UA-115490970-2

2020年10月07日

何故、私は今、動物を助けようと思うのか

子供のころの動物たちとのいろいろな思い出が私をそうさせるのだなぁと最近思うのです。


昔から、動物が好きで、学校の帰り道などでよく子猫を拾ってきたり


犬を拾ってきたりして、親は大変だったようです。


子猫はほかに欲しいという人がいると親があげてしまったり


犬は飼ってみても、朝起きるといなくなっていたり。


今、思うに親が夜のうちに車で遠くまでいって置いてきた(捨ててきた)のではないかと思うのです。


当時、小学校の1年生くらいだった体の小さかった私は学校から帰ってくると


一斉に私を見つけて飛びついてくるその犬がちょっと怖くて


それを親に言ったのです。怖いと。


何故親にそんなことを言ってしまったのか後悔です。


動物を飼う大変さもあって、親は私が寝ているうちに捨ててきたのです。


今なら、そんなこと全然平気で、喜んで駆け寄ってくる犬をかわいいと受け止めてあげられるのに


当時は、ただただ私より大きい犬を怖いと思い


散歩に行くとほかの犬に出会ったりしてしまうと力で負けてしまったり


犬を飼うという事に対してちょっと持て余していたのかもしれません。


でも、それで可愛い犬を捨ててくるなんて


ペスと言う名前でした。


もう死んでしまっただろうと今、思い出すのです。


2度も人間に捨てられてしまったぺスは、それからどんな生活を送っただろうか。


野良犬として生きていっただろうか。


考えると心が痛いのです。


よそにもらわれていった子猫も道路を横断しているときに車に轢かれて死んでしまったと後から聞いて


何故、あげてしまったのか


私が飼っていればそんなことにはならなかったと。


動物に関しての後悔が多すぎて


おとなになった今なら、動物たちを助けてあげられると思うのです。


後悔しないように動物たちを助けてあげないとこの心に刺さったままの思い出からは逃れられない。


死んでもきっと天国にはいかれないような気がして


虹の橋のたもとで待っているぺスに顔向けできない。


虹の橋に行ったら、会いたい動物たちがたくさんいるから


その子たちに胸を張って会えるようになりたいのです。


だから、せめてもの償いで動物たちを助けたい。


そう思って生きています。
posted by マミー at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

保護した野良猫謙信ですが

120497701_1018171718605647_6934819612927292146_n.jpg


やっと今日、2回目のワクチンで


ほかの猫ともご対面できるとちょっと喜んで獣医さんの所に行ったのですが



血液検査でエイズ陽性と出てしまいました。



まだ、3か月の子猫でお母さんからの免疫の影響もあるので6か月の検査結果を見て見ないと何とも言えないのですが。



2階の先住猫は、半身不随の信玄がエイズキャリアですが



動けないし、牙もないし、ほかの猫に引っ掻いて喧嘩を売るという事もないおっとりした猫なので



ほかの猫たちとも仲良くいるのです。



でもこの子猫の謙信は、まだまだ暴れたい遊びたいお年頃で


腕にしがみついて蹴り蹴りもするし



まだ危ないです。



一緒にはできないなぁ。



1階の寒い廊下に置かれていてこれからの冬にどうしようか



1階に置いていると謙信がニャーニャーいうたびに



爺さんがうるさい。


謙信よりそっちが嫌で


どうしようかと悩んでいるところです。


120334539_1018171775272308_5732341451640868153_n.jpg



さぁ、頭を使え!!
posted by マミー at 12:48| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

最近、TWITTERを見たくない日が続いています。




この熊は死にました。何も手当もないままに。


まぁ、姿が見えるだけで打ち殺す国ですからね。


なんか、心にとげが刺さります。


日本ってこれでいいのか?



家で交通事故で保護した猫も死ぬまでほっておかれるところでした。



「まだ、生きてますか?」死んだら連絡してほしいと。





子猫を終生可愛がるのでと言って受け取って


虐待するためです。


今、TWITTERってこんな奴らが多いです。


ジモティーも危険がいっぱい。


可愛がってもらえると渡して、殺されます。


気を付けてほしいです。





轢かれたところをだれも保護することもなく車道に置いておかれ


こんなところを見て、誰も心が痛まないのか?


せめて轢かれないように移動くらいしてください。



猫を見かけるとスピードを落とすことなく突っ込んでいく奴もいますから


何も言えませんが、これであなたの明日は気持ちよく迎えられますか?






動物の遺棄、虐待は犯罪ですよ。


昔と違うんですよ。


分かっているのかこの爺。


誰かこの爺さんを知っているかたよろしくお願いいたします。


この池に捨てられた猫は情報によると自力で泳いで陸に上がったそうです。


かわいそうに。死んでしまえと捨てられたのです。


こんな爺さんきっと成仏できないよ。





何かが違うんですよ。


何かを間違っている今の日本人。


自分の心にもう一度問いかけてほしい。


いまのこの日本で大丈夫でしょうか?


今の心で大丈夫ですか?


ラベル:動物虐待
posted by マミー at 11:19| Comment(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

保護した子猫謙信ですが

この子は猫砂というものが初めで珍しいらしく



新しい砂に変えてトイレを綺麗にしてあげるとそこに喜んでね転がってそこで寝るのです。



だから、昔からあったマカロン型のベッドを入れてあげたらそこで寝ることを覚えたのですが



そこにおしっこや💩をしてしまう事もあり何回も洗って消毒してを繰り返していたら



とうとうファスナーが壊れてしまい、中のクッションの中綿?を食いちぎって出してしまうので



危ないので捨てることにしました。



で、ネットでいいベッドはないかと探していたらまぁこれでいいかというものがあって



昨日届きました。



でも、封筒を見ると中国製ですね。


ちょっとがっかり。


日本製がよかったなぁ。(笑)


119059741_999859490436870_1564843236367076762_n (1).jpg



ベッドと認識しないのか全然乗ってくれません。



試しに寝るという事もしてくれず



相変わらずにトイレで寝ています。


118803767_999859453770207_1854382649043686340_n.jpg


いつになったら認識してくれるかな。



あと1か月は隔離でこのケイジで過ごさないとダメなんだよ。
posted by マミー at 10:02| Comment(0) | 保護猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

海外でも犬猫に対する虐待が増えている


密室で行われるから私たちが気が付かないことが多いけれど


ドラッグとかやっている精神状態のよくない奴らがペットを飼っていると


いい状態で生活できるわけもなく


とんでもない虐待が行われていることがある。


何か生活の不満や鬱積をこういう小さな生き物にぶつけている。


貧しい国々でも、日本ではありえないようなことが行われていたり


また、YouTubeに動画を載せてお金を稼ごうとしている奴らも


自ら虐待されたかのような状態を作っておいて


「虐待現場です」みたいなものも多い。


車にひかれそうな子猫がいて、危ないと思ったら私なら助けるが


分かっているのにそのまま車にひかれるのを見ていて


動画に挙げるという末必の故意というやつですね。


悪意の何物でもないです。


心が痛くなる。


人間ってどこまでも悪意を持てるのだという事が悲しくなります。



https://youtu.be/xezpd7SP1fs
posted by マミー at 22:36| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする