UA-115490970-2

2019年03月24日

ねこけんブログより 動物の権利





動物を虐待した犯人が捕まっても、現在の日本の法律では動物愛護法ではとても罪が軽く、それ以上の法となると、器物破損(器物損壊)罪としてしか罪に問うことは出来ないという。動物はモノとして扱われてしまうのだ。

 一方アメリカではこんな法案が通過したという。オレゴン州の最高裁が、飼い主が扱う(または酷使する)動物を単なる所有物(器物)ではなく、それ以上の者としてみなすというものだ。この法案によって、ひどい扱いを受けた動物は法的な”被害者”とみなされ、虐待から守られるべき対象となる」

これは素晴らしい!
動物虐待は、動物達の命を軽んじているだけではなく、その命達を愛する家族として心から大切に思っている人々の心も苦しめます。
弱い立ち場の命を己の満足の為だけに玩ぶ、憂さ晴らしの捌け口にする等、心ある生き物のすることではありません。
許されざる犯罪です。

人間は、多くの命に支えられて生きている部分も大きいと思う。
だからこそ、「命」には、真摯に向き合うべきだと思えてならないのです。



動物は日本では人の所有物になっていて


命の一つとしては考えられていないのです。


だから、飼い主なら陰で何をしようとお構いなし。


先日も散歩中に飼い犬を蹴っていましたがあのおばさんすら罪にはならないのです。


だって、あの人の所有物ですから。


それっておかしいですよね。


警察まで来て、大騒ぎだったのに


またあのワンちゃんはあの飼い主に戻されるのです。


ワンちゃんの気持ちになって考えてみてください。


こどもの虐待事件と一緒で


今度何かあったらあのワンちゃんは生きていられるか分かりませんよ。


そういう法律を変えていかないといけません。


日本もアメリカと同じように足並み揃えないと。


阿部さんはそんなこと興味ないのでしょうね。


動物の命なんて自分の政治生命にかけるつもりはないのでしょう。


ほんとに日本は大丈夫か。今のままで。


阿部さんは自分の保身に精一杯で。。。


山口県の周南市の市長も猫ばっかり可愛がってないで


野良犬の保護に働きかけてください。


犬も猫も同じ命の重さですよ。


住民に犬を捨てないように働きかけてくださいよ。



一部の市民は車で犬を追いかけまわして、ひき殺したりしているそうですが


警察は見てみぬふりと言われています。


小さな命をそんな風に扱えるから、人間のことも守れないのです。


小さな命を守れないものに人間の命なんて守れませんよ。


同じ命ですよ。


日本は発展途上国ではないのですよ。


動物の扱いを見ているとその国が分かると言いますが、


今の日本は動物たちにとっていい国とは言えません。


アメリカのように動物の命を粗末にするものに罪を与えてください。



ラベル:動物虐待
posted by マミー at 16:28| Comment(0) | 動物愛護法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

三重県鈴鹿市の猫連れ去り事件








こんなにニュースに取り上げられているのに、いまだ捕まらないのは


何なんでしょう。


顔も割れているのに、都会じゃないんだし



小さな田舎町で特にご近所さんとの付き合いのある田舎ですよ。


それで捕まらないって


警察に親戚がいるとか疑いたくなりますよね。



はとちゃんも心配ですし、


他の猫虐待事件も勃発しているようですし。


その猫はまさか7「はと」ちゃんじゃないでしょうね。


真剣に捜査お願いいたします。



アメリカじゃ、虐待事件にFBIが捜査してるってのに


日本も頑張れや。


警察に頼れないからってボランティア活動で見回りをしている人まで出ているのに


それでその人たちに危害をを加えられたり、


何か事件でもあったら、それこそ鈴鹿市の警察はどうするんでしょう。



それからじゃ遅いんですよ。



posted by マミー at 13:11| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

散歩中に飼い主に蹴っ飛ばされていたれいちゃん





飼い主が所有権を主張したら、返さないわけにはいかない今の日本の法律。


なぜあの飼い主は所有権を主張するのでしょうか?


ほんとに犬のことを考えているなら、そのまま紫友会にいたほうが幸せって


分かるだろうに。


犬のことは思ってないんだって言う事が分かりますね。



自分のプライドだけで



れいちゃんの気持ちを考えていない。



まぁ、考えているならまず蹴っ飛ばしたりしないでしょうけど。


紫友会さんも苦渋の選択でしょう。


返したくないでしょう。


れいちゃんだって。。。きっと


人間の子供の虐待と同じように家族に返した途端に亡くなるとか


嫌ですよ。


そういう事の無いように監視してほしいです。


なにもしない私が口は出せないです。


見守るしかなくてつらいですね。


ほんとに無力ってつらいです。
posted by マミー at 00:44| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

日本中の野良猫がいなくなる?




耳をカットしてある猫をさくらねこと言います。


きちんと去勢手術されて、管理されている野良猫です。


しかし、いまその管理されている猫を保健所に持ち込む人がいて


その猫が殺処分されようとしています。


きちんと管理されて、去勢手術されている猫はそのまま野良の生活をさせるために


そうしているのに


最近は外にいるというだけで捕まり、保健所に持ち込まれ処分される。


その子は自分の人生を終えたら、子供も産まないし何も害はありませんよ。


その子の猫生をおくらせてあげてください。温かい目で。


それなのに虐待されたり、畑を荒らすとかフンをするからとかで


捕まって処分される。



自分で飼っている猫には去勢手術せずに生まれてきた子を外に捨て


その子たちが野良になるのです。


そして、去勢手術していないから、子供を産んでまたかわいそうな野良の子が増えていくのです。


管理されて耳をカットされた猫はそのまま生かしてあげてください。


畑にフンをするって


昔は人間の糞尿を肥料にして作物を作っていたのです。



土に埋めればいいことじゃないですか。


猫の保護活動しているかたが、近隣の方々に迷惑にならないように猫のトイレを作って


いろいろ工夫をしているのに


そのトイレを荒らして、猫の小屋を壊して


せっかく管理しているのにそれを邪魔しているのも一般の人なのです。


だから、野良猫が外で住めないようになってきて


外にいるだけで虐待されて、捕獲されてドンドンいなくなっています。


野良猫が住めない日本って、人間にとっても住みにくい国ですよ。


外にいたら虐待魔がうようよしているなんて恐ろしいです。


変わらなければいけません。


野良猫を異常に執着して追いかけまわす人を見たら


注意してください。


もし、怖かったら警察に相談してください。


♯9110で相談できます。


皆さんで守ってください。


昨日の記事のような(三重県鈴鹿市)ことがないように


あう言う怖い男が増えないように通報してください。


お願いします。


また、お散歩している犬を蹴っていたり


虐待を見たりしたら、連絡お願いいたします。


人間も動物も同じ命の重さです。


ラベル:さくら猫
posted by マミー at 12:15| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

昨日に続き 三重県鈴鹿市 地域猫として可愛がられている子猫の「はと」ちゃんが連れ去られました





見るからに乱暴に猫を扱っているこの男に連れ去られて、もう「はと」ちゃんの無事を祈ることしかできないです。


どうにかして助けてあげたいですが、男の居場所もわからず、なすすべなく、ほんとに無力です。










警察もこんな状態で、猫だったら訴えた人にもいい加減な返事をしていればいいやと思われているのでしょうか。


小さな仕事をコツコツできないやつに大きな事件は解決できませんよ。


これが今度人間の子供にまで発展したらどうなるのでしょうか?


これだから、日本の警察はって言われるんですよ。


お願いします。


パトロールしてください。


動物の虐待にも対処してください。犯罪ですよ。



公園やいろんなところで虐待されている猫たちをパトロールで守れって言っているんじゃないんですよ。



パトロールのついででいいですから、何か変なことがないか見回ってくれるだけでいいのです。


きちんとやってくれるお巡りさんもいるのに、


関西の方の警察って動物に関しては全然動いてくれません。


「はと」ちゃんが気になります。


だれかこの男の情報を知りませんか?

ラベル:三重県鈴鹿市
posted by マミー at 22:16| Comment(0) | 動物虐待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする