UA-115490970-2

2019年09月12日

ハナ動物病院の太田先生 愛犬亡くす

2019-09-12_011727.png
https://ameblo.jp/cafe-nekokatsu/entry-12109606096.htmlより


うちの信玄もお世話になっている太田先生がずっと一緒に生活していた愛犬ハナコを亡くしたそうです。


なんて言葉をかけたらいいのか分かりません。


野良猫や野良犬を連れていくと嫌がる獣医師も多い中


先生は保護猫、保護犬の活動をしていて


ねこけんさんと一緒に保護猫の去勢手術をしてくれています。


信玄も汚い野良で、交通事故に合って、いま捕まえてきたばかりの悪臭のする信玄を


嫌な顔もせずに診てくださったのです。


そのあとも信玄の心配をして電話をくださったり


何処に電話しても、誰も電話に出てくれない大晦日、先生だけが電話に出てくれて


連れておいでと言ってくれたのです。


数日前から具合が悪くて、朝、嘔吐した信玄を診てくださった先生。


その病院でハナコは先生の診察しているところに来たりしていましたね。


おとなしいワンちゃんで、野良猫の信玄が診察台に乗っていても


全然、平気でこんなの慣れていますからって感じでした。


そんなハナコが亡くなったそうです。


きっと幸せだったことでしょう。


先生、どうか元気を出してくださいね。
ラベル:ハナコ死去
posted by マミー at 01:31| Comment(0) | ハナ動物病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

今回の台風で





ねこけんさんは、運営がうまくいているようで


見ていて、安心。任せられます。


今回の台風で千葉の被害が甚大で


私も姉が千葉の市原に住んでいるので、いまだに停電。


ソーラーパネルから火が出ているという事態になっています。


コンビニもお店も締まっているらしく、何か持って行ってやろうかと思ってみても


道路もあちこち閉鎖されているらしく


千葉の道に詳しくない私はちょっとしり込み。


まして電車も動いていないので行けずに。


カップラーメンでも送ってやりたいのですが。。。


ねこけんさんはそんなことも物ともせずに


さっさと救助に行って、猫たちを助けたらしい。


この行動力を私も見習いたい。猫たちの命がかかっているのですから


ねこけん代表溝上さんにしたら当たり前なのでしょう。


ねこけんさん、いつもありがとうございます。


ねこけんさんから譲り受けたウニちゃんは元気でやっておりますよ。



46837553_571162239973266_7440240596402307072_n.jpg
posted by マミー at 11:12| Comment(0) | ねこけん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

最近、思うのです。





一生懸命に犬猫を助けようとしているのに


みんな同じ願いをもっているのに


動物愛護の方々が、憎しみあってお互いを攻撃しあって


それでは、助かる命も助かりません。


きちんと活動してくださっている施設にもいちいち


文句を付けて。。。


寄付していたら何を言ってもいいわけじゃない。


寄付をしたら、そこで活動している方々に任せますと言う気持ちです。


そう言う気持ちがないなら、安心して任せられないと言うなら


自分で活動するほうがいいのです。


寄付を援助もしないのに文句だけ言うなんて持ってのほかです。


「あんた、1匹も助けちゃいないだろう。」って文句を言っていた人を見かけましたが


そういうあなたは助けているのでしょうか?


実際に保健所なり保護施設に行って、1匹でも救っているのでしょうか?


もちろん、twitterを見ていると「こいつ変じゃね?」という人もいます。


でも、変な人にかまっているより1匹でも期限が迫っている犬猫を助けることをする方が


どんなに意義があるか。


愛護を語っていてもきちんと活動をしないでただの多頭飼い崩壊になっているところもあります。


が、実際にあなたは行動しましたか?


自分にできることをしましたか?


一生懸命にやっている人に絡んでいるより


犬猫の命を広めることに専念しましょう。


一つでも多くの署名を集めるとか


やることはいくらでもあります。


動物愛護を目指しているもの同士が言い争っているのは


何の利益にもなりません。


目的は、殺処分される命を


虐待されている動物を助けたいのです。


どうか同じ目的を持った者同士


一つでも多くの命を救いましょう。


毎日、期限が来て殺処分されている子たちを助ける協力をお願いします。

ラベル:愛護活動
posted by マミー at 23:12| Comment(0) | 動物愛護法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする