UA-115490970-2

2018年11月29日

ウニ子


ウニは多頭飼い崩壊現場からレスキューされた猫です。

43880238_549627832126707_8573549884471246848_n.jpg

2018-04-26_213555.jpg


こんなひどい状態の所から40匹以上の猫が救出され


死んでしまった猫もいたり、病気や奇形の子もたくさんいたと聞いています。


ウニもその中で生まれ育ち、ひどい環境で猫風邪を引いて目がダメになりました。


それでも、救出され、病院にも連れて行ってもらって


命は助かりましたが、目は見えないままでした。(その後、弱視とわかりました)



他の猫たちと仲良く保護施設で生活を送り、里親募集されて


我が家にやってきました。


最初から人には慣れていてそんなに威嚇するという事はなかったのですが


最初にうちに来た時は、なでられてゴロゴロいうのですが


そのあとで小さく「シャー」といっていました。(笑)


今思えば、こんな小さな体で知らないところに来て、


怖かったと思います。(当時ウニは2.5キロなかった)


しばらくは、決してお腹を見せたりはせずに


37221769_485357641887060_6010167338970644480_n.jpg


かたくなに普通に丸くなってじっと寝ていました。


段々、家にも慣れ、他の猫にも慣れてきて


私たちにも慣れてきたんでしょう。


こいつら悪いやつではないと思ってくれたみたいで


段々、寝姿がへそ天になってきて



46882599_570486066707550_6603073641309536256_n.jpg

47012226_571170663305757_8870789667490889728_n.jpg

45886333_564009280688562_6478017190221053952_o.jpg

昨日あたりは

47102723_572655623157261_8004155199478300672_n.jpg

何処にいるのか分かりません。


チュールもおやつも何も食べない


ロイヤルカナンしか食べないウニ。


今は2.7キロ肥えてきました。


他の猫を蹴散らし、元気で駆け回っています。


おてんばです。


時々、ベッドから落っこちちゃうときもあるので



ケガしないで大きくなってくれればと思っています。


posted by マミー at 18:57| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

最近のウニ子

寒いのが苦手なウニ子ですが


今年はそれを見越して洋服の上に毛布みたいなのを着て寝ています。


その上に毛布を掛けて暖かいあんかの上で寝ないと


朝、鼻水が出ちゃうので


暖かく万全に寝ています。


そのせいか、寝姿が。。。


45886333_564009280688562_6478017190221053952_o.jpg

47012226_571170663305757_8870789667490889728_n.jpg

46882599_570486066707550_6603073641309536256_n.jpg


完全に爆睡。


夜は猫団子で寝たいのですが、ほかの猫との交渉がうまくいかないと


布団にもぐりこんで寝ています。


カリカリにリジンをかけて、免疫力アップを狙っています。


あんまり夜中に冷えないといいなぁ。


エアコンの暖房がウニ子の目によくなくて


ますますドライアイになってしまうので


夜に暖房は付けないように、暖かく寝れるといいです。



ほんとに寒い時は信玄の所に潜り込んでいます。


44566093_554469098309247_127558445632061440_o.jpg
ラベル:弱視
posted by マミー at 23:28| Comment(0) | 多頭飼い崩壊現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

最近思うこと。

puppy-1082141_960_720.jpg


twitterを見ていると、毎日毎日、犬や猫に対しての残酷な画像や


猫が害獣だから、自分の家に周りに毒餌を撒いたとか


段ボールに入れられて子猫が捨てられていたとか


年取った犬が捨てられて、病院にも連れて行ってもらえないで


ネグレクトされて飼い主に保健所に連れていかれたり


辛いニュースばっかり目に入ります。


そして、時々、海外からいいニュースや動物が救助された画像とかが送られてきて


ほっこりすることもありますが


そんな時間はほんとにわずか。


虐待されていたり、ネグレクトされていたりと


辛いうニュースがたくさん耳に入ります。


もうtwitterやめようかなと思う事もたびたび。


実際に動物の保護とかしていた人が心無いことを言われたり


辛い画像ばかりで、心を病んで


twitterから消えていくこともあります。


でも、思うのです。


止めたら、もうそういう情報がシャットダウンされるので耳に入って来なくなります。


平和な日常が戻ってきます。


でも、それは現状をなんら変えていない。


何も変わっていない、見てみぬふりをしているだけ。


だから、私はそういう中でも1匹でも2匹でも


自分の無力を感じても、目も前にいる子は助けたい。



自分の手の届かない状況は今すぐは無理でも


目の前に助けを求めている子がいたら助けようって


思っています。


一人一人が目の前の子猫や老犬を1匹助けてくれたら


すごい数になります。


ペットショップから買わないで保健所に保護されている子をみんなで


飼ってくれたら、殺処分される子は確実に減っていきます。


前に、Facebookに現状を訴えるために


そういう画像をあげたら「こういう残酷な画像を上げるのはどうか」という


意見を聞きました。


あなたは聞かないふり、見ないふりでもいいですよ。


でも、実際に被害にあっている犬や猫たちの犠牲はどう思うのか


聞いて見たいです。


見ないふり、知らなくていい。


でも、あなたの今着ているそのコートについている毛皮はどうやって手に入っているのか。


知らないで目をつぶっているだけでいいのですか?


海外ではフェイくファーになっていますよ。


日本だけですよ。本当の毛皮で喜んでいるの。


100均の猫のおもちゃに本物のウサギの毛皮が使われているのです。


それも命と引き換えに100円のおもちゃになって。


日本の現状はこうなんです。


いとも簡単に命を安く売って、おもちゃなんてフェイクファーでいいじゃないですか。


そういう現状を一人でも多くの人に知ってもらいたい。


老犬を病院に連れていかないで、保健所に連れていく日本人。


いなくなって欲しいのです。


最近は野良猫をストレスで虐待したり、多いです。


心が疲れている人が多いです。


弱っている犬がいたらいたわる、野良猫が嫌いなら、追い払ってください。


野良猫が来ないように出来るグッズ売っています。


毒餌で殺すことはないです。


そういうことをしている人がいたら注意してほしい。


監視してほしい。


警察も、小さな動物の虐待から人間の子供にだんだん発展してきて


事件になるのです。


だから、小さな動物だからほっておくじゃなく


監視して欲しいです。


animals-2222007__340.jpg
ラベル:twitter
posted by マミー at 17:14| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

寒い冬を無事に越してくれ

46501489_569399640149526_6180797249950318592_n.jpg


毎日、猫ズの体調に変化がないか心配しながら見ています。


ウニは、寒いのに弱く、すぐカリカリ戻したり、血の混ざった鼻水とともにくしゃみの発作。


信玄は下半身不随だから下半身を冷やさないように


去年の大晦日のように病院に駆け込まないように


そして、太らせないように。


なおかつ、栄養のあるものを食べさせながら


水分も取らせるように


いろいろ工夫をしています。


今のところ、全員大丈夫そうですが


ドライアイのウニは寒いからといってエアコンを暖かくすると


目の方が乾燥して赤くなってしまうし


さっきも食べたばかりのカリカリを戻していました。


いっき食いさせないように容器を変えたほうがいいのか


でも、痩せているウニはいつでも食べれるようにカリカリを置いておきたいし


悩みは尽きません。


そんな時はやっぱり猫をたくさん飼ったことのある先輩たちのブログを見たり


獣医さんのtwitterで勉強したり


情報をもらって助かっています。


経験者のお言葉は本当にありがたいです。


寒い冬を健康で越せますように。


45886333_564009280688562_6478017190221053952_o.jpg

44807332_554416248314532_7534641714120622080_o.jpg

ラベル:猫の健康法
posted by マミー at 01:56| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

やりきれない。




今日、twitterでこれを見たらやりきれなくて。。。


なんだろう。


そんなに簡単に命を奪うって。


日本って。。。まだ、犬猫の命なんて物と同じ扱い。


年取ったら、保健所に連れて行って処分してくださいとか


飼い主が持ち込むとかありえない。


家族をそんなに簡単に捨てられるのでしょうか。


それが現実に日本では行われているのです。


殺処分なんてしないで次の里親が見つかるまで保護できる施設を作りたい。


ドイツみたく、ペットショップなんかで命を買うんではなく


保護された動物から里親になるって言う制度が当たり前に日本になってほしい。


そのためには、お金もかかるし、手間も掛かる。



でも、同じ命ですよ。命の重さは同じです。


うちの子が同じ目に合ったらどうするだろうって考えてください。


うちの子は幸せだからいいではなく、


たまたま野良に生まれてしまった子たち、逃げてしまってさまよってしまった子たちにも


生きるチャンスを上げてほしい。


殺処分の無い日本になってほしい。


このワンちゃんのために合掌。
ラベル:殺処分
posted by マミー at 01:06| Comment(0) | 動物愛護法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする