UA-115490970-2

2019年02月28日

福猫舎あぶくまシェルターについて


2011年3月11日。

東日本大震災、東京電力福島第一原発の爆発事故による避難で、


人のいない町に取り残された犬や猫などの被災どうぶつの保護をするハウス型シェルター「福猫舎」。


それが、twitterで何やらざわついていて、炎上したりしていて


どうしたのかと思っていたところ、いつも訪問させていただいているブログにその報告が詳しく載っていて


惨状の写真もみて、こういう事なのかとわかった次第です。


猫や犬を保護して一生懸命にやっていたはずなのに


詳しくはこのブログを見てください。


みっくす★ジュース おかわり!

http://mixjuice2haime.blog.fc2.com/blog-entry-1828.html

http://mixjuice2haime.blog.fc2.com/blog-entry-1829.html

http://mixjuice2haime.blog.fc2.com/blog-entry-1830.html

http://mixjuice2haime.blog.fc2.com/blog-entry-1832.html


https://twitter.com/mameK527


猫たちを保護すると寄付などを募っていたのに、


それがきちんとした収支報告も出されずに


様子がおかしいと思ったときには、猫たちはひどい状態で


募った物資も積み上げられて野ざらし状態、


毛布やケイジや猫砂、猫缶、キャットフード。


全て廃棄処分になっているだけでなく、地域の自治会長や近所の人からも


苦情が来るほどの状態で


猫たちを保護すると言っていたのが、崩壊して多頭飼い崩壊状態になっていたと


そういう現状です。


今までも、猫たちを保護するからと寄付金を集めておきながら、


猫たちを叩きつけたり虐待をしていた事件がありましたが、


あれは捕まったんだと思いますが


そんなことがあったすぐにまたこの福猫舎です。


信じて寄付した人、物資を送った人。


そんなに寄付されたものがあったのに、自分たちに使われずに家の外で朽ち果てていた


保護されるはずの衰弱した猫たち。


こんなことなら、野良をやっていたほうがよかったのかもです。


福島なら、虐待する人も入ってこないでしょうから。


私はただ蚊帳の外で、その事件の推移を見聞きしているだけなので


何も非害はなく、一望感謝ですが



片付けている写真等を見るに心が痛くなります。


猫を助けたいという皆さんの善意が家の外であまざらしで朽ち果てているのです。


皆さんの善意が猫たちには届かずに、それが悔しいです。


これから、寄付したり物資を送るにしても


きちんと送り先の収支報告やブログなどできちんと報告のあるとことにしないといけないなと


改めて感じました。


本当にそういう寄付金詐欺は多いですし、ここのように


当初の計画通りに進んでいないところもあるようです。


これからも福猫舎あぶくまシェルターについては見守っていきたいです。
ラベル:保護動物
posted by マミー at 22:31| Comment(0) | 災害避難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

最近の信玄

去年の目標は、ケイジから出るのを嫌がって


ケイジの中にばっかり居たがる信玄が他の猫のように


好きなところにいって、居眠りしたり自由にできるといいなという事でしたが


50322060_600120683744088_5062085670957219840_n.jpg


このように居ることは居るのですが


私も出たり入ったりで落ち着かないようで


耳が温かくなっていて、眠そうなのになかなか寝ないで


寝ても他の雑音ですぐ起きてしまったり


ケイジに入っている方が安心して寝られているようでした。


しかし、2日ほど前にお腹壊して


信玄は圧迫排尿なので、基本私がお腹を圧迫すると💩も出るように


なっていて、それがお腹が痛かったり調子が悪いと


必然的にケイジの中で出てしまうので、自分の寝ているところが


汚れてしまって、綺麗好きの信玄はいるところが無くなって嫌な時には


いつもなかなか鳴かない信玄が「ニャー」と一言鳴いて知らせてくれるのです。


何かあったなと私が駆け付け、綺麗にするという事になるのですが


2日ほど前にお腹を壊した時に、朝8時ころに「ニャ―」と鳴いたので行って見たら


ケイジの外に信玄が出て座っており


どうしたの?と抱っこしたら、ゆるい💩だったというわけです。


掃除をして、お尻を洗って、乾かし、ケイジをキレイにして


しばらくは静かに寝ていたので私は外出し


そしたら、私が外出している間にもまた💩が出たらしく


ケイジから出ていました。


娘が写真を送ってきました。


2019-02-27_132240.jpg



今まで、自分からケイジを出ることがなかったので


いよいよケイジの外に慣れてきたみたいです。


やっぱり、お腹の調子が良くなくて、その後病院に連れていきましたが


お腹が治った夜もケイジの外に出てきて寝たいと言っていましたが


寝るときだけは、お腹の調子も今一つだったし、


いつも一緒に寝ているタラ、ウニもそれぞれの寝場所に移動して寝るので


寝るときだけはケイジに戻して寝かせました。


でも、出てきちゃうので出てこれないようにファスナーをしめて寝ましたが。(簡易ケイジなので)


48415361_583607998728690_1379063824937648128_o.jpg


私が家にいるときはほとんどケイジから出て、昼は他の猫と一緒に寝るようになりました。


2019-02-27_133659.jpg



後は、ざわざわしていても、人が動いても他の猫のように寝ていても大丈夫だよと分かってくれるといいです。


お腹の調子も薬を飲ませて、治ったみたいです。


飲ませるときは嫌がっていますが、強制的にシリンジでごっくんとさせています。
posted by マミー at 13:40| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

チュール大好き信玄





まえに信玄を救助するときに、チュールなら食べてくれるかと思って持って行ったのですが、


その時は必死だったので、チュールには見向きもしないで


ところが保護されて家に慣れて来たらチュール大好き。


具合が悪い時もチュールだけは食べてくれるのでありがたいはありがたいのですが


圧迫排尿の信玄にはあまりよくないらしい。


上げる本数を気を付けないとです。


皆さんは知っていましたか?


チュールの塩分濃度。


猫は腎臓病になりやすいです。



水をたくさん飲むようにさせて


気を付けましょう。



2019-02-26_152115.jpg
ラベル:チュール
posted by マミー at 15:17| Comment(0) | ペットフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

また、神戸で飼い犬虐待




今はこのインスタは削除されたみたいで見れませんが


またしても飼い犬を虐待しています。


沢山通報されてます。



それでアカウント停止になって今は見れません。


この間のワンちゃんのように保護されるといいですね。







また今日はこの事件でtwitter炎上ですね。


名前も伏せていて、書類送検のみ


こんなに軽い罪だから、虐待する人が後を絶たないんですよ。


名前も住所も出してください。未成年者じゃないんですから。


捕まえてくれたことはありがたいですが、なんか素直に喜べません。


次から次へと湧いてきます。


もっと罪を厳しくしたらどうでしょうか?
ラベル:相模原市
posted by マミー at 22:35| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

NHK「かぞくになろうよ」

皆さん、NHKの「家族になろうよ」保護猫保護犬の番組見ましたか?


遅すぎるだろうって言うくらい今頃こんな特集遅いと思うほど


時代に取り残されている遅さですが、取り組んでくれたことはこれから


日本が変わっていくのに大きな働きをしてくれると期待します。


昨日、録画したものを見ていたら第3部に


うちがお世話になっているH動物病院の太田先生がコメンテーターに出ていました。



先生は学生の頃から動物の保護に一生懸命に取り組んだいらっしゃる先生で



野良猫のTRN運動の一環の去勢手術とかもやっている先生です。


52534560_617836981972458_9002939385917734912_n.jpg


うちの信玄も元野良で交通事故の瀕死の所


先生の所に連れて行って


悪臭を放つ保護した時の木や草まで一緒に持ち込んだのを


圧迫排尿してくれ、レボリューションをして


点滴をして処置をしてくださった先生です。


汚い野良猫を持ち込むのを嫌がる先生も多い中、


さすがに太田先生はそんなことには動ぜず


テキパキと、信玄が何されるか心配で先生の方を向いて見ていた時


先生が「あ、どうも」って信玄に挨拶していたのが印象に残っています。


一見、不愛想ですがそれからも何かあると先生の所に連れて行って


診てもらっています。


大晦日に具合が悪くなって私が見てくれる病院を探していたところ、


病院に電話したら、先生が直接電話に出てくれて


「連れておいで。病院は休みだけれど手術していて病院にはいるから」っていう



先生の声にどんだけ安心して、助かったことか。


テレビでも言ってくれました。


「今の殺処分の数の多さにもっと危機感を持って欲しい。」と。


明日殺される子たちにとっては、これからなんて意味がない。


すぐに助けないと意味がないんだよって。


もっとそういう活動をしてくれる獣医さんが増えてくれるといいです。


今、猫たちは元気で病院に行く理由がないですが


先生のぶっきらぼうの声を聞きたくなりました。


動物たちにはとっても優しい先生です。

posted by マミー at 11:16| Comment(0) | 野良猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする