさずですよ。


私たちは見ていなくても、どこかできっと


犯人に戻ってきますよ。


大矢だってそうでしょう。


会社を首になって、仕事も失って


整形しても、人に追いかけられ、後ろ指刺され


警察に保護を求めている今の姿。


猫たちはけっして許さないと思いますよ。


猫たちは純粋だからそんなことないかもしれないけれど


私たちは絶対に許さないですから。


千葉の虐待魔も寂しい生活を一人でしているんですよ。


早く捕まって欲しい。


警察も本気になってほしいです。
ラベル:千葉県
posted by マミー at 20:28| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

近所の病院に行ってきました。

先生もきちんと検査をしてくれる


好印象の先生でした。


信玄のおしっこはやっぱり、雑菌がいっぱいで膀胱炎でした。


抗生剤を飲んで1週間後にまたおしっこ検査に行くことに。


圧迫排尿の子は、事故にあった時点で膀胱炎からは逃れられないようです。


自分でおしっこする子は病原菌もその時に押しだしているのだけれど


圧迫排尿の子は自分でそれができないんだからしょうがないんだと言われました。


もうおじいちゃんで、半身不随というだけで大変なのに


やせ細った野良でお外で暮らしていた時と


今はそんなこと心配しなくていいけれど、しょっちゅう病院に行って


薬を飲まされて生きていくのと


どっちが信玄にとって幸せなのだろうか。


時々、考えてしまいます。


67154661_701964116893077_5294019720326938624_o.jpg



信玄を助けると言ったとき、選択肢は3つと獣医さんに言われました。


安楽死か、それともこのまま元の場所に返してくるか、


一生、めんどうをみるか。


その時は、獣医さんがなんてことを言うのだろうかとおもったけれど、


野良猫をたくさん保護してきた先生だからこそ、


たくさんの野良の生きざまを見てきた先生だから


そういう言葉が出たのだと


今なら、今の私なら分かります。


その時の私は、


こんなに大事故で死にそうなのに「シャーシャー」言って


逃げようとする信玄の生命力を見て


思わず保護をしてしまったけれど


ほんとは信玄はどうだったのだろう。


このまま死んだ方がいいと思っていただろうか。


誰も助けないなんて人間って。。。ってその時の私は思ったけれど


猫にとっては、どうなのだろう。


生きることに純粋だから、生きようとするだろうが


そこに人間が手を貸していいのだろうか?


信玄をお尻浴させて、そんなことを考えてしまいます。


かかわったからには、これからの信玄が少しでも幸せを感じてくれるように


一緒に頑張って生きていこうと思います。


信玄から教えられることはたくさん。


私が信玄に救ってもらっているのかもしれないのですから。


出会ったのも運命ってことですね。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 19:45| Comment(2) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする