UA-115490970-2

2021年05月18日

また中国です。

今回、発見されたからいいのですが


発見されない分は多分想像以上で、犠牲になった子は数知れないでしょう。





私がスマホでゲームをやっていると広告が入ってきます。


動くミニチュアロボットというような宣伝文句で


出てくる画像は、小さな手のひらに乗るくらいの小さな子猫や子犬です。


きっと、小さな子のみの遺伝子操作か何かであろうと思われる不愉快な宣伝で


何も考えないその時のことしか考えないバカな子がきっとプレゼントしたり


自分で買ったりするんだろうと


悲しい思いになります。


売れた子はいいけれど、そのあと予想外に大きく育ったり


また、売れ残ったりした子は大事にしても立っているのだろうかと


その子を産んだ親はどういう扱いをされているだろうと





犬や猫を食べる中国ですよ。


人の飼い犬を盗んで食べる中国が大事に動物を扱うとは思えない。


そういう時に出てきたこのニュースです。


ほんとにどこまでも命というものを大事に扱っていない例です。


氷山の一角ではありませんように。
posted by マミー at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

また、猫虐待です。


4月2日頃、手術済みの猫が助けを求めて瀕死の状態ではって現れました。鼻に釘を撃ち込まれています。
現在、三鷹警察署と共に聞き込みしております。井口4-3付近。子供達がたくさんいるエリア… at 04/10 08:29






こんなことできるサイコパスがあなたのそばで普通に生活をしているかもしれません。



釘は、細工がしてあったそうでそんなこと考えて実際にやる奴は



仕事なんてしていない暇な奴



比較的時間を自由に使える奴です。



そして、こんなことが普通にできるなんて頭がおかしいです。



大矢みたいなやつですよ。



都心の街で猫を捕まえて



傷つけて放しているのです。



絶対に捜索して犯人を見つけてほしいです。



こんなことを考えている奴が普通に私たちのそばで生活していると思うと



恐ろしい。



三鷹署の警察の方々、ぜひ犯人をあげてください。



posted by マミー at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

地球についていろいろ考える

最初は、犬猫が人間にどんなひどい扱いをされているかみんなに知ってほしくて


ブログを始めました。


でも、自分自身いろいろ勉強していくと


犬猫だけでなく、世界のあらゆる動物が人間の欲によってひどい扱いをされていることに


気が付いたのです。


twitterを見るのがつらくなり、最近ではあまり覗けなくなりました。


変な人も多いです。笑


テレビでも、おいしいものやさんの特集とか


そんなものばかり。


私は食に興味がありません。


結果的にヴィーガンに近い食生活になっていますが


それは、自分の体がそれを求めているだけで、目標としていたわけではありません。


乳牛がどんな扱いをされているか。


生まれてきた子牛が、母牛から乳をもらえずに


生まれてすぐにまとめて捨てられて死んでいく画像


生まれて母牛の乳が飲めないように口輪のようなものをされている画像(どちらも海外ですが)


日本の和牛も、お肉はおいしいです。


おいしいですが、大事に育てていますと見せられても


いずれ殺されて、食べられるのを考えると


牛の目なんて見れません。


ダウンの羽毛の取り方を見ても残酷極まりない。


だから、本当はダウンなんて着たくない。


UNIQLOさん、ダウンを安く売らないで。


その陰で苦しんでいる鳥がたくさんいると。


ウールもそうです。


羊の毛を刈る画像もひどいものです。


虐待ですね。


1頭1頭、静かに刈るならいいのですが


肉まで切っても、蹴ったり踏んだり


ひどいときは蹴り殺す画像まで。(これも海外)


だから、セーターは着ないし


いろんな場面で、そういう画像を思い出してしまうのです。


世界中、そういう事が起こっていて


猫なんて毎日数えきれないほど、犬も数えきれないほどの虐待を受けて


死んでいるのです。


知られることもなく。


それはすべて人間の勝手。人間の欲のためです。


道路を歩くと、捨てられたマスク、食べた後のごみが捨てられています。


それを見るとすべて飛んで行ってきっと川を流れ、海に入って


海の生物たちがこれによって死んでいくのだろうと


思ってしまうのです。


植物に至っては、人間の勝手に切られても


捨てられても声も出さずに死んでいく。


でも、彼らはきっと苦しまないで逝くのでしょう。


それだけが救いです。


でも、私は絶対に苦しんでいないとは思えない。


水族館のイルカショウ、好きですが


その子たちの幸せもかかわっている人間にかかっているのです。


殺されていく動物にそれを助けようとする人間があまりに少なすぎて


悲しくなりますが


そういう少ない人の小さな力できっとこれから


改善されていくことを願って


私も小さな力ですが、クラウドファンディングを助けたり


少額ですが、寄付したりしています。


犬猫を飼うにはお金がかかります。


それは医療費が莫大だからです。


怪我している動物を助けたいと思っても


病院代を考えると躊躇してしまう自分がいて。


それでも、目の前の小さな命も私で助けられるなら


助けていきたい。


人間のあらゆる欲のために地球上の動物が苦しんでいます。


少しの力でも、やっていくしかない。


そう思うこの頃です。
posted by マミー at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

今日、Twitterで

フォロワーさんの奈良の骨折した小鹿のTwitterを見ていて


「それって虐待ですか?」と聞いたのです。


ただ、怪我したのか、人による怪我なのか聞いただけです。


広島の宮島の鹿は、前足が切られている雄鹿や


食べ物もらえないという記事を読んだことがあったので。


「虐待なら、こんな記事載せませんよ。」という返事。


あぁ、奈良の鹿は安全なのかとほっとしてそれで終わろうとしたら


次々とコメントが。


「あなたは鹿の保護活動をしている人ですか?


鹿って害獣なんですよ。知っていますか?


鹿を保護する施設をつくるとか運動をしたらどうですか?


不言実行ですよ。」


なんで知りもしない人からそんなこと言われないといけないのでしょうか?


私は鹿を保護する運動なんてしたことないし


畑を荒らす害獣という事も知っていますし


青梅線とかよく鹿と衝突したというのも耳にします。


宮島に行ったこともないのでそれに関しては


事実を確認できていないし


何も言えない立場です。


フォローしたばっかりの人に矢継ぎ早に色々言われて


段段、不愉快になってきました。


何で私の実情を知らない人に「不言実行ですよ!!」なんて言われないといけないのでしょうか?


保護猫4匹で手一杯です。


クラウドファンディングに寄付するだけで手いっぱいです。


今まで、Twitterであんまり絡まれたことがないのですが


よくそういうのは聞いていました。ブロックしたと。


もうそういう時は構わないことです。


勝手に言わせておきましょう。


という事で、ミュートにさせていただきました。


あんたは人に意見できるほど偉いのか!!


あー、スッキリした。


失礼しました。




posted by マミー at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

こういうのって1番許せない!!




私の知っている近所の人も、家を新築したらペットも新しくしたくなったらしく


いままで飼っていた犬を保健所に連れて行き、新しい犬を迎えたそう。


許せないですね。


飼っていた子に思い入れはないのでしょうか。


その子に対しての愛情や想いってないのでしょうか?


命ですよ。


物ではないです。


こういう人が多いから、日本ではペットはその人の所有物で


何をしてもいいという法律がいつまでも改正されないのです。


飼い犬を虐待していても、警察がなかなか介入できないというのもそれですよ。


家畜の飼い方も法律でメスを入れてよくしていこうと動きの中


養鶏場の鶏の飼い方も良くしないといけないという法律に改正しようとしているのに


政治家がお金をもらっていましたね。500万でしたか。


その政治家は辞めましたが、鶏はそのままの狭いゲージの中で毎日毎日


卵を産むだけに存在し、オスのヒヨコは粉砕機で殺されるのです。


最近もありますね。


飼っていたおばあさんが病院だか施設に入って


猫が3匹、まだその部屋に閉じ込められていると。


でも、勝手に人の家に入ることはできないのです。


猫はそのおばあさんの所有物で


家に入るのも犯罪です。


猫の命はどうなるんでしょうか?


猫の3匹くらい、どうなってもいいという日本人の無関心が一番怖いです。


命、3個ですよ。


重すぎます。


家も猫がいますが、去勢手術に行くのに子猫の時の猫風邪で片目がつぶれていて


残った方も涙がこぼれて、それって免疫力が弱っているそうです。


だから、手術前にどうにか体調を戻さないとと獣医の眼科医の所に行って


目薬をもらってきました。


去勢手術で何かあったらとほんとにドキドキでした。


たかが猫1匹ですが、命は人間が作り出せないから重いんです。


簡単に殺処分するのも信じられません。


物ではないのです。


いまだに、もの扱いでそれが死んだら別の買えばいいやと言う考えが怖いんです。


ペットショップもなくなれ。


殺処分機もなくなれ。


こういう日本人もいなくなれ。
ラベル:保健所
posted by マミー at 13:42| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする