UA-115490970-2

2019年06月18日

こいつこいつ、名古屋の「 毎日タクシー 」





何もしていない猫に向かってたばこを投げつけています。


猫が逃げなかったら危ない!危ない!


何されるか分かりませんね。


この画像を見たたくさんの人に避難されたらしく、一転態度が変わる。


小さなものにはでかい態度。


こういうテレビとか権力にはへーこら。


困ったもんだ。


カメラに映ってなかったら、何されるか分かりませんね。


お〜こわ。


ほんとにタクシードライバーだっていい人はたくさんいるんですよ。


こういうやつらがいるとタクシーの運ちゃんは!って言われるんだ。


小さい弱い者には優しくしろよ。


そう習わなかったのかな?
posted by マミー at 01:16| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉県って猫の虐待が多いところですよね。





本当に猫たちのことを思っての地域猫推奨じゃないのでしょうね。


猫のことなんて全然考えていない。


雨が降ったら、外猫はどうしているんだろうとか


寒い日には、どこか暖かいところを見つけているだろうか


大雨の日は、ご飯も食べずにじっとしているんだろうとか


私たちが思っていることの何十分の1くらいしか、いや全然考えてないかもしれない。








土地のある千葉県なら行政でウンと言えば


猫たちの土地なんて確保できるだろうに。


だから、その余波が野良猫にきて


猫嫌いな人に意地悪され、虐待されるんですよ。


行政なんて猫や野良犬のことなんて何も思いやっていませんよ。
ラベル:千葉県市川市
posted by マミー at 00:47| Comment(0) | 動物虐待助長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

ねこけんさんの活躍 ブログから





顔が半分亡くなっても、一生懸命生きようとしている姿に何も感じない人いないでしょう。


応援していますよ。


でも、やっぱり痛かったり具合が悪かったりするんだね。


食欲がなくなったり、つらい思いをして


眼球から水を注射器で抜いて、少しは楽になったのでしょうか?


痛いのによく我慢して頑張ってるね。


あと、亡くなってしまった蛆がわいた子ですが


うちの信玄もそうでした。


私が助けに行ったときには、身体にはまだ小さくてやせ細った蛆が歩いていて


ひどい悪臭を放って、やぶ蚊がブンブン信玄の身体に容赦なくたかって


信玄の耳は蚊に刺されて、ごつごつの状態で


半身不随で這いずって逃げまわっていました。


近所の人が猫を助けてくださいと保健所に連絡したら


生きていたら引き取れないと。


死んだら連絡くださいと言われたそうです。


アメリカのように倒れている動物はまず助けましょうよ。


なんですか。死んだら知らせろって。


それを聞いた私はその人がSOSを出してくれて


信玄の存在を知って助けることができたのです。


もちろん、信玄の体力や持っている運とか


ありますが、信玄は生きました。



「シャーシャー」言いながら、治療を受けて


治してくれた先生の顔を見て、迎えに行った私の顔を見上げて


スカイツリーを見ながら自宅に帰ったあの光景は今でも忘れられません。


私もねこけんさんと同じように生きる命なら生かせてあげたい。


どんなに助けたくても死んでいく子もいるのですから。


治療費はかかったけれど、今でも目の前に倒れた猫がいたら


私はお金を持っていなくても獣医さんの所に連れていくと思います。





ラベル:保護猫
posted by マミー at 00:45| Comment(0) | ねこけん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

札幌女児衰弱死 飼い猫13匹も飼育放棄





やっぱり、児童虐待と動物虐待は一緒ですね。


動物を飼うという事は子供を育てるのと似ていますから


きちんとした日常生活が出来ていない人は動物も飼えないのです。


たくさんの猫が去勢手術もしていないために


子猫をたくさん産んでいたそうです。


片付けられていないご飯も水のない部屋でどうやって暮らしていたのでしょう。


その糞尿の中で、女の子もご飯も与えられずに死んでいったと思うと


可愛そう。


でも、猫たちもかわいそう。


猫ってあんまり水を飲まない動物なのですが


保護する方が救助に入ってお水を上げたらゴクゴク飲んだそうです。


どれだけ放置されていたのでしょうか?


みんな衰弱していて、病院に入院や通院だそうです。


動物はモノ扱いなので、いちいち所有者にお伺いを立てないとできないのですが


所有者は逮捕されて留置されているので


猫たちを救助するのも大変だったそうです。


子猫もいっぱいで、ガリガリに痩せていたそうです。


女の子は助けられなかったですが、せめて猫たちはこれから幸せに暮らして


いって欲しいです。


日本ってこのままで大丈夫か?


海外のように所有者にお伺い立てなくても


一つの命として扱えるようになるといいです。
posted by マミー at 12:49| Comment(0) | 児童虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

富山 猫虐殺 新村健治 ついに逮捕されました。





一生懸命、小さな命を助けようと動く人もいれば


こういう馬鹿なやつもたくさんいて、


私達は微力でも、1匹1匹、出会った小さな命を助けていかないとならないです。






テレビのニュースでも多数取り上げられていて


ペットにマイクロチップを義務化するなど


ちょっとは世間も動いているようで


社会的にも、動物虐待が取り上げられているので


ここで頑張らないといけないです。



この男の顔もやっとテレビに出ました。


これからです。


まだまだ、犠牲になった猫たちのためにも戦っていかないとなりません。



動物愛護法違反でも、立件されるようにして行きましょう。
posted by マミー at 15:31| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする