UA-115490970-2

2019年11月13日

悪魔のような動物虐待犯にたった一人、正面から立ち向かう被告井上貴弘氏の名誉毀損の裁判









何十もの猫を今まで私が見たこともないような残虐な方法を猫にことごとくやって


それをアップして、苦しんでいる猫を笑って見ていたやつらと


そいつらにあおられてバカみたくどんどん残虐さを増長させた悪魔が


自分の名誉棄損で


猫を愛し、猫のためにその悪魔から猫を守るために行動した男を訴えたという裁判です。


裁判所に電話等入っているそうですが


そういうやつらは匿名でしか行動できないし


表では猫愛護のように装って偽って生活しているような奴らです。


井上さんには、堂々と戦って欲しいです。


その悪魔が実際に行ったことを周りの人に周知させ


猫を外に出さないように気を付けるように行動することが


名誉棄損に当たるのか、大変興味のある裁判です。


大矢のやったこと、いまだに動画で見れるそうです。


それを一目でも見た人は大矢のことを許せるのだろうか。


いまだに一緒に暮らしている妻も大矢と一緒で猫を捕まえるのを協力していたという。


そんな家族がそばで暮らしていたら、私は心穏やかに生活できません。


また、犠牲になっている猫がいないか、大矢がどんな行動をしているのか


絶対に気になります。


それをやった井上さんが訴えられるという事は


いま生きている猫を守ろうとしている私たちが訴えられているのと変わりありません。


性犯罪を犯した犯人はアメリカではどこに住んでいるか


調べられるそうで、日本もそうならないといけないと思うのです。


動物虐待犯だって同じような罪をまた犯さないようにペットを近づけないように


気を付けるのは当然なこと。


でも、法律というものは時によって理不尽で納得いかないことも多いです。


それならこれからも戦っていかないといけないし


この裁判の結果を見届けたいです。
ラベル:大矢誠事件
posted by マミー at 11:49| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

最近、スカッとした、笑った動画

今日は猫とかと違うけれど

twitterにアップされていて、思わず笑ってしまった動画。





スカッとした動画。






どちらも笑いました。
ラベル:動画
posted by マミー at 22:31| Comment(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「動物虐待」はなぜとめられないのか 「無関心が一番怖い」





ここ数年、動物への虐待が増加しているそうです。


大阪府によると動物虐待と思われる件数は3年前に比べて倍増しているそうです。


エアガンで野良猫を狙って車から打つという事件がニュースでも出ました。


これも飼い主が見ていて、監視カメラがあったからよかったのですが。


京都では、新しいところ、飼い主が散歩中に犬を何度も蹴り上げて


ワンちゃんはそのためにおしっこを我慢していたそうで、慢性膀胱炎や


その他病気も見つかって、その後残念なことに亡くなりました。


特に最近は、野良猫が多く虐待の対象になっています。


新しいところでは、保護されている野良猫のはとちゃんが首にひものようなものを巻かれて


無理やり連れ去られて、ニュースにもなったので外に捨てられたところを保護されたという事件も。


いくらTRNされて管理されているとはいえ、野良猫ちゃんは危ないです。


特に人になれていて、ご飯をもらっている子は狙われます。


今までもどれだけの猫が犠牲になったことでしょう。


快楽のために、ストレスを発散するために


何も言わない動物をその対象とする悪魔のような人間が、人間の心が怖いです。


それを笑って動画を見ている奴らもいるのです。


動物愛護法が改定になったと言っても、なん十匹もの野良猫を捕獲し


殺しても、野良猫だと所有者がはっきりしないために被害の実態がわからず


遺体を捨てられてしまうと証拠もなく泣き寝入りで


犯人に対する罪も20万とか罰金だけで出てきて


また繰り返す可能性もあります。


大阪府で「アニマルポリス」が発足されました。


10月から「おおさかアニマルポリス」と呼ばれるホットラインを開設しました。
これは、#7122に電話をかけ、音声案内に従って虐待があった場所や内容を伝えると、
「AI」人工知能が分析して、対応する窓口につなぐというもの。
各担当者が犯罪と判断すれば大阪府警に連絡します。

「例えばペットショップで犬が狭いケージにずっと入れられてかわいそうとか、多くの猫が飼われているがちゃんと世話されているのか、すごいにおいがするとか。悩んだら#7112という事によって、電話をかけていただいたら未然に(虐待を)防止する効果が期待できるのではないかと」(大阪府動物愛護畜産課・池田孝雄課長)



これは画期的な試みです。


動物虐待ってほとんど人が見ていないところでこっそりと行われます。


これら犯人が捕まったりしたのは、


それを見ていた人が動画を撮ってくれたり、通報をしてくれたりしたことで


分かって、保護されたのです。


ペットショップで炎天下も寒い時も子犬や子猫をシートも敷いていない外に展示しているところ


それを見た人が警察、保健所に通報してくれて改善されたというケースもあります。


何も言えないただ耐えるだけしかできない犬猫を人間の良識として守るためには


皆さんの目撃、通報が助けになります。


これはちょっとおかしいんじゃないかという事があったら


ぜひ「アニマルポリス」に相談。あるいは近隣の警察署に通報、相談してください。


厳罰化や対応が進む動物虐待の対策。虐待の疑いがある猫を保護した田中さんは、「虐待の早期発見」が一番重要だと訴えます。

「動物虐待を見かけたら、すぐ警察に届けていただきたい。みんなの関心の目が行くことによって犯人の抑止力になるんじゃないかと。無関心が一番怖いと思います」(田中喜代子さん)ABCテレビ



無関心が一番怖いのです。


皆さんの目が監視カメラなのですよ。


どうか罪のない犬猫を虐待から助けてあげてください。
posted by マミー at 00:23| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

保護された子猫ちゃん





2019-11-10_180354.png


この子は、子猫の時に優しい人に一時、保護され病院に連れて行ってもらって


目を見てもらったりしていたのですが


反対の目は目失明してしまったそうです。


この腫れあがった目が唯一残された目ですが


眼圧が下がって、腫れが引けばいいのですが


もし、このまま眼圧が下がらないと摘出しないといけないかも


という事です。


こんな目をはらした子猫が助けを求めてきたら


救いの手を出せるだろうか。


よく保護してくださって、病院に連れて行ってくださいました。


この子はラッキーでしたね。


病院代もきっとかかったことでしょう。


これからも目薬で治療するそうですが


どうか治ることを祈っています。


うちにも弱視の猫がいますが、時々、ぶつかってしまったりしますが


生活には支障ありません。


治療頑張ってね!


応援しています。

ラベル:眼圧
posted by マミー at 18:14| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

これがダウンの現実です。





ユニクロでは格安でダウンコートが売っていますね。


でも、それを見るとこのように羽毛をむしり取られている風景が浮かんでくるのです。


格安で売らないで欲しい。


こんな苦痛で大変な思いをして、ダウンを生産しているのに


格安って。。。。有り得ない。


布団だって昔のように重い布団、綿の布団でいいじゃないですか?


重い布団って精神的にも落ち着いて、寝られると言います。


だって、情緒不安定な子にチェーンブランケットというものがありますよ。


いつからか、フワフワの本当は鳥(グース)のために生えている羽毛を


人間がいただくようになったのでしょうか?


毎回、こんな思いをして羽毛をむしり取られているのです。


人間のために自らの羽毛を与えるのです。


こんなことは止めて、綿でいいでしょう。


人間のために他の動物が苦しむのっていい気持ちではありません。


卵を産むためのめんどり、オスはヒヨコの時点で殺され処分され


中国では生きたままワニの餌にされています。


フォアグラもしかり。


人間の快楽のために他の動物を犠牲にしているって


そろそろ気が付いてもいい時期ですよ。


テレビを見ても、おいしいお肉、美味しいお料理がいつも出ています。


でも、それってその料理になったたくさんの犠牲があるって


気が付いてもいいんじゃないでしょうか?

posted by マミー at 22:36| Comment(0) | カシミア山羊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする