UA-115490970-2

2019年05月31日

twitterを見ていると





この赤いものは何なのでしょう。


日本中から、世界中から動物が人間に虐待されてこの事実を知ってくださいとか


また、子猫が次々と生まれて捨てられていて


助けてくださいというのを見ます。


あっちからもこっちからも。


多頭飼い崩壊であと1ヶ月で60匹のワンちゃんが処分されますとか


なぜそんな簡単に処分する。


多頭飼い崩壊現場から助かったと思ったら、また地獄に落とすんですか?


なぜ助ける方向に行かないのでしょう。


助けているのはみんな民間で細々とボランティアでやっている人たちばっかり。


その人たちも消費税が10%になるというような大変な生活の中からレスキューしているというのに


そして、自分の欲望のために犬をこんな不健康な目に合わせる人もいて


何でしょう。この真っ赤なチワワは幸せですか?


助けたい命はたくさんあるのに


海外からもたくさん寄せられているというのに


私が出来ることは、CHANGE ORG賛成の署名とリツイートだけです。


1匹の猫も助けられないのです。


先日、期限が来てしまった3本足のお母さん犬はもう死んでしまったでしょうか?


気になっているのですが。。。。


twitterにも載っていないので、殺処分されてしまったのでしょうか?


ワンちゃん1匹も助けられないです。


そうしてtwitterを止めていく人がたくさんいます。


虐待画像をもう見たくない。


反愛護につきまとわれて、いやな思いをしてもうやめますという人もたくさんいます。


何だろう。


助けたいと思う心がボロボロになって心砕かれて止めていって


虐待を続けている人がほくそ笑むという図がむかつきます。


虐待をどうにかしないといけないし、止めさせたいし


小さな命を助けたいという人たちを増やしたいです。


でも、それには強い心と覚悟を持たないとできなくて


twitterって、何でしょう。


虐待画像は流すのに、それに反発する人がルール違反とアカウント停止されたり


これでいいのでしょうか?


何かかえないといけない気がします。


twitter社、虐待画像をもう流すな!!


この赤いチワワ、色を抜かないと早死にします。
ラベル:Twitter社
posted by マミー at 19:22| Comment(0) | 動物虐待画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「殺処分数」にカウントされない殺処分に不安





東京もtokyo zeroを目指して、東京オリンピックまでに殺処分0を目指し、達成されたと発表されたが


実際は殺処分していたことがわかった。


「殺処分ゼロ」発表の東京都、実は146匹を殺処分
 この4月、18年度に「犬猫殺処分ゼロ」を達成したと発表した東京都の場合、実は、新たな飼い主に譲渡するのは不適切であると分類した犬猫146匹を殺処分している(速報値)。収容中にケガや病気で死んだ犬猫も211匹いた。
 東京都では16年度に発表した15年度分からこのような分類・集計方法を採用しており、16年度に就任した小池百合子都知事が「犬猫の殺処分ゼロ」という目標を立てたことを理由に挙げる。「すべての殺処分をゼロにすることは不可能。努力で減らせる殺処分をゼロにしていくために、このような分類・集計方法に変更した」(都環境保健衛生課)と説明する。



その不適切と誰が判断するのか。


自治体に判断を任せた場合、土地土地によって判断基準が違っては


殺処分は今と変わらないことになってしまう。


私たちが目指すのは、手のかかる子犬や子猫も殺処分しないことです。


どんなに人に吠えても、かみつく子でも殺さないで死ぬまで生きて居られるのを


目指しているのに、手がかかるから、吠えるからと処分されたら


今と変わらない、闇から闇に知らないうちに殺されている子がいるという事実。


里親が現れなくても、そこで生きられるそういう施設が望みなのです。


ちょっと食い違いが出ています。


怪我をしていたら、病院で診てもらいたいし


そのままほっておいて殺すことはちょっと違うのです。


どうせ処分するからケガしていても、ほっておくとか


具合が悪いのに見殺しにするとかはちょっと違う。



大阪市で10億円をかけて殺処分機を導入したそうですが


そのお金があれば、そういう子たちも救えます。


ボランティアを募って活動することを考えるとか


生かす方向でいくらでもできることはあるのに


死なすことにお金をかけることが日本は貧しいのです。


先進国のはずなのに、動物に対してはまるで後進国です。


このようなインチキくさい分類法や集計法をきちんと


監視する必要性を感じます。
posted by マミー at 01:30| Comment(0) | TOKYO ZERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

これはひどい!こんな人ばっかり?





命をなんだと思っているのでしょうか?


餌を忘れたのは100歩譲ったとして


思い出したら「ごめんなさい」で速攻、ご飯あげるでしょ。


グッタリしてたら、普通、助けようとどうにかするでしょ?


それを平気で笑い話にしているって


何なのでしょう?


それってネグレクトといって犯罪ですから。


どんなに小さな生き物でも、それ犯罪ですよ。


その友達も平気で聞いてるって類は友を呼ぶのでしょうか?


信じられないです。


もうペットを買うな。。ペットを飼うな。。


こういう人たちが多いのでしょうか?今の日本。


そんなことないと思いたいです。


こんなOL何処の会社だ?


ほんとに悲しい。


ハムスターに青く着色したりして虐待しているハムハムTV


ああ、今はTVハムハムに変えたんだっけ。


みんなから通報されて。


そいつと変わらないですね。


同じ虐待ですよ。


こういう人が母になったら、、、と考えると恐ろしいわ。
ラベル:ハムスター
posted by マミー at 23:41| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助けてあげたいお母さんワンちゃん





助けてあげたいです。


死なせたくない。


でも、力がなくて助けられません。


3本足で一生懸命に子犬を生んで、育てていたのに


人間に捕まって、期限というものを付けられ


誰も助けてくれないと命を奪われてしまいます。


助けてあげたい。


でも、うちは3匹の猫で手いっぱいで余裕がありません。


助けてあげたい。


でも、周南市まで迎えに行けない。


時間もお金もなくて、誰かが助けてくれることを待つしかないって


辛いです。


辛い中、一生懸命に生きてきたこのワンちゃん。


期限が迫っています。


助けてあげたい。子犬に会わせてあげたい。


一緒に居たいだろうに、子犬とお母さんを引き裂いたのです。



人間って自分勝手で。


助けてあげたい。


無力でつらいです。
ラベル:周南市の野犬
posted by マミー at 01:02| Comment(0) | 保護犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

山口県下関市本町 猫虐待の件。9匹目10匹目の負傷猫を捕獲









とりあえず捕獲していただけたみたいで、よかったです。


治療してもらって治るといいね。


絶対に治って元気になってね。


ここの虐待事件もなかなか犯人が捕まらなくて


長引いていますね。


警察も頑張って早く捕まえてください。


こんなにケガして、いったいこの子たちが何をしたって言うのでしょう。


何も言えない弱いものに虐待を加えるなんて卑怯です。


1回成功すると、どんどんエスカレートして次々と襲うのですね。


犯人が、一刻も早く捕まることを祈ります。 


DVや子供の虐待とか


動物の虐待経験者が多いらしいです。


親に虐待されて育った子供は大きくなるにつれ


動物虐待したり、自分の子供に暴力をふるったりと


弱いものに行きます。


何かここのうちおかしいぞと思ったら、警察に通報してください。


子供でも動物でも、虐待は許されることではありません。


暴力の連鎖を止めましょう。


自分がやられて嫌だったことを他のものにやってはいけません。



挙動不審の物がいたら警察に通報してください。


地域の人に協力してもらうしか


解決の道はありません。


地域の安全を守ってください。


他にもまだ負傷している猫たちがいるらしく


早く捕獲できて、助けられますように。
posted by マミー at 23:49| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする