UA-115490970-2

2019年10月31日

猫の匂いに悩んだとき

3匹も猫がいると毛が舞うのは当然ですが


おしっこの匂いがこもるのが悩みでした。


引っ越してきたばかりで荷物がまだ整理できてないとき


猫たちと猫部屋で一緒に寝たのですが


寝ると顔の高さが猫トイレと同じくらいになります。


その部屋には猫トイレが2個置いてあって、


おしっこ臭かったのです。


それで、猫のトイレとか掃除した後のごみ箱、何か買わないとなぁと思っていたのです。


OKストアのペット用品売り場に行ったとき、見つけました。


「猫のトイレの匂いな悩んでいる方へ」私じゃん!!


75289849_765592523863569_1258891236996022272_n.jpg


77325577_765592577196897_5949097984967835648_n.jpg


一緒についているスコップで直接捨てても匂いがしないというごみ箱。


私は3か所トイレを置いているので、ビニール袋に入れて捨てていますが


全然においません。


ごみの穴の途中に仕切り番があって匂いが上から出ない構造になっていて


匂いの悩みがなくなりました。これで空気清浄器つければ完璧です。


娘が遊びに来るといつも猫くさいと言われるのですが


今度来た時になんというでしょうか。楽しみです。
ラベル:猫の匂い
posted by マミー at 10:40| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

何処までも犬猫の命を食いつぶし金にする人間





繁殖に使われてもう役に立たなくなった猫を今度は保護猫とウソ偽りの看板で


同情してくれる人に売りつける。


信じられません。


繁殖用としてこき使われたらなら、すぐに病院に行って


検査、治療すべき猫ちゃんですよ。


心も体もゆっくりと休みが必要な猫ちゃんです。


それを保護猫っていかにも大変なところを助けて保護したんだというような


いつわった看板で飼いネコとして売るなんて。


保護猫は誕生日が分かりません。


家にいる3匹も大体の年を想像してカリカリを与えています。


獣医さんと相談して何歳ぐらいか聞いて


治療しているのです。


誕生日が分かる保護ねこさんといったら


お母さん猫が保護されて、保護先で生まれた子たちだけで


ほんとにラッキーな子たちだけなのです。


こんなボロボロになって。


獣医さんは足や歩き方で大体どんな生活をしてきたか分かります。


今回は保護してもらったからよかったけれど


保護猫として格安で売り出しても売れ残った子たちはどうなったのか


想像するだけで恐ろしいです。


フカフカなベッドで寝ることも知らないで


ベッドの上で寝転んで寝ている幸せな子たちがたくさんいることも知らずに


死んでいくのです。


何処までも、わんちゃんや猫ちゃんを食い物にしてお金を稼ぐ。


犬猫を見るとお金に見えるそうで


ペット業界はお金が儲かるので政治家が動きたがらないという


癒着のある業界で、それで法規制が進まないと噂されています。


犬や猫たち、また他の動物たちの命の重さなんて軽々しく扱われています。


きちんとした権利があることをこれから運動していかなければいけません。


災害の時、ペットを連れていけないなんてことがあってはっていけません。


もうそんな時代ではないのです。


全ての地球上の動物が人間に阻害されることなく生きていかれますように。


すべての動物がいなくなった時、人間も生きていけないのですよ。


それを今人間たちは忘れています。
posted by マミー at 12:16| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

僕が肉をやめた理由。





最近、テレビでおいしいものを紹介し、たくさん食べている番組を見る機会が多いですが


いつも、違和感を感じています。


肉料理、みんなかぶりついてますね。


私は野菜を食べていると調子がいいのですが、


肉も全然食べないというわけではなく


時々、食べたくなる時もあります。


でも、肉を食べているとある場面が浮かんできて


美味しそうにテレビでステーキを食べているとある場面が浮かんできて


食欲がなくなります。


その場面と言うのが、たぶんアメリカだと思うのですが


豚や牛がひどい扱いを受けて


これからと殺されるのだからと水も飲めず


ほんとにひどい扱いで見ていられないyoutubeの画像です。


洋服でも、羊の柔らかいカーフスキン


あれって1歳にならない子供の羊の革です。


羊の毛を刈る場面でも、殴る蹴るとひどい毛刈りの画像を見て


ショックとしか言いようがなく


カーフスキン、あとこの柔らかい肉は1歳ならない子牛の肉ですとか聞くと


その子たちが殺される場面が浮かんできて。


確実に肉を食べる機会は減ってきました。






セブンイレブンで、ヴィーガン弁当が販売開始とのこと。


そんなニュースを聞くとぜひ食べたいと思ってしまうのです。


これ以上、肉を食べるために殺生は止めて欲しい。


そう思うこの頃です。


ヴィーガンになれば、この罪悪感はきっとなくなるでしょう。
ラベル:ヴィーガン
posted by マミー at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

最近、虐待が多すぎる。





この事件のように人なれしていて、スリ寄ってくる猫は危ないです。


ましてそんなひどい扱いをされたことのない猫は人を信じていて



そのショックは計り知れないです。


猫もトラウマになってしまいます。


この方が見ていたから助かったけれど


誰もいなかったらと思うと怖いです。


よかったね、助かって。


でも、これからも気を付けてほしいです。


今、日本全国で沖縄や千葉県で猫の虐待が止まりません。






どうか常識のある目で見て、野良猫を助けて下さい。


たばこを猫に投げつけたり、仕事帰りに猫に玉ねぎを食べさせたり


何もしていない野良猫を蹴り上げたり、子猫をふんずけたり


これは実際にあったことです。


叩きつけて殺したり。


そんなことゆるされますか?


なぜ野良猫だとそんなことされても罪にならないのでしょうか?


常識のある目で監視をお願いします。


猫が嫌いなら近づかない。


猫が好きなら、この人のように見守って危険がないように


監視お願いします。


犬や猫を平和で暮らしていけますように。
ラベル:虐待事件
posted by マミー at 22:42| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

千葉県で虐待案件




猫を捕獲して長時間虐待する様子を文で伝えています。


どこまで本当かわかりませんが


実際にやらないとここまで書けないだろうと言うような表現があります。


車庫を防音設備にして子猫を虐待しています。


多分、こんなことしていたら人間にも平気でやりそうな危険人物です。


画像が出さずに結構用心深い。


千葉では最近、子猫の惨殺死体がたくさん見つかったりしています。


近所で大きな車庫を持っている単身者がいたら


気を付けてください。


車で捕獲機をもって出入りしていたら、通報お願いします。


罪のない猫ちゃん、こんな目に合わせたくありません。


どうか通報お願いいたします。
ラベル:千葉県内
posted by マミー at 11:50| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする